きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

日産のセダン全5車種を網羅!燃費・走り・価格…特徴別おすすめ車種

日産 セダン

2019年現在、日産で販売されているセダンタイプの車種は全部で5車種。

シーマやスカイラインが有名ですが、日産はあまり多くの車種を持たず絞り込んだ販売手法をとるため、5車種それぞれが強い個性を持っています。

特徴が大きく異なるため、日産のセダンを検討しようとしているあなたにとっては

「そのほかにどんな車種がある?」
「車種ごとの特徴を比較したい」
「日産・セダンの特徴や注意点は?」

といったポイントが気になるところでしょう。

さらに中古車なら高級セダンも視野に入ってくると思えば相場やねらい目の車種なども気になりますよね。

そこでこの記事では以下のような点をお伝えします。

この記事でわかること

あなたにぴったりの日産のセダンがどの車種か判断できるよう、くわしく解説していきます。

まずは現在新車販売している日産のセダンを見ていきましょう。

おすすめ車種が気になる人は上のリンクで気になるところから読み進めてもOKです。

日産・セダンの良質な中古車をさがす

日産のセダンは現在5車種

現在新車で購入可能な日産のセダンを紹介します。

日産の公式サイトでセダンとして紹介されているのは以下の5車種です。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

車種名 特徴 新車価格
シーマ 走りを追求しながら最高ランクの安全装備を搭載 794万円
ティアナ モダンなインテリアが特徴のセダン 256万円
シルフィ シンプルなミドルサイズのセダン 199万円
スカイライン ハイブリッド車もあるスポーティーなデザインの高級セダン 416万円
フーガ ハイブリッド車もあるエレガントなデザインの高級セダン 480万円

このラインナップを見るかぎり、日産がセダンに力を入れていることが伺えます。

セダンタイプの車種は、トヨタが10車種、ホンダは7車種となっています。

それらと比べ数は少ないものの、日産は車種を絞って力を集中させる戦略を取っています。

車種を絞る戦略を表すように、たとえば今売れ筋のボディタイプの1つであるミニバンは一般の人向けには2車種しかありません。

ミニバンの2車種に比べれば、5車種も用意されているセダンは幅広い世代やニーズに応えるために日産が注力しているボディタイプであることがわかります。

ただし力の入れ具合に反して日産のセダンの売れ行きはあまり良くはありません。

自販連の2019年1月~3月の新車販売台数ランキングからセダンだけをピックアップしてランキングを見ると、日産のセダンは1台も入っていません。

セダンの車種傾向としては、シルフィを除けば比較的高価格の車種が揃っているので高級路線であることもわかります。

それぞれの車種の特徴をくわしく見ていきましょう。

シーマ

日産 シーマ

シーマは低燃費で安全装備が充実した高級車を必要としている人におすすめの車種です。

会社の役員を乗せる社用車としても良いでしょう。

日産の高級セダンだったグロリアやセドリックを上回る高級セダンとして1988年に登場。

発売当初、日本が好景気だったこともあり高価格にもかかわらずシーマは人気車種となりました。

しかし景気の低迷にともない徐々に人気も下落し、2010年に一旦新車販売を終えています。

5代目モデルは2012年4月から販売再開されたハイブリッド専用車となっています。

モーターのみで走行もでき、さらに高出力のリチウムイオンバッテリーを採用したことで低燃費を実現しています。

2017年のマイナーチェンジでは前方衝突予測警報やバックモニターが搭載され、最新の安全装備が付きました。

新車価格
(標準グレード)
794万円 4WDの設定 バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
中古車相場 4.8万円~599万円 ハイブリッド仕様の有無 マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
5,120×1,845×1,510(mm) 燃費
(カタログ/実燃費)
16.6km/L / 11.63km/L

※実燃費はe燃費で調査

→公式サイトはこちら

ティアナ

日産 ティアナ

ティアナは子育てが終わった世代の人や長距離ドライブを楽しむ人におすすめの車種です。

2003年2月から新車販売されている高級セダンのティアナ。

日産では世界戦略車の位置付けで、アジアやオセアニアを中心に海外でも販売されています。

2019年現在販売されているモデルは2013年から登場した3代目モデルです。

「モダンリビング」と「OMOTENASHI」をコンセプトに掲げたティアナは、インテリアが非常にこだわった作りになっています。

シートは、長時間乗っても疲れにくいスパイナルサポートシートを採用。

インテリアの質感もおしゃれなリビングがそのまま移動したような上質な作りになっています。

燃費性能は、車両を軽量化することで向上しています。

さらにティアナには、3つの走行モードがあり、「ECOモード」にすれば発進時や加速時のアクセルを制御し低燃費走行が可能です。

新車価格
(標準グレード)
256万円 4WDの設定 バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
中古車相場 4.9万円~289.6万円 ハイブリッド仕様の有無 バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,880×1,830×1,470(mm) 燃費
(カタログ/実燃費)
14.4km/L / 12.38km/L

※実燃費はe燃費で調査

→公式サイトはこちら

シルフィ

日産「シルフィ」のイメージ(公式サイトより引用)画像引用:日産「シルフィ」

シルフィは日産の中では比較的手ごろな価格で新車購入できるセダンです。

2000年から販売され、初代と2代目はブルーバードシルフィの名前で売られていました。

2019年現在販売されているモデルは2012年から新車販売されている3代目モデルです。

注意点としては、2019年4月の上海モーターショーで新型シルフィが発表されたことです。

そのため2019年後半には新モデルの販売が始まると予想されています。

シンプルな装備と求めやすい価格設定、上品な内外装でシニア世代の人におすすめの車種となっています。

燃費性能は、低重心で空力に優れたデザインを採用し低燃費になっています。

ただしアイドリングストップシステムはありません。

ロングホイールベースで、室内空間は広く取られています。

運転席や助手席だけでなく、後部座席でも快適に過ごすことができます。

新車価格
(標準グレード)
199万円 4WDの設定 バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
中古車相場 49.6万円~235万円 ハイブリッド仕様の有無 バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,615×1,760×1,495(mm) 燃費
(カタログ/実燃費)
15.6km/L / 13.61km/L

※実燃費はe燃費で調査

→公式サイトはこちら

スカイライン

日産 スカイライン

スカイラインのターゲットは40代前半ですが、スポーティーなデザインで高級スポーツセダンを求めるすべての世代におすすめできる車種です。

スカイラインの歴史は1957年に遡ります。

日産が吸収した富士精密工業の主力車種として登場しました。

2019年現在販売されているモデルは2014年から新車販売されている13代目となります。

ハイブリッド車が追加され、燃費が向上しています。

高い走行性能で、パトカーにも使われている車です。

内装もシートやパネル部分が上質な質感となっています。

新車価格
(標準グレード)
416万円 4WDの設定 マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
中古車相場 5.8万円~2980万円 ハイブリッド仕様の有無 マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,790×1,820×1,440(mm) 燃費
(カタログ/実燃費)
17.8〜18.4km/L / 11.77km/L

※実燃費はe燃費で調査

→公式サイトはこちら

フーガ

日産 フーガ

フーガはエレガントな高級車を求める人におすすめの車種です。

2004年に日産の歴史ある高級セダンであるセドリックとグロリアの後継車種として登場。

2019年現在販売されているモデルは2009年から販売されている2代目モデルです。

2010年からはハイブリッド車も追加されています。

低回転時から高トルクを発揮できるモーターと、効率良くパワーを出せるリチウムイオンバッテリーの採用で低燃費を実現しています。

2012年7月〜2016年11月には三菱自動車にOEM供給し、プラウディアの車名で販売されていました。

日産では、2009年からフーガの認定中古車制度を開始しました。

中古車でも新車に近い、状態の良い車両が購入できます。

新車価格
(標準グレード)
480万円 4WDの設定 マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
中古車相場 7.9万円~528万円 ハイブリッド仕様の有無 マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,980×1,845×1,500(mm) 燃費
(カタログ/実燃費)
17.8〜18.0km/L / 12.94km/L

※実燃費はe燃費で調査

→公式サイトはこちら

ここまで日産の新車で購入できるセダンについてお伝えしました。

次に特徴別に日産のおすすめセダンを紹介していきます。

特徴別・日産のおすすめセダンを紹介

日産の人気車種イメージ

日産のセダンを新旧含めて、とくにおすすめできる車種を特徴別に紹介します。

あなた自身の予算や使用目的を明確にすることで、自分にぴったりと合う日産のセダンが見えてくるでしょう。

カテゴリーは以下の4つです。

では、順に見ていきましょう。

【特徴1】価格が手ごろなセダン

価格が手ごろな中古セダンを紹介します。

さらに以下のように予算別におすすめします。

では、くわしくご紹介します。

150万円以下で買える中古セダン【3選】

150万円以下で購入可能な中古セダンを3つ紹介します。

以下のような車種がおすすめです。

おすすめの3車種

  1. シルフィ
  2. ティアナ
  3. スカイライン

シルフィなら新車登録から3年以内の良質な中古車が購入できます。

日産「シルフィ」のイメージ(公式サイトより引用)

画像引用:日産「シルフィ」

新車では諸費用を含め200万円を超えますが、中古車なら150万円以下で走行距離の少ない車両も購入できます。

100万円〜150万円の予算で2016年〜2018年式の車両、走行距離1万〜3万kmが目安となります。

シルフィの解説を見る

日産 ティアナ

ティアナのねらい目は2019年現在新車販売されている3代目モデルが登場した直後の2013年〜2014年式。

新車で購入すると250万円以上するティアナは中古車では150万円以下で購入できます。

150万円以下でも十分な台数が出回っています。

走行距離の目安は5万〜10万kmです。

ティアナの解説を見る

日産 スカイライン高級セダンのスカイラインも中古車であれば150万円以下で購入可能。

2019年現在販売されている13代目モデルの始まった2014年式からは値段が高くなります。

1世代前のモデル、比較的新しい2013年式がおすすめです。

走行距離の目安は5万〜10万kmになります。

スカイラインの解説を見る

200万円台までで買える中古セダン【3選】

200万円台までで購入可能な日産の中古セダンを3車種紹介します。

以下のような車種がおすすめです。

おすすめの3車種

  1. ティアナ
  2. スカイライン
  3. フーガ

日産 ティアナティアナは200万円台の予算であれば、新車登録から3年以内の状態の良い車両の購入が可能です。

2016年〜2018年式、走行距離1万km以下の車両もあります。

ティアナの解説を見る

日産 スカイライン

スカイラインのねらい目は2016年式、走行距離は1万〜5万kmが目安です。

200万円台の予算なら新車登録から3年ほどしか経過していない、比較的新しい車両が購入できます。

スカイラインの解説を見る

日産 フーガ高級セダンのフーガも200万円台の予算があれば購入可能です。

ねらい目は、新車登録から3年が経過した2015年〜2016年式。

走行距離は1万〜5万kmが目安です。

フーガには認定中古車がありますので、状態の良い車両を探している人は、認定中古車を購入すると良いでしょう。

フーガの解説を見る

【特徴2】燃費の良いセダンタイプのハイブリッドカー

ハイブリッド仕様のある日産のセダンが良いのであれば、以下の3車種がおすすめです。

燃費の良いおすすめセダン3車種

  1. シーマ
  2. スカイライン
  3. フーガ

ライバル車やガソリン車と燃費を比較してみましょう。

1.シーマ

日産 シーマ

シーマはハイブリッド専用車なのでライバル車のクラウン・ハイブリッドと比較してみましょう。

結論として、シーマとクラウン・ハイブリッドではクラウン・ハイブリッドのほうが燃費性能が優れているといえます。

しかし、走行性能を含めて考慮するとシーマをおすすめします。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

車種 燃費
(カタログ/実燃費)
年間ガソリン代
シーマ 16.6km/L / 11.63km/L 103,181円
クラウン(ハイブリッド) 23.4〜24.0km/L / 15.99km/L 75,046円

※年間ガソリン代は年間走行距離8,000km、ハイオクガソリン150円で計算

シーマの年間ガソリン代は103,181円になります。

年間ガソリン代10万円前後というのは、スカイラインやフーガのハイブリッド車と遜色ありません。

ただしライバル車のトヨタのクラウン・ハイブリッドは、2.5LのFR車だと、e燃費調べで実燃費が約16km/Lです。

燃費で選ぶなら、クラウン・ハイブリッドに分があるでしょう。

ただしシーマの実燃費も約12km/Lあり、ほかのセダンに比べて劣っているわけではありません。

さらに走行性能を比較すると、明らかにシーマの走行性能のほうが優れています。

シーマのベースグレードは、3.5Lエンジンで最高出力364ps。

クラウン・ハイブリッドのベースグレードは、2.5Lエンジンで最高出力184psです。

燃費は若干シーマが劣りますが、走行性能を含めて考えるならシーマのほうがおすすめです。

2.スカイライン

日産 スカイライン

スカイラインのハイブリッド仕様車とガソリン車を比較してみると、燃費も良く、走行性能も勝っていることからスカイライン・ハイブリッドがおすすめだといえます。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

車種 燃費
(カタログ/実燃費)
年間ガソリン代
スカイライン(ハイブリッド) 17.8〜18.4km/L / 11.77km/L 101,954円
スカイライン(ガソリン車) 13.0〜13.6km/L / 9.90km/L 121.212円

※年間ガソリン代は年間走行距離8,000km、ハイオクガソリン150円で計算

スカイラインのハイブリッド車とガソリン車の年間ガソリン代の差額は19,258円。

それほど大きな数字ではないものの、ハイブリッド車のほうがおすすめといえます。

ハイブリッド車のベースグレードの新車価格が495万円、ガソリン車のベースグレードが416万円。

その差は約80万円です。

ただしハイブリッド仕様車は税制面でも優遇されるので長く乗るのであれば、この差は相殺されるでしょう。

さらに、スカイラインのエンジン車はダウンサイジングしているために同等の燃費を実現しています。

ただし、走行性能においてはハイブリッドをおすすめすることはできません。

スカイライン・ハイブリッドの3.5L V6エンジンで364psという出力量を誇っています。

一方のスカイラインのガソリン車は直列4気筒2.0Lエンジンで211psの出力量です。

ガソリン車は明らかに走行性能で劣ってしまいます。

3.フーガ

日産 フーガ

フーガもハイブリッド仕様とガソリン車とで比較をしてみます。

結論からいうと、燃費、税制面での優遇、走行性能を考えるとハイブリッド車を購入するのが良いでしょう。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

車種 燃費
(カタログ/実燃費)
年間ガソリン代
フーガ(ハイブリッド) 17.8〜18.0km/L / 12.94km/L 92,735円
フーガ(ガソリン車) 11.2km/L / 6.72km/L 178,571円

※年間ガソリン代は年間走行距離8,000km、ハイオクガソリン150円で計算

フーガのハイブリッド車とガソリンの年間ガソリン代の差額は年間85,836円です。

この場合、差額がかなり大きな金額になりますのでハイブリッドがおすすめです。

ハイブリッド車のベースグレードは629万円、ガソリン車のベースグレードは480万円と150万円ほど差額があります。

しかしハイブリッド車は税制面で優遇されます。

長く乗るならば、燃費の良さもあるので車両本体価格の差額は相殺されると考えられます。

さらに、フーガのガソリン車のベースグレードはダウンサイジングしています。

フーガハイブリッドが3.5L V6エンジンで最高出力225psです。

それに対してガソリン車のベースグレードは、2.5L V6エンジンで最高出力165psです。

走行性能もハイブリッドのほうが勝っています。

【特徴3】扱いやすいコンパクトなセダン

扱いやすいコンパクトなセダンを探している人にはシルフィがおすすめです。

日産のセダンのボディサイズを比較してみましょう。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

車種 ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
シーマ 5,120×1,845×1,510(mm)
ティアナ 4,880×1,830×1,470(mm)
シルフィ 4,615×1,760×1,495(mm)
スカイライン 4,790×1,820×1,440(mm)
フーガ 4,980×1,845×1,500(mm)

日産のセダンは全体的に大きな車両となっています。

ただしシルフィは全幅が1,760mmと小さく、狭い道路を走行する時も運転しやすいでしょう。

インパネのデザインなどもシンプルで、ステアリング操作の邪魔にならず、運転しやすさを良くしています。

【特徴4】走りにこだわりたい人におすすめのセダン

走行自体を楽しみたい人に、おすすめの車種を紹介します。

以下のような車種をおすすめします。

走り重視のおすすめセダン

  • 新車で走行性能の高い車種
    スカイライン(ハイブリッド)
  • チューンナップ前提で選ぶ際のおすすめの中古車
    スカイライン

新車で走行性能の高い日産のセダンを探しているなら、スカイラインのハイブリッド仕様車をおすすめします。

日産独自の1モーター、2クラッチシステムで、力強い加速も静かな走行も楽しめるからです。

中古車でチューンナップしながら楽しむにも、同じくスカイラインが良いでしょう。

専用フロントバンパーやマグネシウム製パドルシフト、アルミペダルが販売されています。

また、Type SPなどのグレードには19インチのホイールを履かせることもできます。

カスタムが楽しい車種です。

【番外編】高価なスポーツカーも中古車なら手頃に!

日産「GT-R」のイメージ

走行性能にこだわるなら、セダンではないもののGT-RやフェアレディZといったスポーツカーもおすすめです。

中古車で探せば手を出しやすい価格で見つかります。

GT-RとフェアレディZの中古車での価格帯は以下のようになります。

※スマホで以下の表が見づらい場合は画面を横にしてご覧ください

車種 新車価格 中古車相場 台数
GT-R 777万〜1,870万円 428万〜2,080万円 192台
フェアレディZ 362.3〜640.1万円 118.8〜498万円 800台

※2019年5月の全国中古車情報をカーセンサーで調査、修復歴なしに限定

スーパーカーと言われるGT-Rも中古車になれば、新車の半額ほどから購入可能です。

フェアレディZは100万円台から購入できます。

GT-Rはフェラーリをもしのぐ走行性能があり、アクセルを踏んでから100km/hになるまで2.7秒。

一方のフェラーリは3.1秒で、加速力はGT-Rが優っています。

フェアレディZは走行性能の良さに加えて、チューニングパーツの豊富さも特筆すべきです。

エアロパーツだけでなく、サスペンションやブレーキなど豊富なパーツで自分好みにカスタマイズできます。

【まとめ】手軽なセダンならシルフィ一択、それ以外は高級セダン

この記事では、日産のセダンについてお伝えしました。

以下のような点を説明しました。

この記事のポイント

  • 日産のセダンラインナップ
  • 特徴別・日産セダンのおすすめ車種
    ⇒価格 / 燃費 / コンパクト / 走行性能

日産の新車で購入可能な車種は5車種。

シルフィは求めやすい価格でおすすめです。

その他の車種は高級セダンなので中古車でねらうのが手に入れやすくおすすめといえます。

日産・セダンの良質な中古車をさがす

セダンにこだわりがある人には以下の記事も参考になるはずです。

おすすめ記事