きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

後悔しない軽自動車SUV選びのコツを徹底解説!人気車種も一挙大公開

軽自動車 SUV

SUV軽自動車を検討している人のなかには

「どんな車種があるんだろう」
「走行性能はいいのかな?」

など悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

もし、「アウトドア性能」や「走行性能」といった「SUV本来の使い勝手」だけで選ぶなら、候補となる軽自動車はスズキのハスラーとジムニーです。

この2車種はキャンプなどのアウトドアにも十分な実用性を持つため、アウトドア派にはぜひともおすすめしたい車です。

しかし、SUVは今やアウトドア用途だけではないニーズを持つ車種です。

SUVタイプの軽自動車は他のメーカーからも多くの車種が出揃っています。

この記事では「SUVタイプの軽自動車」のラインナップを紹介するとともに、SUVならではの購入時の注意点や、選び方のコツを分かりやすく解説していきます。

SUVタイプの軽自動車の特徴

ハスラーでアウトドアを楽しむイメージ

SUVとは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略で、オフロードを主にした走行性能と積載能力に重きを置いた車種です。

しかし、じつはSUVの定義は曖昧で、スバル・エクシーガのようなSUVとミニバンの合いの子のような車も存在します。

スバル エクシーガ

この記事で紹介する「SUVタイプの軽自動車」は以下のような特徴を持つ軽自動車です。

SUV軽自動車の特徴

  • 車高が比較的高く、軽自動車としては積載量が多い
  • 走行性能が高く、オフロードでもある程度走ることができる
  • 内装がレジャーやアウトドアに便利なように作られている

これらの条件を満たした軽自動車をご紹介していきます。

SUV軽自動車のおすすめラインナップ

さきほど紹介した特徴を持つ、おすすめの軽自動車を紹介していきます。

いずれも軽自動車の中では高い人気を持ち、アウトドアから海やドライブなどのレジャーに活躍しています。

ハスラー(スズキ)

スズキ ハスラー

ハスラーはお洒落な外見とは裏腹に、本格的なアウトドア走行性能を備えた軽自動車です。

十分な天井の高さは、キャンプ用品はもちろんのこと、普段の買い物や友人を乗せてのドライブでも使い勝手抜群の一台といえるでしょう。

走り心地は街中でもストレスを感じないキビキビとしたもの。

その上で悪路ではしっかりと地面をタイヤがグリップし、安定感を見せつけてくれます。

また、アウトドア派にとって嬉しいのは「ラゲッジルームが防水加工されている」という点でしょう。

キャンプ用品やサーフボードなどのレジャー用品は水に濡れることが多いので、お手入れが簡単な防水仕様は非常に重要なポイントです。

ただし、「A」グレードにだけは防水加工がないので注意が必要です。

おすすめは「Jターボ」か「Gターボ」の4WDです。

悪路をメインで走るなら、やはり4WDのほうがグリップ力があり安心できるからです。

新車価格
(標準グレード)
1,120,900円~
中古車価格 45.9万円~252万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,665
車両重量 860kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 27.8km/L / 19.4 km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

ジムニー(スズキ)

スズキ ジムニー

ジムニーは2018年に20年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし、注目を集めた生粋のオフロードカーです。

すでに老朽化しているはずの旧モデルが、今でもカスタムカーとして流通していることを考えるとその人気の高さがうかがえます。

フルモデルチェンジで走破性能はさらにアップしました。

ブレーキLSDなどを新たに備え、ぬかるみでのスタックなどからも素早く抜け出せる頼もしさです。

その分燃費は軽自動車としては決して良くはなく、普段の街中では少々走り心地の固さを感じますが、これは「アウトドアだけに向けて作られた証拠だ」と割りきってしまいましょう。

純正オプションのアウトドアグッズも充実しているので、本気の趣味としてアウトドアを真剣に楽しみたい人にはこれ以上ないほどおすすめの一台です。

新車価格
(標準グレード)
148,5,000円~
中古車価格 163万円~298万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,725
車両重量 1,030 kg~1,040kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 16.2km/L / 14.7km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

ウェイク(ダイハツ)

ダイハツ ウェイク

ウェイクはトールワゴンとして高い天井を持ち、自転車を積み込むこともできる車内容量が最大の魅力です。

全高は1,835mmと高く、車内は着替えや車中泊も可能なほど広々としています。

悪路走破性能はそこまで高くないので、平地のカジュアルなキャンプ場や海などの行楽地までの走行に向いた軽自動車と言えます。

おすすめは特別仕様車の「L"リミテッドSAⅢ」です。

雨や雪で濡れた路面を走ることを想定するなら、4WD仕様車を選ぶことも視野に入れて検討しましょう。

新車価格
(標準グレード)
1,644,500円~
中古車価格 65.5万円~191.1万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,835
車両重量 1,000kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 25.4km/L / 17.4 km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

キャスト アクティバ(ダイハツ)

ダイハツ「キャスト アクティバ」の車両イメージ(公式ページより引用)画像引用:ダイハツ「キャスト|外観・カラー」

キャストには「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3つのグレードがあります。

そのなかでもアウトドアやレジャーで使うなら、アクティバがおすすめです。

理由は広いラゲッジルームと、シートアレンジ、そしてターボエンジンの力強さです。

名前の由来通り、積極的にオフロードを走れるだけの足回りが魅力のひとつといえます。

丸みを帯びた外観は親しみやすく街中で悪目立ちしないデザインなので「普段の通勤にも使うけど、趣味のレジャーで思い切り使いたい」人にとくにおすすめです。

新車価格
(標準グレード)
1,248,500円~
中古車価格 39,5万円~178,2万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,630
車両重量 890kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 24.6 km/L~30.0km/L / 17.5km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

エブリイワゴン(スズキ)

スズキ エブリィワゴン

大人4人が乗っても広々と使えるキャビンと、それを支える頑丈な足回りが魅力の一台です。

後席を倒せば自転車を縦積みすることができるラゲッジルームと、充実した純正オプションも見逃せません。

オプションとシートアレンジを駆使すれば、釣り好きから子ども連れでキャンプに行く家庭にもマッチする多彩なアレンジが魅力です。

新車価格
(標準グレード)
1,727,000円~
中古車価格 73,8万円~298万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,815
車両重量 940 kg~980kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 14.6 km/L~16.2km/L / 12.79km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

eK(三菱)

三菱 eKワゴン

三菱・eKは街中を走ることを主眼に作られた軽自動車です。

しかし「パジェロ」を作った三菱製だけのことはあり、ちょっとしたオフロードでも問題なく走ることができます。

足回りはしっかりと頑丈に作られており、急カーブでも大きく身体が揺さぶられません。

そのため車酔いを防止するだけでなく、長距離走行の疲労も抑えられます。

シートアレンジの多彩さと後席の広さは大きな長所です。

大人4人が乗っても窮屈でなく、2人+荷物なら広々・たっぷりと使える利便性も魅力のひとつといえるでしょう。

新車価格
(標準グレード)
1,320,000円~
中古車価格 94.8万円~148万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,640
車両重量 920 kg~1,010kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 26.0 km/L~30.0km/L / 17.01km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

アトレーワゴン(ダイハツ)

ダイハツ アトレーワゴン

趣味を中心に車を使いたい人におすすめの車と言えるでしょう。

カラーリングは落ち着いた色合いが多く、渋好みの大人をターゲットにしていることがうかがえます。

大きな特徴としては、助手席と運転席がシームレスであることです。

これにより、「助手席側から乗り込んで運転席に行く」というのが容易になっています。

野外活動では思ったところに車を止められず、乗り降りや荷物の積み込みで苦労するシーンが案外多いものです。

その点、アトレーワゴンは乗降がしやすいグリップや低い床など、アウトドア派の「これがほしい」が随所に活かされています。

新車価格
(標準グレード)
1,562,000円~
中古車価格 3.5万円~228万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,875
車両重量 1,000 kg~1,050kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 14.0 km/L~17.0km/L / 7.70km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

スペーシアギア(スズキ)

スペーシアギア画像引用:スズキ「スペーシア ギア|価格・グレード」

スペーシアギアは、スペーシアの特徴である広々とした車内空間に加え、アウトドア向けの様々な機能を追加した車種です。

軽自動車には珍しいハイブリッドカーで、燃費もSUVタイプの軽としては非常に良好です。

ただし街中の使い勝手はハイブリッドが優秀ですが、オフロードを長時間走らせる場合にはガソリン車のほうが有利といえるでしょう。

修理費用も割高になるので、「あまりハードな扱いはしない」「普段の通勤にも使う」という人にこそおすすめの車です。

シートはしっかり防水仕様になっているほか多彩なシートアレンジは車中泊もできるほど。

また、コクピットも運転に集中できるようさまざまな工夫が凝らされ、レジャー志向の強い一台です。

おすすめのグレードはパワーの強い「ハイブリッドXZターボ」です。

悪路はあまり走らないとは言っても、出先で急な坂道を走れるパワーは確保しておいたほうがいいでしょう。

新車価格
(標準グレード)
1,644,500円~
中古車価格 139,9万円~234万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,800
車両重量 880 kg~940kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 24.0 km/L~25.6km/L / 18.28km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

ピクシスメガ(トヨタ)

トヨタ ピクシスメガ

ダイハツ・ウェイクのOEM供給で作られたこの軽自動車は、ウェイク同様に広いキャビンと確かな走行性能を持っています。

釣り竿やスポーツ用品を収納する各種オプションも充実しており、アウトドアの使い勝手は十分以上といえます。

ウェイクと大きな違いはないので好みで決めても良いでしょう。

おすすめのオプションは「簡単脱着&洗えるシートクロス」になります。

前席には「防水シートエプロン」を購入しておけば、出先での突然の雨に慌てることも少なくなります。

新車価格
(標準グレード)
1,705,000円~
中古車価格 62,8万円~188万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,835
車両重量 990 kg~1,060kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 23.2 km/L~25.4km/L / 15.44 km/L~18.26km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

フレアクロスオーバー(マツダ)

マツダ フレアクロスオーバー

フレアクロスオーバーはスズキ・ハスラーをベースにしたOEM車です。

ハスラーとの最大の違いは、ハイブリッドシステムの一種であるマイルドハイブリッドを搭載していることです。

そのため、燃費ではハスラーよりやや有利でエンジン音も抑えめです。

ハスラー同様にアウトドアへの適性は十分に高く、ほとんどのアウトドアに問題なく使用できます。

悪路をメインに走る予定なら「XGスペシャル」のフルタイム4WDを選ぶのが良いでしょう。

オプションも充実しており、本家ハスラーに勝るとも劣らない「楽しめる車」です。

新車価格
(標準グレード)
1,413,500円~
中古車価格 59,8万円~156.6万円
全長×全幅×全高
(mm)
3,395×1,475×1,665
車両重量 790 kg~870kg
乗車定員 4名
カタログ/実燃費 25.0 km/L~32.0km/L / 14.71 km/L~20.61km/L

※実燃費はe燃費のデータを引用
※公式サイトはこちら

さて、ここまではSUVタイプの軽自動車のおすすめラインナップをご紹介してきました。

次はこれらのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

SUV軽自動車のメリット・デメリット

メリットとデメリットのイメージ

まずSUV軽自動車のメリットを挙げていきます。

それぞれを順に見ていきましょう。

メリット1:パワーがあり、坂道でも不満を感じない

軽自動車は比較的パワーが小さい車種のため定員の4人が乗車した状態で坂道を登るときに「車が重く感じる」という経験をした人もいるのではないでしょうか。

その点、ここまでに紹介した車種ならパワーも強く、ちょっとやそっとの坂道で不満を感じることはありません。

また、ハスラーなど一部の車種は「ヒルホールドコントロール」が搭載されており、坂道の発進で後退してしまうのを防いでくれます。

メリット2:悪路でも安心の走行性能

現在の4WDは進化して、車が路面を認識・判断して自動で4WDを起動、的確に運転をサポートしてくれるようになりました。

そのため、雨や雪などで滑りやすくなった路面の走行も安心できます。

もちろん、降雪地帯などに住んでいる人はフルタイム4WDのほうが安心でしょう。

いずれにしても悪路を走る予定があるなら2WDより4WDを選ぶほうが安心です。

メリット3:荷物がたくさん積める広さとシートアレンジ

軽自動車は小さい車なので、積載量はどうしても普通車のSUVに比べると小さくなります。

しかし、多人数で乗らない場合ならそこまでの積載量は必要ありません。

むしろ、1~2人でレジャーを楽しむ場合にはシートアレンジで後席をまるまる荷室にしてしまったほうが快適なことも多いのです。

紹介した車の大半はシートアレンジでたっぷりと荷物が積めます。

さらに車種によっては、大人4人に必要最低限の荷物でも快適なものもあります。

これもSUVタイプの軽自動車のメリットです。

デメリット1:車高が高く立体駐車場には注意が必要

車高の高さがSUV軽自動車の特徴ですが、デメリットもあります。

立体駐車場や小さな高架下をくぐる際には車高に気をつける必要があります。

とはいえ、ミニバンなどの大型車に比べればその心配は少ないのも事実です。

「ちょっと通れるか微妙な高さだな」と感じる状況に備えて、自分の車の全高は覚えておくようにしましょう。

また、オプションなどで屋根の上に荷物を載せられるようにしている場合はとくに注意が必要です。

普段の感覚で通れると思っていた場所で、荷物のぶんだけ背が高くなっていることを忘れてぶつけてしまうこともありがちな失敗のひとつだからです。

デメリット2:横転のリスクが他の軽自動車より高い

じつはSUVの横転事故の割合は軽自動車より多いといわれています。

車高が高いのがその理由ですが、SUV軽自動車は「軽くて車高が高い」のでより横転には注意しなくてはいけません。

台風などの強風時はもちろんですが、やはり一番注意したいのは山道などのワインディングロードでしょう。

走行性能が高いのでついつい飛ばしてしまい、急カーブで横転というケースもあるからです。

そうならないよう、つねに余裕を持った安全運転を心がけましょう。

デメリット3:強力なエンジンを積んでいるため燃費が悪い

走行性能を優先しているため多くのSUV軽自動車は、一般的な軽自動車より燃費が悪い傾向があります。

ただし、これはエンジンのパワーを上げると必然的に発生するデメリットです。

走破性を重視したSUVタイプを求めるなら妥協ポイントと言えます。

軽自動車の価格分とレジャーの楽しさで割りきってしまいましょう。

中古でSUV軽自動車を探すときのコツと注意点

軽自動車 SUVのイメージ

新車で買う場合、上記で挙げた点にさえ注意すればいいのですが、中古で購入する場合にはもう少し注意すべき点が加わります。

簡単に箇条書きにすると次の通りになります。

中古SUVの購入における2つの注意点

  1. 走行距離が長い傾向がある
  2. 故障車の確率が高い

注目すべきポイントははっきりしているので、事故車や故障車を回避するのは難しくありません。

順番に解説していきます。

良質な中古車を購入する方法もあわせて紹介していくので、ぜひ中古車探しの参考にしてください。

【注意点1】走行距離が長い傾向がある

中古のSUV軽自動車は、前のユーザーもあなたと同じような動機で車を購入しているため、どうしても走行距離が長くなる傾向があります。

カーセンサーで検索したところ、4年落ちのハスラーで走行距離が10万kmを超えている車両がありました。

恐らく発売当時の新車を購入した筋金入りのアウトドア派が、大切に乗っていた車と思われます。

しかしどれだけ大切にしていても、10万kmを超えた車はメンテナンスが必要になるため避けたほうが無難な中古車と言えるでしょう。

さすがにこれは極端な例ですが、多くの場合は年式に比べて走行距離が長くなります。

車の適正な走行距離は「1年に1万kmが目安」と言われています。

そのため上記のハスラーの場合、4万kmほどが適正な走行距離ということになります。

しかし、SUV軽自動車はどうしても走行距離が長くなるものです。

オフロードを走ることを考えても、適正距離にプラス3万kmまでは妥協するラインとして考えたほうが良さそうです。

【注意点2】故障車の確率が高い

アウトドアやレジャーなどの野外活動に多用した車は故障が多くなる傾向があります。

石が跳ねて傷がつくだけならまだしも、横転などがあれば大きなダメージとなるでしょう。

他にも渡河を失敗したことによる水没なども考えられます。

水害車は安全面ではもちろんのこと、衛生面や修理費用の面から見ても避けるべき中古車です。

せっかく安い中古車を購入しても、修理費用が高くかかってしまうからです。

故障や水没を経験した状態の悪い中古車を避けるにはこの3つに注意する必要があります。

順に説明していきます。

(1)相場より極端に安い車は避ける

年式や走行距離はそんなに悪くないのに、極端に安い車は警戒すべきです。

相場価格はカーセンサーの中古車相場価格表やナビクルの下取り・買取相場のページから調べることができます。

いくら車両本体価格が安くても状態の悪い中古車では、購入後にどんな不具合が出て来るかわかりません。

ひどい場合には半年を待たずに走れなくなってしまうこともあり得るのです。

事故の原因となる場合も考えられ、結果的に損をするリスクが高い車と考え避けるべきでしょう。

(2)修復歴車は避ける

修復歴車のイメージ

修復歴車とは「車の骨格にまでダメージが入った車」です。

横転や転落などの事故は、オフロードで使うときには起こりやすい事故です。

まっすぐ走らないものや、修理箇所以外にもダメージが波及している可能性も考えて絶対に避けるべき車です。

あなたがこれからオフロードを走るつもりなら、なおさら安全については妥協すべきではありません。

これらは「修復歴なし」の条件で車を検索するか、remobiiの場合なら「しぼり込み」の総合評価で「新車のような状態」「全体的に良好」の2つにチェックを入れて検索することで、回避することができます。

(3)半年以上の保証がついた車を選ぶ

保証付中古車のイメージ

相場よりも安い中古車や修復歴のある車両を避けても、中古車販売店が見逃した不具合が潜んでいることも考えられます。

これは中古車の売買ではありがちなことで、見えづらい箇所や通常チェックしないような内部に傷みが隠れていることがあるためです。

こうした不具合はおおよそ半年程度乗ってみないとわからないと言われています。

そのため、購入価格が高くなってしまいますが最低でも半年以上の修理・メンテナンスを保証されている中古車を選ぶことをおすすめします。

また、こうした手厚い保証を付けることは販売店側も「品質の良い中古車」であると自信を持っていることの証とも考えることができます。

つまり、良質な中古車を選ぶひとつの基準にすることもできるのです。

良質な中古車選びのコツは「年式・走行距離・相場価格」

良質な中古車とは、状態が良くて安い中古車のことです。

これらを選ぶためのコツはそんなに難しいものではありません。

先ほど述べた「1年=1万kmが適性走行距離」の他にも以下のようなポイントがあります。

(1)安い中古車をねらうならフルモデルチェンジ前

モデルチェンジ前がねらい目のイメージ

フルモデルチェンジが行われると、基本的にモデルチェンジ前の車の価格は大きく下がります。

余った在庫が中古車市場に大量に流れるからです。

そのため、モデルチェンジ前の最終バージョンはお買い得だと言えます。

年式を最終モデルが発売された年に合わせて検索することで、コスパのいい中古車が購入できます。

(2)予算に余裕があるなら3年落ちの車

予算に余裕があるなら、最新モデルを3年落ちで購入すると良いでしょう。

新車の最初の車検は3年。

これを機会に車を買い換えるユーザーが多いので、3年落ちの最新モデルは狙い目なのです。

もちろん、詳細はしっかりと確認しましょう。

(3)相場価格を確認する

繰り返しになりますが、相場価格は非常に重要な指標です。

以下の2つのサイトを参考に、あまりも安すぎる中古車を避けるようにすればトラブルの可能性をかなり抑えられます。

相場価格の調べ方

これらと販売サイトを見比べれば、自然と候補が絞られてきます。

【まとめ】軽SUVは小回りが利き経済的

SUV軽自動車は、キャンプやレジャーなどに非常に便利で魅力的な車です。

燃費もSUVより良好で普通の軽自動車よりパワーもあるため、普段の通勤でも経済的で快適と言えます。

ニーズに応じて各メーカーもさまざまなSUV軽自動車を販売しており、多彩なラインナップからお気に入りの一台を選ぶことが出来るのです。

【愛知・兵庫限定!】来店不要の新しいクルマの買い方「remobii」がおすすめ

愛知県か兵庫県に住んでいて中古車の購入を検討しているなら、中古車ECサイト「remobii(リモビー)」がおすすめです。

手持ちのスマホやPCで、注文~納車まですべて完結できるのが特徴。

「remobii」はこんな人におすすめ

  1. 忙しくて販売店を見てまわる時間がない
    ⇒24時間いつでも、どこからでもクルマ選びが可能!
  2. 営業トークに惑わされず自分でゆっくり選びたい
    ⇒スマホやPCで満足するまで中古車を選び放題!
  3. 整備や清掃の行き届いた安心できる中古車を見つけたい
    ⇒すべて正規ディーラー車だから高品質で手厚い保証つき!しかも10日間は返品・交換無料

始まったばかりではあるものの日々取扱い在庫が増えているので、あなたが愛知県もしくは兵庫県に在住ならぜひチェックしてみてください。

remobiiで中古車を探してみる