きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

安い中古車には理由がある!掘り出し物を見極めるポイント5つを解説

中古車を選ぶ一番の理由はもちろん「安い」ということですよね。

しかし、安すぎるものを選ぶと状態の悪いものを買ってしまう恐れもあります。

結論から言えば、価格よりも大切なことが4つあります。

  • 修復歴があるか
  • 車の状態は良いか
  • 年式と走行距離のバランスは適正か
  • お店は信用できるか

本記事では前半に、安い中古車でチェックすべき上記のポイントについて解説し、車体の本体価格以外にかかる経費も紹介します。

記事後半では、格安中古車選びのコツとボディタイプ別におすすめの車種について解説していきます。

あなたの中古車選びに必要な情報をまとめているので、ぜひ“状態の良い格安中古車”を見つけるためにこの記事を役立ててください。

まずは良質な中古車を見極めるポイントから解説します。

良質な中古車を見極める5つのポイント

良質な中古車を見極める5つのポイント

安い中古車だけならすぐに見つかるものですが、その中でも安全・快適に乗れる良質な車を探そうとすると話は別です。

安い車にはどうしても「値下げせざるを得ない理由」があるからです。

そして、その理由には「事故車」など車の安全にかかわるものも存在します。

そこでこの章では、難のある車を選んでしまわないよう、良質な中古車を見極めるための5つのポイントを解説していきます。

(1)修復歴のある車はやめておこう

前提として、本記事では「修復歴」がある車は推奨しません。理由は主に下記の2つです。

  • 走行に支障をきたす可能性がある
  • 事故時の衝撃が他の部分にまで波及している可能性がある

中古車サイトなどで中古車を探す際は「修復歴」というチェック項目を「修復歴なし」に設定してください。

また、以下の点を押さえれば、より確実に良質な車体を見つけやすくなります。

  • 「中古車鑑定書」がある車を選ぶ
  • 「整備記録簿」の確認をする

(2)水没車に注意!

最近はゲリラ豪雨などが多く「水没車」が増えてきています。

注意が必要なのが水没車は「修復歴あり」扱いにならないことです。

次の5つののチェックをすることで、水没車を見分けることができます。

水没車を見分ける5つのチェックポイント

  1. シートの同じくらいの高さに不自然な染みがないかチェック
  2. エアコンからの異臭がないかチェック
    (水没するとダクト内にカビが発生することが多いため)
  3. シートベルトを限界まで引っ張ってみて変色していないかチェック
  4. シート下やエンジンルーム内の金属部分が錆びていないかチェック
  5. ヘッドライト内に水滴や曇りがないかチェック

これらの項目をチェックし、水没車かどうかを見極めましょう。

(3)走行距離の目安

走行距離が長すぎる車は消耗部分が多いので避けたほうが良いでしょう。

また、年式が古いわりにほとんど走っていない車も避けたほうが良いと言えます。

なぜなら車は毎日少しでもエンジンをかけ走らないと駆動部などの劣化が進みやすくなるからです。

中古車と走行距離の関係については、以下の記事を参照してください。

[関連記事]中古車の走行距離に目安はある?安心できる中古車の適切な見分け方のサムネイル
中古車の走行距離に目安はある?安心できる中古車の適切な見分け方
中古車を選ぶときに見るべきポイントとして、ほとんどの方は『走行距離』を気にすることでしょう。後悔する中古車購入をしないためにも、『走行距離』はどのような視点でみるべきかポイントをお伝えします。走行距離のベストな判断方法を身に付けて、いい車の探し方ができるようになりましょう。

タイミングベルトの交換時期に注意!

10万km、または10年を経過した車はエンジンのタイミングベルトが交換時期にきているので、交換済みかどうかも確認が必要です。

タイミングベルトとは、エンジン内の吸排気をコントロールしている部品のこと。

このタイミングベルトの交換がされていない場合は、中古車の購入費用に加え、さらに数万円の交換費用がかかることも計算しておく必要があります。

(4)チェック項目一覧表

上記3点に加えてチェックすべき項目を下記の一覧表にまとめました。

実際に中古車を見て回るときにこの一覧表を参考にチェックすれば、状態に不安のある車両を見分けることができます。

チェック箇所 判断するポイント 理由
修復歴の有無 修復歴ありは避ける 走行に支障をきたす可能性あり
水没車ではないか 水没車は避ける
⇒「(2)水没車に注意!」のチェックポイントを確認
不具合発生の可能性あり
エンジンルーム ほこりをかぶっている
  • 前オーナーが整備をしていなかった
  • 販売店が洗浄をしていない
エンジンの白煙 マフラーから水蒸気ではない白煙が出る オイル上がり、オイル下がりの可能性あり
タイヤ 残り山が少ない 交換に費用がかかる
フロントガラス ひびが入っていないか 小さなひびでも、運転中に突然広がることがあり危険
外装 傷やへこみが放置されていないか メンテナンスを怠っていた可能性あり
距離メーター
(中古車鑑定書、現在車検証)
安い価格のわりに走行距離が短すぎる メーター交換や改ざんの可能性がないかチェック
ホイール 錆(さび)や腐食がある 車体にも錆や腐食がある可能性あり

(5)お店選びも中古車選びでは重要

中古車を選ぶ前にお店選びも重要です。

店舗を選ぶ際の注意点は下記の2つです。

  1. 自動車公正取引協議会の会員かどうか
    ⇒会員ではないアウトサイダーと呼ばれる業者の中には、粗悪な車を売りつけようとする人もいる
  2. 店内の環境について
    ⇒掃除が行き届いているかどうか、質問に曖昧に答えていないかどうかなどをチェック

また過去にお店を利用した知人がいれば話を聞いておくと良いでしょう。

またはカーセンサーやグーネットであれば、販売店の対応が記載された口コミが投稿されているので参考になります。

次に、中古車購入の際に「本体価格」以外にかかる費用について解説します。

車体価格以外にかかるお金をチェックする

車体価格以外にかかるお金をチェックする

表示されている金額だけが中古車の価格ではありません。

大きく表示されているのは「車両価格」だけで、そのほかにも手数料や税金などの費用がかかります。

車両価格だけで判断してしまうと、高額な手数料を取られ結局割高になったしまった!なんてことにもなりかねません。

そうならないよう、中古車を購入するにはどんな費用が必要なのか知っておく必要があります。

具体的に説明していきます。

「総支払額」の内訳

「総支払額」の本体価格以外の内訳は大きく3つに分けられ、下記のようになります。

【法定費用】 【代行費用】 【各種保証】
【オプション】
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険
  • 消費税
  • 車両登録代行費
  • 車庫証明代行費
  • 納車費用
  • 洗車費
  • 販売店ごとの各種保証費用
  • オプション追加費用

この3つの分類のうち「法定費用」と「代行費用」は合わせて15万円ほどが一般的で、中古車販売サイトで表示される「総支払額」にすでに含まれていることが多いです。

車は長時間乗ってみて初めてわかる不具合もあるので、最低でも6か月以上の保証が付いている車が良いでしょう。

保証が総支払額に入っている車体もありおすすめです。

輸送費も計算に入れておこう

遠方から自宅まで車を運んでもらうと輸送費が発生することもあります。

その際の輸送費の相場は下記の通りです。

  • 近場(同一都道府県、隣接県、2~3時間程度の移動):1~2万円
  • 遠方(5~10時間の移動):3~10万円

遠方になればなるほど輸送費は高くなるので、事前に店舗に確認することをおすすめします。

ここまでで良質な車と粗悪な車を見分ける方法や、車両本体価格以外の費用についてはご理解いただけたと思います。

最後に今回説明してきたことを踏まえて、おすすめの格安中古車をタイプ別に紹介します。

おすすめの格安中古車をタイプ別に紹介

おすすめの格安中古車をタイプ別に紹介

車種(ボディタイプ)によって安く手に入りやすいおすすめの車が存在します。

今回は、「とくに需要の多い4つのタイプ」と「とにかく安く中古車を手に入れたい人」それぞれに向けて解説していきます。

  • 安さ優先で選びたい人
  • ミニバン
  • 軽自動車
  • ハッチバック
  • SUV

安さ優先で中古車を選ぶなら走行距離6~10万㎞がおすすめ

「安さ」で選択するのであれば、走行距離が6~10万kmの車体がおすすめです。

中古車は5万kmを超えたあたりで価格が下がる傾向があるためです。

年式に関しても、6~10年落ちで5年落ちよりも価格が下がる傾向が強いです。

ディーラー中古車であれば、12万kmオーバーでもしっかりとメンテナンスされています。

更に車両価格を下げたい方は、走行距離の上限を広げると更に安い中古車も購入対象になります。

次に人気のボディタイプ4つ(ミニバン・軽自動車・ハッチバック・SUV)から筆者が厳選した2車種ずつを紹介していきます。

ミニバン

日産 セレナ

※画像はセレナ(日産)

【おすすめ車種①セレナ】…中古車相場:129.5万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2010年
  • 走行距離:8.1万km
  • 本体価格:69.8万円(車検費込み)
  • 支払総額:89.9万円(自動車重量税、自賠責保険代含む)
  • 保証:6か月または6000kmの走行距離までの保証を本体価格に含む

日産セレナは走行性能や居住空間の快適さに優れた人気のミニバンです。

上記の車体は修復歴がなく、内装やエンジンルーム内もきれいでした。
また、走行距離と年式が先ほど説明した目安にぴったりと合致しており、経年劣化が少ないと予測できます。

セレナの性能や車の状態、金額を考えると非常にお得です。

【おすすめ車種②ステップワゴン】…中古車相場:123.2万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2010年
  • 走行距離:8.5万km
  • 本体価格:78万円
  • 支払総額:90万円(法定整備含む)
  • 保証:1年または1万kmの走行距離までの保証を本体価格に含む

ホンダのステップワゴンはセレナに並び、人気のミニバンです。

特に居住空間の快適さではミニバンの中でもトップクラスです。

上記の車体も目立つキズや汚れがなく、走行距離と年式から経年劣化の少ない車体と考えられます。

さらに車検が1年分残っているため、支払総額が安くなっています。

軽自動車

ホンダ N-BOX

※画像はN-BOX(ホンダ)

【おすすめ車種①N-BOX】…中古車相場:123.3万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2012年
  • 走行距離:7万km
  • 本体価格:69.9万円(車検代含む)
  • 支払総額:79.9万円(重量税、自賠責保険代など含む)
  • 保証:1年間で走行距離無制限の保証を支払総額に含む

ホンダのN-BOXは走行・安全性能を総合的に見て、軽自動車としては最も優れています。

「軽自動車で迷ったらこれ」とも言える車です。

上記の車体は年式と走行距離の目安通りで経年劣化の少ない車体です。

カーナビが付いていない軽自動車も多い中、この車体にはカーナビが付いていることもポイントが高いです。

【おすすめ車種②タント】…中古車相場:81.4万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2011年
  • 走行距離:7.7万km
  • 本体価格:38.7万円
  • 支払総額:46.9万円(法定整備含む)
  • 保証:1年間で走行距離は無制限の保証を本体価格に含む

ダイハツのタントは多くの安全装備が搭載されており、特に運転が苦手な人におすすめです。

上記の車体は外装内装ともにキレイで性能的な問題もありません。

ただし、この車はカーナビがオプションになっており、その場合は支払総額が57.7万円です。

それでも状態の良いタントで57.7万円はお買い得だと言えます。

ハッチバック

トヨタ プリウス

※画像はプリウス(トヨタ)

【おすすめの車種①プリウス】…中古車相場:129.8万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2010年
  • 走行距離:7.4万km
  • 本体価格:79万円(車検代含む)
  • 支払総額:92万円(重量税、自賠責保険代など含む)
  • 保証:1年間で走行距離無制限の保証を支払総額に含む

トヨタのプリウスは人気の高いハイブリッドカーです。

燃費が良く、車内の騒音に対する防音性や安全装備、走行性能にも優れた車です。

上記の車体は走行距離と年式のバランスが良く保証も充実しています。

もちろん、現在の新車よりも燃費は少し落ちてはいますが、それでも十分な走りをしてくれる車だと予測できます。

【おすすめの車種②フィットハイブリッド】…中古車相場:69.8万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2011年
  • 走行距離:6.5万km
  • 本体価格:50万円(車検代含む)
  • 支払総額:63.7万円(重量税、自賠責保険代など含む)
  • 保証:6か月で走行距離5000kmまでの保証を支払総額に含む

ホンダのフィットハイブリッドは軽自動車並みの小回りが利くコンパクトカーであると同時に、燃費性能や操舵性に優れたハイブリッドカーです。

上記の車体はそこまで古くなく、走行距離も目安通りです。

カーナビなどの最低限の装備や保証も付いており、お買い得な車となっています。

SUV

トヨタ ハリアー

※画像はハリアー(トヨタ)

【おすすめの車種①ハリアー】…中古車相場:245.1万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2009年
  • 走行距離:9.4万km
  • 本体価格:76.0万円
  • 支払総額:94.9万円(法定整備含む)
  • 保証:1年間の保証を支払総額に含む

トヨタのハリアーは走破・走行・安全・燃費の全てで性能が高いですが、新車価格は約300万円~と高額です。

しかし上記の車体は2代目モデル(現行は3代目)のため非常に安く、車検も1年半ほど残っています。

現行モデルではなくとも、車内外のラグジュアリー感があり、性能も高いので非常におすすめです。

【おすすめの車種②エクストレイル】…中古車相場:171.3万円

<筆者が見つけた車体>

  • 年式:2009年
  • 走行距離:8.8万km
  • 本体価格:63.5万円(車検代含む)
  • 支払総額:83.5万円(重量税、自賠責保険代など含む)
  • 保証:1年間または約1.2万km(メーター走行距離が10万kmまで)の保証を支払総額に含む

日産のエクストレイルもSUVとして非常に人気です。

高い走破性と走行性能を持っているのでアウトドアなどをする人におすすめです。

上記の車体は車内外のキズや汚れも目立つものがなく保証がしっかりしています。

高性能で状態が良い車種で支払総額が83.5万円なのでとてもお買い得です。

安い中古車選びは車の状態を知ることが大切!

以上、中古車選びのポイントや注意点、おすすめの中古車選びの基準について解説してきました。

修復歴や水没車などを避け、車体の状態を正確に見極めることが大切です。

また、本体価格以外にも費用がかかるので、その費用を本体価格に足した金額を予算として考えるようにしましょう。

格安で良質な中古車を探す場合、6~10年落ち、6万~10万km以内の車体を探しましょう。

おすすめの格安中古車をタイプ別に紹介」の章で説明した車種は、どれも高性能でおすすめです。

これらの要点を押さえておけば、安くて優良な中古車が格段に探しやすくなります。

これから中古車を探す際に粗悪な中古車を避け、より良い中古車をお得に購入できるよう願っています。

格安の中古車を検索