remobii

きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

軽自動車の最新安全性能を解説!おすすめの車種と3つの選び方を紹介

軽自動車 安全性

経済的な負担が少なく扱いやすいことが、軽自動車の大きな魅力ですよね。

メリットも多い一方で、次のような疑問を感じる人も少なくないのではないでしょうか。

軽自動車への疑問

  • そもそも軽自動車は安全なのか
  • 軽自動車にはどんな安全装備があるのか
  • 安全性能の高いおすすめの軽自動車を比較したい

近年の安全技術は日進月歩で、少し前のモデルと比べると性能が大きく異なることもあります。

何も知らずに購入すると「思った安全装備がなかった」「あの機能が欲しかった」と後悔することになりかねません。

そこで今回の記事では軽自動車の安全性に注目して、どんな装備であるのか、おすすめの車種はどれかをわかりやすく解説していきます。

安全で良質な中古軽自動車をみる

軽自動車は年々安全性が向上している

軽自動車の安全イメージ画像引用:スズキ公式サイト

軽自動車の安全性能は、年々向上しています。

特に「予防安全装備」に関しては、車種によって「普通車と比べてそん色のないレベル」になってきています。

新車なら、ほとんどの軽自動車に「歩行者検知式自動ブレーキ」「踏み間違い防止機能」「車線逸脱機能」といった装備が搭載されています。

ただし、廉価グレードはオプションでも装備できないこともあります。

さらに、安全装備を搭載している軽自動車でも、以下のようなデメリットがあります。

上記2つについて、下記からくわしく解説していきます。

デメリット1:事故時の衝撃が大きい

高速道路や郊外を運転することが多い人には、軽自動車はおすすめできません。

「軽自動車規格」で設計されている軽自動車は小柄かつ軽量で、大きな車とぶつかったときに被害が大きくなってしまうからです。

ひとくくりに「安全性能」といっても、「予防安全」と「衝突安全」の2つの概念が存在しています。

安全性能の2つの概念

  • 予防安全性能:
    事故を未然に防ぐための能力のこと(自動ブレーキや車線逸脱防止機能など)
  • 衝突安全性能:
    車が衝突したときの乗員保護能力のこと(エアバッグや車体の構造など)

たとえばトラックが正面衝突してきた場合などは、ほとんどが重大な事故につながっています。

つまり、多くの軽自動車は衝突安全性能が高くないため、「事故時の衝撃が大きい」ことがデメリットといえるのです。

デメリット2:あおり運転をされやすい

運転に自信のない人にも軽自動車をおすすめしません。

高級車や大きな車から、威圧的な運転をされやすい傾向にあるからです。

あおり運転をされたときの対処法は、以下のとおりです。

あおり運転への対処法

【走行中】

  • 相手の挑発行為にのらない
  • 右側車線を走行中なら走行車線へ移動する

【停車後】

  • 窓を閉めてドアロックをして相手と対峙しない
  • 警察へ通報する(相手のナンバーを記録する)
  • ドライブレコーダー、スマホのカメラを活用する

いずれにしても、冷静に対応することが大切です。

あおり運転をされやすいことも、軽自動車のデメリットです。

ここまでは軽自動車の安全性やデメリットについてお話しました。

次の章では、最近の軽自動車にはどのような安全装備が搭載されているのか、具体的にご紹介していきます。

おもな安全装備5選

安全装備のついた車のイメージ(ホンダ「N-BOX」のページより引用)画像引用:ホンダ「N-BOX」

最近では軽自動車が増えていて、2019年の上半期の統計では約37%を占めていました。

街中だけでなく高速道路でもかなり多くの軽自動車をみかけるようになりました。

そうした変化に伴って、各自動車メーカーは「軽自動車の安全性」について力を入れています。

  • 歩行者対応の緊急自動車ブレーキ
  • 車間距離の自動抑制(運転支援機能)
  • 衝突吸収力の向上

など、先進安全装備の進化は目を見張るものがあります。

主に普及している先進安全装備と、その台数の順位は以下のとおりです。

先進安全装備 普及台数 搭載車種例
1位誤発進抑制機能 2,680,974台 N-BOX、スペーシア、eKワゴン、デイズ、ムーヴキャンバスなど
2位衝突被害軽減ブレーキ 2,671,767台
3位車線逸脱警報 2,629,645台
4.
オートハイビーム
1,351,894台 N-BOX、ムーヴキャンバスなど
5.
後方誤発進抑制機能
500,871台 スペーシア、ムーヴキャンバスなど

※2017年度の普及台数は国土交通省HP「ASV技術装着台数」から引用

下記から、くわしく解説していきます。

誤発進抑制機能

誤発進抑制機能は「アクセルとブレーキの踏み間違いを防止してくれる機能」のことです。

「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」が正式名称で、「踏み間違い防止装置」などと呼ばれることもあります。

停車時や時速10km以下の低速走行時に、前方の障害物を車載カメラが検知してドライバーがアクセルペダルを踏み込んだときの急加速を抑制してくれる機能です。

最近では高齢者による踏み間違いの事故が多く報道されていますが、NEXERのアンケート調査では「踏み間違いを経験した人の割合は若年層に多い」ことがわかっています。

「踏み間違い経験あり」と回答した人の割合※インターネットリサーチを手がけるNEXERのアンケート調査結果を引用

「踏み間違いは高齢者だけのミス」と過信せず、自分にも起こり得ることと考えておくべきです。

高齢者や踏み間違えてヒヤっとした経験のある人は、誤発進抑制機能つきの軽自動車に乗りましょう。

衝突被害軽減ブレーキ(歩行者対応)

車に搭載されたセンサーにより前方の車両や歩行者を感知し、万が一の場合には自動でブレーキを作動させる機能が「衝突被害軽減ブレーキ」という

長距離運転や市街地走行が多い人は、衝突被害軽減ブレーキ搭載車がおすすめです。

衝突被害軽減ブレーキは「衝突被害を軽減するために自動でブレーキが作動する装置」のことです。

正式名称は「前方障害物衝突軽減制動制御装置」ですが、「自動ブレーキ」と呼ばれることがほとんどです。

車に搭載されたセンサーなどで、前走車や歩行者を検知します。

距離や速度から衝突の可能性があると判断した場合は、自動でブレーキをかけて衝突被害を軽減・回避してくれます。

日本や欧州連合など40の国と地域で「自動ブレーキの新車搭載を義務付ける国際基準案」に合意したため、2020年以降に販売される新車には標準装備されるでしょう。

車線逸脱警報

通勤や営業で車を利用することが多い人は、車線逸脱警報つきの軽自動車が向いています。

車線逸脱警報は「自動車が走行中に車線をはみ出さないようにする機能」のことです。

「車線逸脱警報装置」が正式名称ですが、「レーンキープアシスト」と呼ばれることもあります。

車載カメラによって車線の位置を認識して、車線からはみ出しそうになった場合に警告を発します。

居眠り運転やわき見運転により車線を逸脱すれば、元に戻るようドライバーへ注意喚起してくれます。

オートハイビーム

日没前後に運転する機会の多い人は、オートハイビーム搭載車を選びましょう。

オートハイビームは、名前のとおり「自動でハイビームとロービームを切り替えてくれる機能」のことです。

車載カメラで前方の状況を検知して、状況に応じてヘッドライトを切り替えてくれます。

街灯がなくて暗い道ではハイビームにして、前走車や対向車を検知するとロービームへ自動で戻します。

このオートハイビームは自動で切り替えを行ってくれるので、歩行者や車両を見逃す可能性が下がります。

ハイビームとは上向きのヘッドライトのことで、「走行用前照灯」という正式名称があります。

対するロービームはやや下向きのヘッドライトで、「すれ違い前照灯」といいます。

ハイビームの照射距離は100m先なのに対して、ロービームは半分以下の40mまでしか照らせません。

照射距離イメージ

警察は夜間の歩行者の死亡事故を減らすために、ハイビーム使用の呼びかけを行っています。

加えて、国土交通省は2020年4月以降の新型乗用車に「オートライト」をつけるようメーカーに義務付けています。

後方誤発進抑制機能

駐車が苦手な人には、後方誤発進抑制機能つきの軽自動車がおすすめです。

後方誤発進抑制機能は簡単にいうと「シフトレバーをRにした状態で後ろへ急発進することを防ぐ機能」です。

正式名称は「後方障害物衝突被害軽減制動制御装置」で、「後退時衝突被害軽減」ともいいます。

車両の後ろに壁などの障害物を検知している状態で、アクセルペダルを大きく踏むとエンジン出力を抑制して急な後退加速をおさえて音や表示で警告してくれます。

ここまでは、軽自動車の安全装備についてお話しました。

車種によっては「ふらつき警報」や「標識認識機能」などの機能も装備されていますが、次の章で触れていきます。

次は、軽自動車の中でもより安全性が高いおすすめの車をご紹介していきます。

安全性能抜群、おすすめの軽自動車5選

優れた安全性能をもつ軽自動車は、以下の5車種です。

では、おすすめの5車種について解説していきます。

1.N-BOX(ホンダ)

ホンダ N-BOX

普通車に近い軽自動車が欲しいなら、N-BOXが向いています。

N-BOXは、予防安全性能だけでなく「衝突安全性能」も最高の評価を得ているからです。

2018年のJNCAPの評価では184.1点で、軽自動車では第1位です。

「JNCAP」とは?

Japan New Car Assessment Programの略。自動車アセスメントのこと。安全な車選びの参考にするために安全性能を比較・公表するもの。

この評価点は、1,500cc以下のコンパクトカーや1,501~2,000ccのセダンに入ったとしても第2位に位置づけられるほど高いものです。

軽自動車でありながらトヨタ・ルーミーの180.3点やプリウスPHVの183.6点をも上回ります。

予防安全性能では「標識認識機能」が優れています。

走行中に認識した道路上の標識情報をディスプレイに表示させて、運転者にお知らせします。

表示される道路標識4つ

  • 最高速度
  • はみ出し通行禁止
  • 一時停止
  • 車両進入禁止

そんなN-BOXのおすすめグレードは、「G・Lターボ Honda SENSING」です。

排気量が小さい軽自動車は高速走行時や定員乗車時に加速が悪くなってしまいますが、ターボ搭載車ならパワー不足を補うことができるからです。

新車価格
(標準グレード)
149.9万円~
中古車相場 75.9万円~248万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,790(mm)
乗車定員 4名
カタログ燃費/実燃 27.0km/L / 18.8km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費データはe燃費から引用
※N-BOXの公式HPはこちら

2.デイズ(日産)

日産 デイズ

便利さを最重視するなら、デイズを強くおすすめします。

軽自動車初の半自動運転である「プロパイロット」が用意されているからです。

高級車でも搭載されていないことが多いため、同機能だけでも選ぶ価値はあります。

プロパイロット以外では、「SOSコール(ヘルプネット)」という機能が特筆ものです。

「SOSスイッチを押す」「エアバッグの作動」のいずれかの条件で、自動的に専門オペレーターに通報されるシステムのことです。

万が一の事故や急病の際に警察や消防へ自動的に連絡されるのですが、位置情報も同時に転送されます。

外出先で住所がわからなくても、相手に早く正確に伝わります。

同機能は軽自動車初で、姉妹車のeKワゴンにも搭載されていません。

ただしこの機能はオプション設定のうえ、対応のカーナビを選ぶ必要があるなど条件があります。

デイズのおすすめのグレードは「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」です。

軽自動車でも、最新の技術を試すことができるからです。

新車価格
(標準グレード)
132.5万円~
中古車相場 117.7万円~205万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,640(mm)
乗車定員 4名
カタログ燃費/実燃 29.4km/L / ―

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費データはe燃費から引用
※デイズの公式HPはこちら

3.eKワゴン(三菱)

三菱 eKワゴン

デイズと同じく便利さを求めるなら、eKワゴンもおすすめです。

MI-PILOT(日産のプロパイロットと同じ)をはじめとする、先進安全装備が満載だからです。

安全装備はデイズとほぼ共通ですが、「デジタルルームミラー」という装備はeKワゴンにしかありません。

これは車の後ろについたカメラの映像を、ルームミラーに映し出せる機能です。

雨の日や薄暗い駐車場ではルームミラーは見えにくいですが、この機能ならはっきりとした視界を確保できます。

そんなeKワゴンのおすすめは「G」グレードです。

MI-PILOTを、オプションで選択することが可能だからです。

ただし、eKワゴンはデイズと違ってターボ搭載車が用意されていません。

新車価格
(標準グレード)
137.7万円~
中古車相場 109.8万円~137.7万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,640(mm)
乗車定員 4名
カタログ燃費/実燃 29.4km/L / ―

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費はe燃費を参照
※eKワゴンの公式サイトはこちら

5.スペーシア(スズキ)

スズキ スペーシア

実用的な機能を求めるなら、スペーシアがおすすめです。

とくに「HYBRID X」グレードは、左右の電動スライドドアやドアロック予約機能など、快適装備が充実していておすすめです。

スズキにしかない安全性能が充実していて、特筆すべき機能は2つあります。

1.後退時ブレーキサポート

後方誤発進抑制機能がエンジン出力を抑制して急な後退を防止するのに対して、同装備は後退時に「衝突被害軽減ブレーキ」がかかるのです。

つまり「後退時にも自動ブレーキが作動する」ということです。

超音波センサー内蔵なので、コンビニの駐車場のような透明のガラスでも検知できます。

2.ふらつき警報機能

区画線の検知によって自車の走行パターンを計測していて、システムが蛇行運転と判断した場合にブザー音などでドライバーに注意を促します。

ドライバーの居眠りや疲労による事故を、未然に防いでくれます。

新車価格
(標準グレード)
146.8万円~
中古車相場 75.5万円~250万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,785(mm)
乗車定員 4名
カタログ燃費/実燃 28.2km/L / 17.7km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費データはe燃費から引用
※スペーシアの公式HPはこちら

6.ムーヴキャンバス(ダイハツ)

ダイハツ ムーヴキャンバス

市街地走行が多い女性には、ムーヴキャンバスがおすすめです。

女性にぴったりの可愛いデザインのボディは、対人事故を念頭に入れた設計だからです。

ムーヴキャンバスは衝突安全性が高いボディを採用しながら、フードやフェンダー、ワイパーピボットなどは衝撃緩和装置・吸収スペースが設定されています。

万が一の対人事故でも、歩行者への被害を軽減してくれます。

そんなムーヴキャンバスのおすすめは「G メイクアップリミテッド SAIII」です。

標準グレードと車体価格に大きな差がなく、サイドエアバッグが標準装備されているからです。

ただし、ムーヴキャンバスはエアバッグの設定が見劣りします。

サイドエアバッグは上級グレードにしか装着されておらず、後席のカーテンエアバッグはオプションでも用意されていません。

新車価格
(標準グレード)
149万円~
中古車相場 60万円~190万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,655(mm)
乗車定員 4名
カタログ燃費/実燃 28.6km/L/17.5km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費はe燃費を参照
※ムーヴキャンバスの公式HPはこちら

ここまでは、安全性能に優れたおすすめの軽自動車を5つご紹介しました。

次は、安全な中古軽自動車を選ぶためのポイントについて解説していきます。

安全な中古軽自動車の選び方3ポイント

選び方のポイントイメージ
トラブルの少ない車を選ぶためには、3つのポイントに注意しましょう。

どれだけ良い安全性能が搭載していても、不具合が出ては意味がありません。

上記のポイントを踏まえて中古車選びをすると、リスクを最低限におさえることができます。

3つのポイントについて、下記でくわしく解説していきます。

1.年式や走行距離など必ず車の状態を確認する

年式、走行距離、車の状態をチェックすることで、安心な中古車選びができます。

年式が古いと故障のリスクが高く、性能の低い装備しか搭載されていません。

たとえば自動ブレーキなら、5年ほど前までは低速にしか対応していない簡易型が主流で、歩行者の検出もできませんでした。

新しいモデルなら、時速80kmの速度域でも作動するうえ歩行者の検出も可能です。

走行距離が多いと、消耗品の交換が多くなります。

代表的なものにタイミングベルトがあります。

ベルト自体は安価でも工賃が高いため、周辺の部品も交換することが一般的です。

ベルトの交換だけで最低3万円、周辺部品も交換すると5万円を超えてしまいます。

年式や走行距離は店頭や中古車検索サイトでも表示されているので、必ず確認しましょう。

車体の状態の確認も忘れないこと

車体の状態は、エンジンの状態や錆び、カビなどをチェックしておきましょう。

特にエンジンやミッションは重要な部品なので、故障すると修理代は高額です。

最近はCVTが主流になっていて、故障に本体の交換を勧められるケースも多く、30万円前後の費用が必要になることもあります。

乗ったときに「滑る」「異音がする」といった症状があれば、何らかの異常を抱えています。

塗装の状態も忘れないように確認してください。

錆やカビがあれば、少しずつ広がっていく可能性があります。

たとえ軽自動車でもすべてを塗装すると、20~30万円の費用がかかってしまいます。

購入後にコストがかかるので、車体価格が安くても状態の悪い車には手を出さないようにしてください。

2.可能なら試乗、難しいなら信頼できる店を吟味する

中古の軽自動車を選ぶ場合、可能であれば試乗することをおすすめします。

実際に車に乗ることで、エンジンやミッションの調子だけでなく、室内の広さや内装の質感までもわかるからです。

試乗が出来ない場合には、しっかりとした保証がついている中古車を選びましょう。

また返品が可能な中古車を選ぶことで購入後の故障やトラブルが回避できます。

そのほか、安全性能の確認については国内メーカーが実施している体験型のイベントもあります。

開催地や日程などの詳細は、経済産業省のホームぺージに掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

3.修復歴車や水没車は選ばない

修復歴車のイメージ

修復歴車や水没車にも注意が必要です。

車の重要な部分に、大きなダメージを負っている可能性があるからです。

購入後に多額の修理代が必要になったり、最悪の場合は致命的な事故につながったりする恐れがあります。

特に水没車には注意が必要です。

修復歴車は法律により表示義務がありますが、水没車に関しては法律で表示が定められていないからです。

水没車かどうかは、以下のような点に注意して見分けることができます。

見分け方

  • 室内やエアコンからの異臭
  • 床下やボディの錆び
  • シートベルトのシミ

水没車は電気系統に支障をきたすことがあり、購入後に少しずつ壊れていきます。

購入時は激安ですが、修理費用は高額になります。

エンジンの交換が必要になると、50~100万近い費用がかかってしまいます。

修理されていてもすぐに故障する可能性は高いため、修復歴車や水没車は避けたほうが無難です。

【まとめ】軽自動車の安全性能は大きく進化している

今回の記事では軽自動車の安全性を比較し、より納得できる車種選びができる内容をお伝えしました。

以下に、これまでの内容をまとめます。

記事のまとめ

  • 軽自動車の安全性は近年で大きく向上している
  • 軽自動車のデメリットは事故時の衝突が大きくあおり運転されやすいこと
  • 先進安全装備も普通車とそん色のないレベルで搭載されている
  • 中古車購入時は年式や走行距離、車の状態を確認する
  • 車を購入するときは試乗を忘れず安全性能も確認しておく
  • 故障リスクの高い修復歴車や水没車は選ばないこと

軽自動車は安全性が低いと思われがちですが、最近では普通車に見劣りしないものも発売されています。

コストをおさえつつも事故にあったときのリスクも下げたいなら、紹介した衝突安全性の高い車を選びましょう。

【愛知限定!】来店不要の新しいクルマの買い方「remobii」がおすすめ

愛知県に住んでいて中古車の購入を検討しているなら、中古車ECサイト「remobii(リモビー)」がおすすめです。

手持ちのスマホやPCで、注文~納車まですべて完結できるのが特徴。

<「remobii」はこんな人におすすめ>

  1. 忙しくて販売店を見てまわる時間がない
    ⇒24時間いつでも、どこからでもクルマ選びが可能!
  2. 営業トークに惑わされず自分でゆっくり選びたい
    ⇒スマホやPCで満足するまで中古車を選び放題!
  3. 整備や清掃の行き届いた安心できる中古車を見つけたい
    ⇒すべて正規ディーラー車だから高品質で手厚い保証つき!しかも10日間は返品・交換無料

まだ始まったばかりのサービスで対応エリアが少ないものの、あなたが愛知県在住ならぜひチェックしてみてください。

安全で良質な中古軽自動車をみる