きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

ホンダSUVはCR-Vとヴェゼルの2本柱!ライバル車との比較や特徴を解説

ホンダ suv

ホンダから現在新車として販売されているSUVは「CR-V」と「ヴェゼル」の2車種のみです。

ホンダのSUV車「CR-V」と「ヴェゼル」

CR-Vはアウトドア志向で作られたパワフルなSUVです。

一方のヴェゼルはスタイリッシュな街乗りメインのSUVで、そのデザイン性の高さから幅広い人気を獲得しています。

どちらも魅力的なSUVですが、それだけに「どちらを選ぶべきか分からない」という人も多いでしょう。

そこでこの記事ではCR-Vとヴェゼルの特徴を徹底的に解説。

この記事でわかること

「どちらがどんなドライバーに向いているのか」を分かりやすく解説していきます。

また、使い方によってはじつはSUVでなくてもマッチする場合もあるため、SUV以外の実用性十分かつ走行性能の高いホンダ車も紹介します。

柔軟に検討したい人はぜひこちらも参考にしてみてください。

ホンダSUV「CR-V」と「ヴェゼル」を徹底解説

ホンダsuvを徹底解説

「CR-V」と「ヴェゼル」それぞれ、まったく別のシーンでの使用を想定している車です。

そのため、これら2つのSUVを比較するよりも他メーカーのライバル車と比較するのがわかりやすいでしょう。

2車種ほどライバル車を比較していきますので、参考にしてください。

アウトドア適正抜群の「CR-V」

ホンダ CR-V

力強い外観を裏切らない、高トルクでパワーのある走りが魅力のSUVです。

日常使いにも工夫が見られ、先代よりも静粛性がアップ。

街乗りでもアウトドアでも十分以上に使える、魅力的な車になりました。

とくに4WDグレードは降雪地帯でも文句なしの安定した走行性能を発揮し、もちろん山道にも強い足回りです。

また、ハイブリッドエンジン搭載モデルはパワーもありながらもエンジン音が大きく抑えられているため、住宅街での使用も安心です。

ハイブリッドというとガソリン車に比べパワーに不安があるイメージですが、CR-Vに限ればその心配はありません。

ただ、渡河や過度のでこぼこ道は高額な修理費用が必要になるリスクがあるのでできるだけ避けましょう。

整備されたキャンプ場や人気の行楽地への移動なら、静粛性でも勝るハイブリッドのほうがおすすめです。

欠点としては、ガソリン車にのみ用意されている3列目シートが狭く、長身の大人には窮屈であることでしょう。

ホンダ「CR-V」の3列目シートイメージ(公式サイトより引用)画像引用:ホンダ「CR-V|インテリア」

近場での移動なら問題ないでしょうがメインで使うには長時間の乗車を苦痛に感じかねないためおすすめできません。

そのため、大人数(6人以上)を乗せることが多い人は別の車を検討すべきです。

「普段の買い物や通勤にも使えて、たまのレジャーでもしっかり活躍してくれるSUV」としてなら、非常に優秀な選択肢といえます。

ライバルはRAV4(トヨタ)とエクストレイル(日産)

ライバルとなるのはRAV4(トヨタ)とエクストレイル(日産)。

どちらもサイズ面ではほぼ同クラスで、使い勝手も似通っています。

「RAV4」は一度日本国内での販売が終了し、2019年に復活したことで話題を集めました。

トヨタ RAV4

ハイブリッドモデルも追加され、各種安全装備が充実している点も魅力です。

とはいえ、発売時期でいえば最新型CR-Vも2018年発売なので、性能面では大差ありません。

一方でどちらも全幅が1,855mmと大柄で、入り組んだ市街地ではやや使いにくいのが本音。

筆者のお隣さんも最近RAV4を購入しましたが、やはり駐車場から狭い路地に出るとき、何度も切り返しをしているのをよく見かけます。

性能面では本当に似ているので、価格と見た目を比較して選べば良いでしょう。

CR-VとRAV4の新車価格

  • CR-V:3,290,100円~4,418,800円
  • RAV4:3,195,500円~3,261,500円

ハイエンドモデルだけで比較するとRAV4のほうが安いですが、通常のグレードでは同格です。

一方でCR-Vは最新型の中古車在庫が徐々に増えています。

中古車での購入も視野に入れるなら、試乗を含め「より気に入ったほう」を購入することをおすすめします。

対して、エクストレイルはアウトドア向けに作られたSUVですが、モデルチェンジを重ねるごとに街乗りでも十分な適性を持つ車に進化しました。

日産 エクストレイル

サイズはCR-Vよりわずかに小さく、ハイブリッドグレードも用意されているので、市街地での使い勝手はエクストレイルのほうが無難でしょう。

また、エクストレイルのメリットとして大きいのは、防水シートを標準装備したモデルが多い点。

CR-Vの場合は防水シートや防水カーゴはオプション品で購入する必要があります。

そのためマリンスポーツやキャンプなどで室内が汚れる可能性を想定する人は、エクストレイルがおすすめです。

CR-Vとライバル車の「判断基準」

  • ゆったり余裕のある街乗りを楽しむならCR-VとRAV4は同格
  • CR-VとRAV4は性能も価格も同クラスなので見た目や予算で選ぶ
  • 本格アウトドア派にはエクストレイルがおすすめ

スタイリッシュなデザインが魅力の「ヴェゼル」

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルはCR-Vよりさらに小柄で運転がしやすいのが特徴で、そのクールで流麗なフォルムから老若男女問わず人気を博しているSUVです。

走行性能や積載能力も高いので、週末のレジャーでも活躍してくれるのは間違いないでしょう。

さすがにオフロード適性は低いものの、高速道路での遠出ならまったくストレスのない力強い走りを見せてくれます。

SUVはエンジン音が大きいため夜中に使う場合に住宅街で音が響かないか心配する人もいます。

より静かで滑らかなスタート・ストップが可能なハイブリッドグレードは「エンジン音による騒音」を懸念する人にこそおすすめです。

さらに安全面にも配慮したい人は「Honda SENSING」を搭載したグレードを選ぶと良いでしょう。

ホンダの先進安全技術「Honda SENSING」

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング など

これらはドライバーの「うっかり」をカバーしてくれるため、あまり運転に慣れていない家族と車をシェアするときにも安心です。

また、高速道路などで車間距離を保ってくれるACCや車線維持を支援してくれるシステムは、長距離を運転するときの疲労も軽減してくれます。

これは運転に慣れているドライバーにも嬉しい機能です。

ライバル車はC-HR(トヨタ)とCX-3(マツダ)

ヴェゼルのライバル車としては、やはりCH-Rは外せません。

トヨタ C-HR

発売当初から価格帯や性能で競合し、この2車種は販売台数でつねにしのぎを削ってきました。

売り上げ台数では、RAV4の登場でCH-Rの売り上げが下がっていますが、性能が下がったわけではないので気にしなくても良いでしょう。

率直にいうと、どちらを選んでも「性能・価格・使い勝手すべてでほぼ同じ」です。

2車種を比べているサイトは多数ありますが、最終的には「見た目」で選んでもまったく問題ありません。

フェイスマスクはかなり印象が異なる2台なので、自分のセンスや家族との相談で決めてしまえばいいでしょう。

また、同様の性能を持つ車としてマツダのCX-3も合わせて検討する必要があります。

マツダ CX-3

こちらもやはり価格帯やサイズは同程度。

ただし、走行性能には個性の違いがかなりあります。

CX-3はクリーンディーゼルターボエンジンを搭載しており、ハイブリッドもしくはガソリンエンジンを搭載したヴェゼルとはまったく違う個性を持ちます。

単純な数字では、もちろんヴェゼルのハイブリッドのほうが優秀な燃費です。

しかしディーゼルエンジンで使う軽油はガソリンよりかなり安価なので、走行距離によっては総合的な燃費が逆転することもあります。

さらに坂道を駆け上がるときに重要なトルクではCX-3が有利。

あなたが起伏の多い地域に住んでいる場合や街乗りよりアウトドアをメインに使う場合はCX-3のほうがおすすめです。

ヴェゼルとライバル車の「判断基準」

  • 街乗りメインならヴェゼルとC-HRがおすすめ
  • ヴェゼルとC-HRの性能はほぼ互角。見た目で選んでOK
  • アウトドアや坂道メインの使用ならCX-3が便利

「ヴェゼル」と「CR-V」の性能比較

スペックで比較

それぞれ用途がかなり異なりますが、街乗りを主眼に置いたSUVであることは共通しています。

もう少し選ぶ基準を明確にするため、それぞれの主要なスペックを表にして比較してみましょう。

なお、サイズに関しては比較しやすくするため一番小さいグレードを選んでいます。

とはいえグレードによるサイズの違いは1センチ程度なので、誤差だと考えてください。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

車種 CR-V ヴェゼル
新車価格 3,290,100円~4,441,800円 2,113,426円~3,617,900円
燃費 15.0km/L~25.8km/L 19.6km/L~25.6km/L
サイズ(全長×全高×全幅) 4,605×1,855×1,680(mm) 4,330×1,770×1,605(mm)
Honda SENSING搭載の有無 マル(対応中・使用可能をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号)

価格やサイズでは大きな差があるCR-Vとヴェゼルですが、燃費ではそこまで大きな差がありません。

安全装備もグレード名に「Honda SENSING」が付いているものを選べば高水準の装備が搭載されています。

CR-Vとヴェゼルの「判断基準」

  • 自分の住んでいる地域の道が細いか、入り組んでいるか
  • どのくらいの荷物を載せるか、どのくらいの身長の人が一番よく乗るか

また、家族と車をシェアするかどうか、その家族が運転に慣れているかも考えておいたほうがいいでしょう。

基本的には小さい車ほど運転がしやすいと考えて間違いありません。

実用的な車を選ぶならステーションワゴンもおすすめ

ステーションワゴンもおすすめ

少し余談になりますが、「ホンダ車から選びたい」と考えている人はSUV以外にも目を向けてみるのも手です。

というのも、SUVは車高が高く床も高い車です。

これは小柄な人、とくに子どもにとっては乗り降りしにくいというデメリットとなるためです。

とくにCR-Vは試乗してみると分かりますが、後部座席のシートから地面までの高さは、小学校低学年の子どもの背丈くらいあります。

誤って子どもが転落したとき、かなり危険な高さといわざるを得ません。

それでも「実用的で、走りも楽しめる車がほしい人」にはステーションワゴンがおすすめです。

ステーションワゴンは車高が低く安定性もあり、走行性能も良好です。

不人気車種といわれてはいますが、小さな子どもがいる家庭には床の低い車は何かと重宝します。

ホンダはステーションワゴンを比較的多く販売しているメーカーで、デザイン面でも優れたラインナップが揃っています。

その一例を紹介していきます。

安定感のある手堅い走りの「ジェイド」

ホンダ ジェイド

一見してミニバンにも見えるフォルムですが、近づいてみると思ったより小さいという印象を受けるはずです。

重心が低いながらも室内の広さは確保しており、より安定した走りを求めるドライバーに好まれます。

ステーションワゴンは一般的に車体剛性が高いので、車内の静粛性はしっかり保たれています。

また重心が低いことによって、高速道路のカーブでも車内が安定しているので、車酔いの心配が少ないところも長所。

3列シートモデルも用意されていますが、正直いって3列目は大人が座るには少々狭いのが本音。

ただ子どもであれば問題のないスペースなので「ミニバンは大きすぎる」という家庭には持ってこいでしょう。

エンジンはガソリンモデルのみですが、燃費は17.6km/L~18.0km/Lと良好な水準を確保しています。

総じて手堅い性能を持ったステーションワゴンです。

経済的で安全性能も高い「シャトル」

ホンダ シャトル

ジェイドよりさらにお手頃な価格で、コンパクトな一台を求めているならシャトルもおすすめです。

車体サイズは全長4,440×全高1,545×全幅1,695(mm)。

これなら住宅街やスーパーの駐車場でもかなり余裕を持った運転ができます。

かといって車内が狭いかというとそんなこともありません。

5人の大人が乗ってもトランクの2~3個は余裕を持って積み込めます。

シートアレンジで後席を収納すればキャンプ用品やゴルフバックもしっかり収納可能です。

「普段の買い物に使うから大きな車だと不便。でもたまには旅行やレジャーに複数人で行きたい」というニーズにも応えています。

ハイブリッドモデルが用意されており、「ハイブリッドX・Honda SENSING」グレードなら燃費は驚きの32.4km/L(FFグレード)を記録。

車高が低いためエネルギーのロスが少ないステーションワゴンは、ハイブリッドとの相性が良好です。

もちろん「Honda SENSING」標準搭載。

経済面・安全面で優れ、一家に一台の車を家族で共有するときに非常に優秀な選択肢となります。

SUVテイストの新型ミニバン「クロスター」

ホンダ「FREED(フリード)|スタイリング(CROSSTAR)」の車両イメージ(公式サイトより引用)画像引用:ホンダ「FREED(フリード)|スタイリング(CROSSTAR)」

「もう少し検討したい」という人におすすめなのが、2019年10月に発売されたばかりの「フリード・クロスター」です。

フリードはコンパクトサイズの扱いやすいミニバンとして、ファミリー層から人気の車種です。

そのフリードをよりSUVテイストに改良したのがクロスターです。

クロスオーバーとはいえ、もちろん本格的なアウトドア走行ではSUVのほうが有利なのはいうまでもありません。

しかしファミリー向けに乗り降りのしやすさと車内空間の広さを持つフリードに、荷物を載せるのに便利なルーフレールや霧の山道で頼りになるLEDフォグライトが追加されたのは、注目すべきポイントです。

走行性能もマイナーチェンジに合わせて改良されています。

先述した通り、SUVは決してファミリー層向けの車ではありません。

小さな子どもがいる家庭には十分に「遊べる車」として選択肢に上がるのではないでしょうか。

【まとめ】用途によってはワゴンやミニバンが向いている場合もある

まとめると、ホンダのSUVは2車種のみ。

  • 大きな車体とパワフルさで街乗りからアウトドアまで使える「CR-V」
  • スタイリッシュなフォルムと軽快な走行性能を持つ「ヴェゼル」

この2車種は個性が大きく違うため、他メーカーの車とも合わせて検討するのがおすすめです。

また、ホンダ車から車を選ぶなら、同じくらい実用性の高いステーションワゴンもおすすめです。

とくにファミリー層には床の低いワゴンは使い勝手が良好です。

SUVにこだわらないならフリードが2019年10月にSUVテイストのミニバン「フリード・クロスター」にも注目です。

走行性能では負けますが、積載能力と家族での使いやすさでメリットがあります。

ホンダ車はSUVというくくりにこだわらず、「それぞれのユーザーにとってぴったりの一台」を追求している印象があるメーカーです。

それらを含めてじっくり自分にとっての「ぴったり」を比較検討すれば、後悔のないSUV選びができるでしょう。

おすすめ記事