remobii

きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

中古車売買の必要書類を徹底解説!取得方法や費用もわかりやすく説明

「中古車購入にはどんな手続きをするの?」
「契約にはどんな書類が必要になる?」

など中古車の売買についての不安や疑問をあなたも持っているのではないでしょうか。

中古車販売店の人がもちろん教えてくれますが、言われてから書類を用意するのでは対応が遅れる納車日も先延ばしになってしまいます。

あなた自身がどんな書類が必要で、どんな手続きをおこなうのか理解できていれば、それだけ事前に準備ができます。

結果として、納車日を早めることにもつながるのです。

これは「売却」の場合も同じです。

あなたの準備ができていれば、それだけ買取業者もスムーズに動いてくれるはずです。

この記事では、スムーズな手続きをおこなうために必要な「必要書類」に注目し、あなたが迷わず事前準備をおこなえるよう解説していきます。

この記事でわかること

最後には必要書類には何があって、どう手配すれば良いのかがはっきりするでしょう。

中古車購入の流れと必要書類を確認

まずは中古車購入のおおまかな流れを確認しましょう。

中古車の購入を決めてから納車までの流れは以下のようになります。

納車までの流れ

  1. 購入する車の決定
  2. 販売店との契約・商談
  3. 手続き
  4. 納車

今回はこの流れのなかでも、「手続き」についてくわしく解説しています。

契約日当日必要なもの

契約日に行う手続きでは、さまざまな書類にサインをすることになります。

基本的には、以下のものを用意しておきましょう。

中古車購入時に用意しておくもの

  • 実印
  • 印鑑証明
  • 代金(頭金の一部など)

実印は印鑑登録をしているものを用意し、あわせて印鑑証明も用意してください。

また、購入する中古車によっては契約手続きの際に頭金が必要になるケースもあるので、必要に応じて準備しておくようにしましょう。

ちなみに、手続きに必要な書類は中古車販売店に委任状を預けることで手配を代行してもらうことも可能です。

一方で販売店と交渉し、自分で手配すれば中古車購入費用のうち「代行費」を節約することもできます。

費用を浮かせるという意味では、可能な限り自分で手配するのが良いでしょう。

とはいえ、「手続きを行う時間がない」という場合や「複雑な手続きが必要な書類」に関しては代行してもらう、というのもひとつの選択肢です。

こうした代行費を節約することで「諸経費」を抑える方法についてはこちらの記事で解説しています。

[関連記事]中古車の諸費用っていくら?わかりにくい内訳・相場と節約方法を解説のサムネイル
中古車の諸費用っていくら?わかりにくい内訳・相場と節約方法を解説
中古車の見積もりしたら、「思った以上に総支払額がかさんでしまった!」という経験があなたにもあるのではないでしょうか。「中古車を少しでも安く買いたい!」というあなたに向けて諸費用を上手く節約する方法を紹介します。

簡単な流れと必要なものが理解できたところで、続いては必要な書類について解説します。

手続きに必要な書類一覧

中古車販売店で普通自動車の購入手続きをする際、主に必要になる書類としては、以下のようなものが挙げられます。

中古車(普通車)の購入に必要な書類

それぞれについて簡単に説明します。

くわしい取得方法については後半で解説していきます。

車庫証明

車庫証明とは正式には「自動車保管場所証明書」といい、車の保管場所を証明する書類です。

「この車の駐車場はここです」ということを証明する書類だと考えてください。

保管場所を持っていない状況で車を購入することがないように、購入時の車庫証明の用意は新種・中古車問わず必要になります。

車庫証明は保管場所のある地域を管轄している警察署で申請することになりますが、販売店に依頼することも可能です。

くわしい取得方法を見る

自賠責保険の証明書

自賠責保険は車を運転する際に加入が義務付けられています。

もちろん中古車を購入する際でも同じです。

中古車を購入する際の自賠責保険の名義は販売店など前の被保険者のものとなっているため、変更する必要があります。

このときに自賠責保険の証明書が必要になります。

こちらは、販売店で用意してくれることがほとんどです。

くわしい取得方法を見る

車検証

車検証は、車の身分を証明するものであり、人でいうところの戸籍謄本のようなものです。

購入する人が用意する書類ではなく販売店に保管されている書類です。

購入後は常時車内に携帯することになります。

車検証は任意保険に加入する際に必要となるため、納車後は車検証の使用者欄の名前が間違っていないか確認するようにしましょう。

委任状

委任状は、各種手続きを代行してもらうことを委任したことを証明する際に用いる書類です。

車を購入する際にはさまざまな登録作業があり複雑なので、販売店に代行してもらうのが一般的です。

そのときに委任状を使用します。

こちらの書類も販売店が用意してくれるため、購入者は書類にサインなどを行います。

以上が中古の普通自動車を購入する際に必要になる書類です。

続いては、中古の軽自動車を購入する際に必要になる書類を紹介します。

中古・軽自動車の購入で必要な書類

中古の軽自動車を購入する場合、以下のような書類が必要になります。

普通自動車を購入するときと若干の違いがあるため注意が必要です。

中古・軽自動車の購入に必要な書類

普通自動車を購入するときと同じなのは、「自賠責保険の証明書」、「車検証」、「委任状」です。

これらは普通自動車であっても軽自動車であっても、同じ理由で必要になります。

違っているのは住民票と印鑑です。

軽自動車と普通自動車は登録先が違う

2つの違いを簡単にいうと、普通自動車と軽自動車とでは車の登録先が異なるということです。

登録先はそれぞれ、

  • 普通自動車…国土交通省の陸運局
  • 軽自動車…軽自動車検査協会

となっています。

登録先が違うので手続きも異なり、必要な書類も違うのです。

軽自動車は車庫証明がいらない

普通自動車では必要だった車庫証明は、基本的に軽自動車では不要です。

軽自動車の場合、保管場所を管轄する警察署に提出するのは車庫証明ではなく「保管場所届出」という書類です。

こちらの書類はナンバー取得後に提出すればいいため、購入時では不要となります。

ちなみに軽自動車でも地域によっては車庫証明が必要なケースもあります。

そのため、軽自動車の購入にあたっては、必ず車庫証明の要否を最寄りの警察署に確認するようにしてください。

ここでは、中古の軽自動車を購入する際に必要な書類を紹介しました。

続いては、中古車を売却する際の流れと必要な書類について解説します。

中古車売却の流れと必要書類を確認

続いては中古車を売却する際に必要となる書類にどんなものがあるのかを解説します。

まずは中古車売却のおおまかな流れを確認しておきましょう。

中古車の売却を行う際の流れは以下のようになります。

中古車売却の流れ

  1. 売りたい車の見積もりを各中古車販売店、買取店から取る
  2. 販売店との商談
  3. 各社を比較して最終的な売却先を決定する
  4. 契約手続き
  5. 車両の引き渡し
  6. 入金確認

手続きを行う当日には多くの書類へのサイン、捺印が必要になります。

そのため契約日当日は以下のものを用意しておいたほうがいいでしょう。

契約当日の持ち物

  • 実印
  • 印鑑証明

それでは、続いて手続きに必要な書類については紹介していきます。

手続きに必要な書類一覧

まずは、普通自動車を売却する場合です。必要な書類は以下のようになります。

普通車を売却時に必要な書類

  • 自賠責保険の証明書
  • 車検証
  • リサイクル券
  • 自動車納税証明書

中古車を購入する際と自賠責保険の証明書、車検証が必要なのは同じです。

購入時と異なるのは「リサイクル券」と「自動車納税証明書」が必要になる点、車庫証明が不要になる点です。

「リサイクル券」とは、車を廃車にする際に必要な費用(リサイクル料)を支払うことでもらえる証明書のことです。

ただ、売却の場合、廃車にするわけではないのでリサイクル料を使うことはなく、リサイクル料が返ってきます。

リサイクル券はリサイクル料返金のために必要となるのです。

リサイクル料は買取価格に含まれているのが一般的ですが、別途支払われることもあります。

くわしくは各買取店に確認するようにしましょう。

「自動車税納税証明書」は名義変更や車検を受ける際に必要な書類であり、売却時に買取店に渡さなければいけません。

もし自動車税が未納の場合は売却できないため、滞納することのないようにしましょう。

中古・軽自動車の売却で必要な書類

続いては軽自動車を売却する際に必要な書類です。

必要になる書類は以下のようになっています。

軽自動車の売却時に必要な書類

  • 自賠責保険の証明書
  • 車検証
  • リサイクル券
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑

上記を見てもわかるように、基本的には普通自動車と同じです。

普通自動車の場合は自動車税が必要になり、その証明をするのは自動車納税証明書です。

一方で軽自動車の場合は軽自動車税が必要になるため、証明書も軽自動車納税証明書になります。

ただ、どちらも書類としての意味合いに違いはありません。

また、「購入する場合」との違いは住民票が不要な点です。

購入して新たに所有する場合は登録などで必要となりますが、売却時は新規で登録を行うわけではないので不要です。

ただし軽自動車を購入した後に引っ越していて、現住所と車検証の住所が異なる場合は必要になります。

ここでは、普通自動車、軽自動車の売却の流れと必要な書類について解説しました。

続いては、購入、売却時に必要になる書類の入手方法について解説します。

各書類の手続き方法

ここからは中古車の購入、売却に必要となる書類の入手方法および、入手にかかる費用について解説していきます。

それでは、1つずつ確認していきましょう。

(1)印鑑証明

印鑑証明は、住民登録がある自治体の役所の窓口で請求できます。

申請にあたって必要なのは以下のようなものです。

申請に必要なもの

  • 印鑑登録証、印鑑登録カードのいずれか
  • 本人確認書類

印鑑登録証は以下のようなものです。

印鑑登録証の見本イメージ画像引用:埼玉県鴻巣市「印鑑登録証明書見本」


なお、窓口に備え付けられている「印鑑登録証明書交付申請書」に名前、生年月日、住所、電話番号、印鑑登録番号、必要な数などを記入し、あわせて提出しなければいけません。

手数料は自治体によって違いがありますが、いずれも数百円程度となっています。

各自治体で必要となる書類を揃えていれば、即日で発行してもらうことも可能です。

(2)車庫証明

車庫証明の取得は、車の保管場所があるエリアを管轄している警察署で行います。

申請に必要な書類は以下の通りです。

車庫証明申請に必要な書類

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 土地の使用に関する権利関係を証する書面
  • 所在図・配置図

用意する書類が多いので、一つずつ解説していきます。

自動車保管場所証明申請書

車庫証明の見本イメージ画像引用:三井ダイレクト損保「車庫証明の必要書類・書き方」

こちらの申請書は警察署や警察のホームページで書式を入手できます。

自動車保管場所証明申請書には以下の内容を記入する必要があります。

自動車保管場所証明申請書の記入内容

  • 車名(車種ではなくメーカー名)
  • 型式・車台番号
  • 自動車の大きさ
  • 住所(法人の場合は事業所の住所)
  • 自動車の保管場所の住所・車庫番号

なお車台番号はボンネットの中など、外からは見えない場所に刻印されている番号です。

車検証にも書かれていますので、確認のうえ、間違いのないよう記入しましょう。

買い替えの場合は前の車の保管場所標章番号を記入すれば、所在図の添付が必要なくなります。

土地の使用に関する権利関係を証する書面

権利関係を証する書面は、車庫を借りているか、自分で所有しているかで必要になる書類が若干異なります。

必要な書類 車庫を借りている場合 車庫を所有している場合
自動車保管場所証明申請書 マル(対応中・使用可能をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
保管場所の配置図・所在図 マル(対応中・使用可能をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
保管場所使用権原疎明書面(自認書) バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
保管場所使用承諾証明書 マル(対応中・使用可能をあらわす記号) バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
保管場所標章交付申請書 マル(対応中・使用可能をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
使用者の住所確認書類
(免許証、公共料金支払いの領収書など)
マル(対応中・使用可能をあらわす記号) マル(対応中・使用可能をあらわす記号)

借りている場合は「保管場所使用承諾証明書」が必要です。

こちらは、駐車場を借りている不動産会社や管理会社から発行してもらうことができます。

一方で、自分で所有している場合は「保管場所使用権原疎明書面(自認書)」が必要となります。

こちらは警察のホームページからダウンロードできます。
⇒例:愛知県警察「保管場所(車庫)証明の申請・届出手続き」

所在図・配置図

所在図とは、家と駐車場の距離を図にしたものです。

こちらは位置関係や距離がわかればいいため、しっかりと作り込む必要はなく手書きでも構いません。

配置図は、車が止まるスペースがちゃんとあることを証明する図です。

配置図は警察署の窓口、もしくは警察のホームページで入手することができます。

配置図には、駐車場の出入り口の大きさや駐車スペースの大きさ、駐車場が面している道路の幅の記入も必要になります。

所在図・配置図の記入例は以下のとおりです。

自動車保管場所証明 所在図・配置図の記入例画像引用:愛知県警察「2自動車の保管場所証明の申請方法|所在図及び配置図記載例」

申請すると以下のものが交付されます。

  • 保管場所標章番号通知書
  • 保管場所標章
  • 車庫証明書

手数料は地域によっては違いがありますが、だいたい2,000円前後。

交付までは申請からだいたい1週間はかかるほか、警察の窓口の時間もあるので、余裕を持って準備するようにしましょう。

なお、標章交付にあたっては手数料として500円が必要になります。

住民票

住民票は市区町村の窓口での申請、郵送での申請、電子申請、コンビニ交付が可能です。

基本的には住民票のある市区町村で申請を行いますが、住所地以外の市区町村でも取得可能です(広域交付)。

一般的に申請時に必要なものとしては、以下のようなものが挙げられます。

住民票の交付申請に必要な書類

  • 所定の交付申請書
  • 本人確認書類
  • 郵便局の定額小為替や返信用封筒(郵送申請の場合)

これらはあくまでも一般的なものであり詳細は各自治体によって異なるため、詳細は各自治体のホームページなどを確認するようにしてください。

また交付申請書は、各自治体の窓口やホームページから入手することができますが、記入内容は自治体によって異なります。

名前、住所、住民票の種類、必要数などを記入するのはどこの自治体も同じです。

料金も自治体によって異なりますが、300円や150円といった金額が一般的です。

住民票は即日での発行が可能で、早ければ申請から5分ほどで入手できます。

委任状

登録時の手続きを代行してもらう際に必要な委任状は、基本的に中古車販売店、買取店が用意します。

必要に応じて店舗に連絡し作成を依頼するようにしましょう。

依頼しておけば店舗を訪れる際には用意されています。

なお委任状に関しては、手数料として支払い時に含まれているのが一般的なので、別途費用は不要です。

自賠責保険の証明書

自賠責保険証は加入時に証明書が発行されますが、万が一紛失した時でも、加入している保険会社の窓口や代理店などで手続きをすることで発行することができます。

三井住友海上 自賠責保険証明書画像引用:三井住友海上「自賠責保険証明書について|自賠責保険証明書」

再発行時に必要となるのは以下のようなものです。

再発行申請時に用意するもの

  • 印鑑
  • 本人確認書類

詳細は加入している保険会社に問い合わせるようにしてください。

申請にあたっては申請書への記入が必要です。

記入内容は各保険会社によって異なりますが、名前、住所、車台番号などを記入するのが一般的です。

自賠責保険の証明書は基本的に無料で再発行してもらえます。

しかし発行までには1〜2週間がかかるケースもあるので、申請には余裕を持つようにしてください。

自動車納税証明書/軽自動車納税証明書

自動車納税証明書/軽自動車納税証明書は、都道府県の税事務所、陸運局、自動車税管理事務所で発行することができます。

申請時に必要なものは以下のとおりです。

自動車納税証明書/軽自動車納税証明書の申請時に用意するもの

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • 委任状(代理人が申請する場合)

申請にあたっては、窓口にある申請書類に必要事項を入力します。

この時名前、住所のほか「車台番号」と「自動車登録番号(ナンバープレート)」が必要になるので、メモに残しておくなどしましょう。

ちなみに自動車税、軽自動車税の納付直後だと、納税が反映されていない可能性があります。

その場合は領収印のついた領収証書を用意するようにしましょう。

手数料は無料、即日発行してもらえます。

リサイクル券

リサイクル券は車を購入した際に販売店から発行されます。

売却時まで保管できていればそれを持参するようにしましょう。

リサイクル券の見本はこちら。

環境省「リサイクル券の見本」画像引用:環境省「リサイクル券の見本」

万が一、紛失してしまった場合は再発行できません。

ただし「自動車リサイクルシステム」という自動車ユーザーなどの情報を扱うシステムで、リサイクル料金を確認することができます。

このシステム内で「自動車リサイクル料金の預託状況」という画面をリサイクル券の代わりとして使用してください。

インターネット経由で確認できるため、その日のうちにアクセスすることができます。

まとめ

今回は中古車を売買する際に必要な書類について、普通自動車、軽自動車別に紹介してきました。

同じ自動車でも普通自動車と軽自動車とでは必要になる書類に若干の違いが見られます。

また購入のみで必要な書類、売却のみで必要な書類もありました。

いずれにしても揃える書類は少なくないため、取得に時間がかかる可能性もあります。

中古車を売買する日時が決まっているのであれば、書類の準備は余裕を持って行うようにしましょう。

必要書類について理解できれば、あとは目当ての中古車を見つけるだけです。(売却の場合は買い取り業者へ連絡)

安くて状態の良い中古車選びのポイントが知りたい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

[関連記事]安い中古車には理由がある!掘り出し物を見極めるポイント5つを解説のサムネイル
安い中古車には理由がある!掘り出し物を見極めるポイント5つを解説
中古車を選ぶ一番の理由はもちろん「安い」ということですよね。しかし、安すぎるものを選ぶと状態の悪いものを買ってしまう恐れもあります。本記事では前半に、安い中古車でチェックすべき上記のポイントについて解説し、車体の本体価格以外にかかる経費も紹介します。記事後半では、格安中古車選びのコツとボディタイプ別におすすめの車種について解説していきます。