remobii

きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

アクアクロスオーバーの特徴とは?SUVや「グラム」との違いも解説

アクア クロスオーバー

アクアは新車発売後、4年3ヶ月で累計販売台数100万台を突破した人気のハイブリッドカー。

そのアクアが2017年7月のビッグマイナーチェンジで登場したのがアクアクロスオーバーです。

「クロスオーバー」と聞いて、

「アクアのクロスオーバーってどんな車?」
「具体的にどんな魅力があるの?」
「ほかのコンパクトSUVとなにが違うの?」

といった疑問を持ち、購入を迷っている人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、以下のようなことを取り上げます。

この記事でわかること

あなた自身にとって、アクアクロスオーバーが向いているのかがわかるように記事をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

また、後半にアクアクロスオーバーをさらにラグジュアリーにしたグレード「グラム」との比較もしています。
「クロスオーバーと「グラム」の比較」

自分に合っているとわかれば迷いなく購入に移れます。

アクア クロスオーバーの特徴

画像引用:トヨタ「アクア|Crossover|価格&グレード」

アクアクロスオーバーはアクアをベースにSUVの要素が加えられた車です。

SUVの特徴とも言える地上高はアクアより30mm高くなっています。

視認性が良くなるとともに、背の高い人には乗り降りしやすくなりました。

16インチのアルミホイールを履いていることで、よりスポーティーな外観になっています。

さらに、通常のアクアに比べて内外装の高級感が増しています。

フロントグリルはクロスオーバー専用のものを採用し、シートにはブラックの合皮を使っています。

上質で細部へのこだわりを感じるデザインです。

車体も通常のアクアよりも、少しですが大きくなっていて存在感が増しています。

  • 通常のアクア
    ⇒全長 4,050×全幅 1,695×全高 1,455(mm)
  • アクアクロスオーバー
    全長 4,060×全幅 1,715×全高 1,500(mm)

このような特徴をふまえ、アクアクロスオーバーが向いているのは以下のような人です。

アクア クロスオーバーがおすすめな人

  • 個性的なアクアを探している人
  • 街乗りのSUV車を探している人
  • 燃費の良いSUV車を探している人

ここからは、通常のアクアやほかのコンパクトSUVと比較していきます。

アクアクロスオーバーを購入すべきかがはっきりわかるようにまとめているので、ぜひ参考にしてください。

それでは、解説していきます。

通常のアクアとの違い

トヨタ アクア

アクアクロスオーバーと通常のアクアを比較し、アクアクロスオーバーのメリット・デメリットを見ていきます。

次の3点を比較していきますが、気になるところから読んでもOKです。

順に見ていきましょう。

(1)新車での価格差=約17万円

アクアクロスオーバーとアクアの中級モデル「S」の新車本体価格を比較すると価格差はおよそ17万円です。

アクアクロスオーバーの新車価格 (税込)2,052,000円
アクアSの新車価格 (税込)1,886,760円
価格差 165,240円

価格差が大きく感じますが、アクアクロスオーバーには「S」グレードにはないメリットがあり20万円の差で済むならお得といえます。

まず、アクアSにはない安全装備「トヨタセーフティーセンスC」が標準搭載されています。

緊急自動ブレーキや車線逸脱防止アラームなど、より安全な運転をサポートしてくれます。

また、内外装は高級感が増し、SUVの要素を取り入れることで運転しやすくなっています。

(2)内外装の高級感とデザイン性

アクアクロスオーバーのブラックを基調とした内装は、アクアよりも高級感のある仕上がりとなっています。

外観はサイズが一回り大きく地上高が高くなっています。
※標準アクアよりも最低地上高がプラス30mm高い

クロスオーバー専用デザインのフロントグリルとバンパーを採用したことで、よりSUVの雰囲気を感じるデザインになりました。

アクアとアクアクロスオーバーは選べるカラーが異なります。

通常のアクアは、2017年のマイナーチェンジで全17色になり、アクアクロスオーバーには専用カラーとしてベージュが加わりました。

人とは違うカラーを選びたい人にもアクアクロスオーバーはおすすめです。

選択できないカラーもある点に注意

ただし、クロスオーバーでは通常のアクアにある4種類のフレックストーンは選べません。

フレックストーンにイエローを選んだ場合のイメージ画像

画像引用:トヨタ「アクア|フレックストーン×イエロー」

フレックストーンとは、ボディのカラーとパーツのカラーを変えることで個性を出す方法です。

そのためアクアクロスオーバーのカラーは全14色です。

フレックストーンを選択したい人は、通常のアクアを選びましょう。

SUV風の遊び心を加えた外観

アクアクロスオーバーは本格的なSUV車というより、「SUV風」といったほうが適切です。

通常のアクアよりも地上高が高く、一回り大きいことをわかりやすくするために表にしてみました。

アクアL/S/G アクアクロスオーバー
全長 4,050mm 4,060mm
(+10mm)
全幅 1,695mm 1,715mm
(+20mm)
全高 1,455mm 1,500mm
(+45mm)
地上高 140mm 170mm
(+30mm)
タイヤ 15インチ 16インチ

一回り大きくなったアクアクロスオーバーはSUV風のスポーティーな印象のデザインに変わっています。

ただし、大きくなったことで小回りは悪くなりました。

小回りの良し悪しは最小回転半径の大きさを比べればわかります。

通常のアクアは最小回転半径が4.8mですが、アクアクロスオーバーは5.4mです。

口コミには、「扱いづらい」という声もありました。

道幅の狭い道を運転することが多く、小回りが利いて扱いやすい車種がいいなら通常のアクアがおすすめです。

内装は上級グレードと同等

アクアのクロスオーバーはセンターメーターがTFTマルチインフォメーションディスプレイになっています。

通常のアクアに搭載のディスプレイよりも発色がきれいで見やすいのが特徴です。

そのほか、シートは合皮とファブリックを組み合わせたもので、ブラックでシックな印象です。

シルバーのステッチがアクセントになっており、アクアGと同等の高級感があります。

また、ステアリングの形状が凝ったデザインになっていたり、ところどころにメッキパーツが採用されていたりと細部までこだわりが見られます。

内装だけを見れば、SUV車というよりも高級車のようなデザインといえます。

(3)低燃費かつ運転しやすい

アクアクロスオーバーは燃費と運転しやすさのどちらも、通常のアクアより優れています。

アクアクロスオーバーは、通常のアクアよりも総重量で10kgほど重くなっていますが、燃費の良さはほとんど変わりません。

以下にアクアクロスオーバーと通常のアクアの燃費を比較してみました。

カタログ値(JC08燃費) 実燃費
2017年モデルL/S/G 34.4〜38.0km/L 23.24km/L
2017年モデルクロスオーバー 34.4km/L 24.82km/L

e燃費調べ

アクアクロスオーバーは、アクアの魅力である低燃費はそのまま維持していることがよくわかります。

同等のコンパクトカーよりも優れた燃費性能に加え、トヨタセーフティーセンスなどの安全装備も搭載しているので安全性能も高いです。

さらに、車高が高くなったことで視認性も向上しています。

通常のアクアは車高が低めで、右折時などはどうしても「見づらい」という声がありました。

しかし、車高が高くなったことにより「運転がしやすくなった」という口コミも見受けられます。

こうした点をふまえ考えてみると、アクアクロスオーバーのほうが安全で運転しやすい車であるといえるでしょう。

ここまでアクアクロスオーバーと通常のアクアを比較してみました。

次にアクアとほかのコンパクトSUVとを比較してみましょう。

アクア クロスオーバーとコンパクトSUVの違い

ここからはアクアクロスオーバーとほかのコンパクトSUVとを比較していきます。

比較するのは、代表的なコンパクトSUV車であるホンダのヴェゼルと日産のジュークです。

以下のような点を比較します。

アクア クロスオーバー コンパクトSUV
(ヴェゼル・ジューク)
走行性能 バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号) 二重マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
安全性能 マル(対応中・使用可能をあらわす記号)※ヴェゼルにはやや劣る マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
燃費 二重マル(対応中・使用可能をあらわす記号) 三角。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)

順に見ていきましょう。

走行性能はSUVを求める人には物足りない

アクアクロスオーバーの走行性能は、SUVを求める人にとっては物足りないものになっているといえます。

走行性能と比較した結果から、アクアクロスオーバーの最高出力(加速に必要な力)と最大トルク(発進時に必要な力)はヴェゼルやジュークに大きく劣っているといえます。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

エンジン 最高出力
[kW(PS)/r.p.m.]
最大トルク
[N・m(kgf・m)/r.p.m.]
モーター最高出力
[kW(PS)]
モーター最大トルク
[N・m(kgf・m)]
アクア
クロスオーバー
1.5L直4気筒 54(74)/4,800 111(11.3)/3,600〜
4,400
45(61) 169(17.2)
ヴェゼル 1.5L直4気筒 97(132)/6,600 156(15.9)/4,600 22(29.5) 160(16.3)
ジューク 1.5L直4気筒 84(114)/6,000 150(15.3) なし なし

SUV車が得意とする、悪路などパワーの必要な道路の走行時にはコンパクトSUV車ほどの性能はありません。

モーター性能に関してはヴェゼルよりも若干優れていますが、エンジンのパワー不足を補えるほどでもありません。

やはり本格的なSUVを求める人には物足りないと感じてしまうでしょう。

ただ、街なかでの走行には十分な性能です。

SUV風のデザインに魅力を感じ、普段は街乗りで使用する人にはおすすめできます。

安全性能はヴェゼルには少し劣る

安全性能ではヴェゼルが一歩リードしています。

主要な安全装備の有無について3車種を比較しました。

結論として、アクアクロスオーバーの安全性能は高いものの、ヴェゼルには少しだけ遅れをとっているといえるでしょう。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

アクア
クロスオーバー
ヴェゼル ジューク
緊急自動ブレーキ マル(対応中・使用可能をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号) グレード別設定
車線逸脱警報 マル(対応中・使用可能をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号) グレード別設定
オートマチックハイビーム マル(対応中・使用可能をあらわす記号) バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号) グレード別設定
ペダル踏み間違い時加速抑制装置 メーカーオプション マル(対応中・使用可能をあらわす記号) バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
歩行者事故低減ステアリング機能 バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号) バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)

アクアクロスオーバーにはトヨタの衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティーセンス」が標準装備されているなど先進安全技術が多く採用されています。

ただし、踏み間違いによる加速抑制装置はメーカーオプションとなっています。

ヴェゼルにはホンダの予防安全性能「ホンダ センシング」が装備されています。

オートマチックハイビームはありません。

しかし自動ブレーキだけでなくステアリングでも歩行者との衝突回避をサポートしている点は優れています。

ジュークは日産の先進安全技術「ニッサン インテリジェント モビリティ」を採用していますが、上記でご紹介した3つの機能がグレード別設定です。

さらに踏み間違い時の加速抑制装置はありません。

燃費は圧倒的に良い

燃費性能はアクアクロスオーバーの圧勝です。

燃費を比較した結果は以下のようになります。

アクア
クロスオーバー
ヴェゼル ジューク
カタログ値
(JC08燃費)
34.4km/L 23.4〜27.0km/L 18.0km/L
実燃費 24.82km/L 17.81km/L 13.52km/L

e燃費調べ

カタログ値、実燃費ともに圧倒的にアクアクロスオーバーが優れていることがわかります。

燃費の良いSUV車を探しているなら、迷わずアクアクロスオーバーを選ぶことをおすすめします。

ここまでアクアクロスオーバーと、そのほかのコンパクトSUV車としてヴェゼル、ジュークと比較しました。

次にラグジュアリーなアクアのクロスオーバー「グラム」と比較しましょう。

さらにラグジュアリーなクロスオーバー「グラム」

アクア「クロスオーバー グラム」イメージ画像

画像引用:アクア「クロスオーバー グラム」

今度はアクアクロスオーバーと、ラグジュアリーなアクアクロスオーバー「グラム」を比較していきましょう。

以下の4つのポイントを比較していきます。

クロスオーバーと「グラム」を比較

順に見てみましょう。

価格差は約7万円

アクアクロスオーバーとグラムの価格差は約7万円です。

アクアクロスオーバー
(新車本体価格)
(税込)2,052,000円
アクアクロスオーバーグラム
(新車本体価格)
(税込)2,123,280円
価格差 71,280円

この71,280円の差額は以下で紹介するスマートエントリーと安全装備を、アクアクロスオーバーにオプションで付けた場合と同額です。

ただ、内装がさらに高級になり特別限定色が選べるなど優れている点が多いため、この価格差で済む「グラム」はお得だといえます。

スマートエントリーを装備。ただし、カラーは全5色

アクアクロスオーバーとアクアクロスオーバーグラムの外観には大きな違いはありません。

ただし、アクアクロスオーバーグラムはスマートエントリーが標準装備で、車のカギを取り出さずに開けることができます。

メーカーオプション(43,200円)を選択すればクロスオーバーにもスマートエントリーはつけられます。

アクアクロスオーバーのカラーは先にお伝えしたように全14色です。

一方で、アクアクロスオーバーグラムのカラーは全5色。

特別限定色としてオリーブマイカメタリックがありますが、選択肢が狭まってしまう点は人によりデメリットになるでしょう。

内装はさらに高級感が増している

アクアクロスオーバーグラムの内装はさらに高級感の増した、落ち着いた雰囲気となっています。

アクアクロスオーバーも合皮を使用し、ブラックでまとまっているので上質な感じがあります。

しかしアクアクロスオーバーグラムは合皮部分が増え、ダークブラウンとブラックの調和のとれた色合いが落ち着きを増している印象です。

スペック:ペダル踏み間違い時加速抑制装置を標準装備

アクアクロスオーバーとアクアクロスオーバーグラムの走行性能に違いはありませんが、安全性能に違いがあります。

アクアクロスオーバーグラムにはペダル踏み間違い時加速抑制装置が付いています。

メーカーオプション(28,080円)を付けることでクロスオーバーにも追加できますが、余分に費用がかかってしまう点はデメリットです。

ここまでアクアクロスオーバーとアクアクロスオーバーグラムを比較しました。

ワンランク上の上質な内装にこだわる人に、アクアクロスオーバーグラムはおすすめです。

標準装備の踏み間違い加速抑制装置は、年配の人に多いペダルの踏み間違い事故を防いでくれます。

内装や限定カラーのオリーブは落ち着いた雰囲気で、年配の人が乗っていても違和感がなくおすすめです。

ここまでアクアクロスオーバーの性能や装備についてくわしく解説してきました。

自分にとってアクアクロスオーバーが合っていると判断できた人に向けて、次は「アクアクロスオーバーを少しでも安く購入する方法」を解説していきます。

クロスオーバーを安く買うなら中古車がおすすめ

アクアクロスオーバーを安く買うなら中古車をおすすめします。

2019年2月現在の中古車市場での状況は以下になります。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 181.8万円 125万〜229万円 102台
グーネット 186.2万円 125万〜228万円 111台
ナビクルcar 186.2万円 125万〜228万円 111台

※2019年2月の全国中古車情報を調査
※アクアクロスオーバーの修復歴なしで検索

2017年7月に新車販売を開始した比較的新しい車種ですが、人気車種のためある程度の台数が出回っています。

中古車平均価格は新車本体価格よりも約20万円安くなっています。

中古車相場を見ると125万円が最安値で、新車本体価格よりも約80万円も安い価格です。

装備は標準装備のままのものが低価格で、バックモニターなどが付いていると高くなります。

標準装備で十分という人は迷わずオプションなどがないものを狙いましょう。

価格の高いものは未使用車が多く、低いものは1万〜2万kmの走行距離になっています。

販売開始から1年半ほどで1万〜2万kmなら通常の使用範囲です。

比較的走行距離の多い車種を狙うのもおすすめです。

安い中古車を買うときのポイントを知りたい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

[関連記事]安い中古車には理由がある!掘り出し物を見極めるポイント5つを解説のサムネイル
安い中古車には理由がある!掘り出し物を見極めるポイント5つを解説
中古車を選ぶ一番の理由はもちろん「安い」ということですよね。しかし、安すぎるものを選ぶと状態の悪いものを買ってしまう恐れもあります。本記事では前半に、安い中古車でチェックすべき上記のポイントについて解説し、車体の本体価格以外にかかる経費も紹介します。記事後半では、格安中古車選びのコツとボディタイプ別におすすめの車種について解説していきます。

ここまでアクアクロスオーバーをお得に購入する方法を紹介しました。

最後にこの記事をまとめたいと思います。

まとめ

この記事では、アクアクロスオーバーについて以下のような点をお伝えしました。

  • アクアクロスオーバーの特徴
  • アクアクロスオーバーと通常のアクアとの違い
  • ほかのコンパクトSUVと比較するとどう違うのか

アクアクロスオーバーはトヨタの人気ハイブリッド車・アクアのSUV車です。

通常のアクアと比較すると価格は高くなりますが、内装は通常のアクアの最上位モデルと同等です。

さらにアクアクロスオーバーは車高が高く視認性が良いため運転しやすくなっています。

ただしアクアクロスオーバーは通常のアクアよりも小回りは利きません。

ほかのSUV車と比較しましたが、走行性能では物足りないものの、安全性能は十分で燃費は圧倒的に優れています。

アクアクロスオーバーは、SUV車の外観を持っていますが、街乗りの車に適している車種です。

最後まで読んで、「やっぱり通常のアクアが気になる」という人はこちらの記事も参考にしてみてください。

[関連記事]トヨタ・アクアの選び方!新車の人気色&グレードや中古車の注意点のサムネイル
トヨタ・アクアの選び方!新車の人気色&グレードや中古車の注意点
コンパクトハイブリッドカーとして、国内外で高い評価のトヨタ・アクア。この記事ではアクアの特徴やグレードごとの違いを解説し、あなたに合ったアクアを見つけるための情報をまとめています。また中古車を探したい人のためにおすすめの探し方もお伝えします。

安心・安全な中古車を検索