remobii

きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

残価設定型クレジットは本当にお得?メリット・デメリットを徹底解説

残価設定ローン

車の購入を検討するとき、おすすめされる残価設定クレジット(残クレ)ですが、普通のマイカーローンと違い「お得なのか?」「お得じゃないのか?」と判断しづらいところがあります。

結論として、残価設定クレジットは一般的な自動車ローンと比べると、一ヶ月ごとで見れば月々の支払いは安いですが、残価にも金利がかかるため総支払額は高くなる傾向にあります。

では、どんな人が残価設定クレジットに向いているのでしょうか。

今回の記事では、残価設定クレジットを利用するべきではない人と、リスクを承知のうえで上手に残価設定クレジットを使う方法を紹介していきます。

残価設定クレジットについて詳しい内容がわかるようになっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

「残価設定型ローン」についてわかりやすく解説

残価設定の「残価」とは、数年後にその車を下取りした時の価値のことで、「残価設定クレジット」では車両本体価格の一部を残価として据え置きしておいて、残りの金額を分割で支払っていきます。

一般的な自動車ローンは、頭金などを除いた全ての金額でローンを組みます。

あらかじめ残価を差し引いた価格でローンを組む残価設定クレジットより、毎月の返済額は多くなってしまいます。

誤認されることが多いのですが、残価設定クレジットは車の総額から残価分を引いた金額だけローンおよび金利を払うのではなく、残価分の金利も含めて毎月支払います。

契約期間を超えて乗り続けることを希望する場合、一般的な自動車ローンより総額が高くなる傾向にあります。

契約期間が終了したときは、以下の3つから選択することができます。

  • 新しい車への買い替え(車の下取りが前提)
  • 車両を返却する
  • 残価を一括または分割で清算(継続してその車に乗る)

返済後にどれを選択するかによって車の乗り方が変わってくるので、ローンを組む段階で決めておくことをおすすめします。

残価設定クレジットを簡単に説明しましたが、次に残価設定クレジットの気になるメリットを説明します。

残価設定クレジットをうまく使えばお得なカーライフを送れる

残価設定クレジットのメリットは、以下のとおりです。

  • 月々の支払額の安さは魅力
  • 3~5年で車を乗り替えたいときに便利
  • 「必要な車」が変わるときに役立つ
  • 残価が保証されている
  • 頭金やボーナス月の支払いが要らない

それでは、詳しくみていきましょう。

月々の支払額の安さは魅力

月々の支払額の安さは、残価設定クレジットの大きな魅力です。

残価設定クレジットは、車両価格の一部を残価として据え置けるので、月々の支払い額を安くできます。

月々の支払い額が安ければ、車に支払う月々の費用を抑えることができますし、一括払いや一般的な自動車ローンでは厳しかった高い車も残価設定クレジットを使えば、手が届くようになるかもしれません。

総支払額よりも月々の出費を抑えたいという方は、残価設定クレジットの利用を検討するのも良いでしょう。

3~5年で車を乗り替えたいときに便利

残価設定クレジットは、3~5年で車を乗り替えたいときに便利です。

常に新しい車に乗り替えたいという人、早いサイクルで車は乗り替えたいという人には残価設定クレジットが向いています。

新しい車に乗りたい人にとって、月々の支払いを抑えつつ、残価分の支払いを節約して新しい車に乗れることは大きなメリットだからです。

新車であれば最初の車検をむかえる前に返却して次の車に乗れるので、車検費用の節約にもなります。

保証期間の3~5年を過ぎた車は、故障によって修理代が増えることもあります。

しかし新車であれば故障のリスクは低く、部品摩耗程度であれば修理費用も節約できます。

常に新しい車に乗り継ぎたい方は、残価設定クレジットが向いています。

「必要な車」が変わるときに役立つ

残価設定クレジットには、必要な車が変わるときに役立つというメリットもあります。

必要な車が変わるときというのは、以下のように生活のスタイルや環境が変化したときのことです。

  • 家族が増える可能性がある
  • 転勤の可能性があって、必要な車が変わるかもしれない
  • 子供が成長して大きな車では持て余してしまう

要は「今は車が必要だけど、買ってもすぐに買い替える可能性がある人」のことです。

すぐに買い替える可能性がある人にとっては、ローンを払い終えるまでの期間が長く月々の支払額が高い一般的な自動車ローンより、残価設定クレジットの方が便利です。

残価設定クレジットは、支払い期間が短いうえに月々の負担も少ないため、新しい車に買い替えやすいのです。

ライフスタイルに合わせて車を買い替える可能性がある方は、残価設定クレジットが向いています。

残価が保証されている

残価が保証されている点も、残価設定クレジットのメリットのひとつです。

通常の下取りの場合、不人気車種でしかも新しいモデルが登場すると下取り価格が大幅に下がってしまいます。

しかし残価設定クレジットの場合は最初に決めた残価が保証されているので、最終の支払い時に大きな損傷や事故がなければ、決められた額で下取りしてくれます。

市場価格の変動を気にする必要がないことは、残価設定クレジットの大きな魅力といえるでしょう。

不人気モデルの購入を検討している方にも、残価設定クレジットの利用はお得になることがあります。

頭金やボーナス月の支払いが要らない

残価設定クレジットには、頭金やボーナス付きの支払いが要らないこともメリットです。

一括購入や一般的な自動車ローンの場合は頭金やボーナス月の支払いをするか選択することができて、月々の支払いとは別に支払いが発生してしまいます。

しかし残価設定型自動車ローンには、頭金もボーナス払いを選択することができません。

予算が少なくても、車がすぐに必要な方やあまり貯金に手をつけたくない方、ボーナスが無い方などは、毎月同じ金額の支払いだけで済むので残価設定クレジットが便利です。

まとまったお金を用意できない方には、残価設定型自動車ローンが使いやすいといえます。

以上がメリットですが、デメリットや注意点は何があるかも知っておくと、より残価設定クレジットを組むか判断しやすくなります。

残価設定クレジットの注意点

残価設定クレジットの注意点は、以下のとおりです。

  • 支払総額が一般的なマイカーローンより増える傾向がある
  • 予期せぬ事故で、返却するつもりだった車を買い取るリスクがある
  • 人気車種は値下りしにくいので、返却時に残価より高価の場合も

それでは、これから順に確認していきましょう。

支払い総額が一般的なローンより増える傾向がある

残価設定クレジットは、契約期間を延長し最後まで乗り続ける場合、支払額が一般的な自動車ローンより増えてしまう傾向にあることがデメリットです。

残価を据え置いた残価設定クレジットは月々の支払額が安いという特徴がありますが、据え置いた残価に対しても金利がかかってくるので、総支払額は高くなってしまう傾向にあります。

諸費用込みで200万円の車を3年間、年3.9%の金利で支払っていく場合の月々の支払いは以下のとおりです。

なお、残価設定クレジットの残価は50%とします。

月々の支払い 総支払額
残価設定型自動車ローン 33,611円 2,176,835円
一般的な自動車ローン 58,959円 2,122,524円

残価設定クレジットの方が月々の支払いは安いですが、総支払額では一般的な自動車ローンを上回っています。

月々の支払いよりも総支払額をおさえたいという方には、残価設定クレジットはおすすめできません。

予期せぬ事故で、返却するつもりだった車を買い取るリスクがある

万が一の事故で返却予定だった車を買い取らなければならないというリスクがあることも、残価設定クレジットのデメリットといえます。

事故により車が破損してしまうと、残価から実際の下取り額を差し引いた差損分を支払う必要があり、全損になってしまえば車両を買い取りになる可能性もあります。

最悪の場合、車は解体されているのに残債整理ができずに支払いだけが残るというケースもあるようです。

相手のいる交通事故であれば自賠責保険によって補償されますが、単独・自損事故では適用されません。

車両保険に加入していれば、単独・自損事故であっても補償されます。残価設定クレジットとあわせて車両保険の加入を勧めてくるお店もあります。

毎月の支払い額は増えてしまいますが、残価設定クレジットでは車両保険の加入は必須です!

車両保険に加入したくないという方や運転に自信のない方には、残価設定クレジットではなく一般的な自動車ローンを利用した方がいいでしょう。

人気車種は値下がりしにくいので、返却時に残価より高値の場合も

人気車種は値下りしにくく返却時に残価より高くなる場合もあることも、残価設定クレジットのデメリットです。

ただし、「買い取り」「返却」によって許容できる損か変わってくると思いますので、デメリットというより覚えておくと良いといった程度です。

実際の下取り額が残価を上回った場合は、ユーザーに差額が戻ってきます。

しかし、その場合はディーラーではなく一般的な中古車店に売った方が高く売れる可能性があるということです。

残価を元のディーラーに全額支払って一旦買い取ってから、車体そのものは他の中古車販売店に売って差額を利益にすることも可能です。

しかしその方法は手間がかかりますし、残価を一括で支払える余裕があることが前提となってしまいます。

また、中古車の市場価格についての情報を、常日頃から集めている人でなければ難しいといえます。

人気車の売却に下取りよりも買取を利用したいという方や買取時にまとまった現金を用意できない方は、残価設定クレジットを利用する前にしっかりと検討しておくことが重要です。

これまでは、残価設定クレジットのデメリットを中心にお話してきました。次に残価設定クレジットが向いているおすすめの人を解説していきます。

残価設定クレジットが向いている人

残価設定クレジットに向いているのは、以下のような人です。

    • 車が必要な期間が決まっている
    • 短いスパンで新車に乗り替えたい人
    • 特定のメーカーのファン

それでは、下記から詳しく見ていきましょう。

車が必要な期間が決まっている人

車が必要な期間が決まっている人は、残価設定クレジットに向いています。

必要な期間が決まっている人とは、遠方の大学に通う4年間だけ車が必要な人や、単身赴任の期間だけ車が必要な人(本宅にすでにマイカーを所有しているが家族が使うからといった理由により持ってこられない)などです。

向いている理由は、最終の支払いの選択肢が豊富だからです。

単身赴任の人を例にすれば、赴任期間が3年間なら3年の残価設定クレジットで購入することができます。

また、単身赴任期間の延長で引き続き車が必要になったとしても、新しい車に乗り替えられます。単身赴任期間後に本宅のマイカーを売ってそのまま乗り続けることも可能です。

長く乗り続けることが決まっている人は一般的な自動車ローン、乗る期間が決まっている人は残価設定クレジットを利用すると良いでしょう。

短いスパンで新車に乗り替えたい人

次々と新車や最新モデルに乗りたい人も、残価設定クレジットの利用が向いています。

残価の据え置きによって月々の支払いを節約しつつ、新しいモデルに数年ごとに買い替えることができるからです。

もちろん、前述したようにきちんと計画を立てて支払っていける人が前提です。

例えば残価設定クレジットで車を購入して、3年後に下取りに出して再び新しい車を購入していくということを繰り返せば、車検を受けることなく月々同じ金額で新車に乗り続けることができるのです。

残価設定クレジットは、新車好きにはお得なローンであるといえます。

特定のメーカーのファン

特定のメーカーのファンという方にも、残価設定型クレジットが向いているといえるでしょう。

残価設定型クレジットンはディーラーが促進販売向けに提唱しているローン(残クレはクレジット会社)なので、車を返却したあとに再び同じメーカーの車を同じローンで購入する際の手続きはスムーズです。

別のメーカー車への買い替えや銀行・クレジット会社のローンの利用は、違う会社を介する必要があるので、どうしても手続きが面倒であったり手間が増えたりしてしまいます。

しかし残価設定型クレジットであれば、ローンの手続きだけではなく買い替えの際の手続きも全て一本化できるので、ほとんどを担当者に任せられます。

同じメーカーの車に買い替えているという方にも、残価設定型クレジットの利用が便利です。

ここまでは、残価設定自動車ローンに向いている人についてお話してきましたが、ここからは残価設定型クレジットがおすすめではない人も紹介していきます。

残価設定型クレジットがおすすめではない人

残価設定型クレジットを利用するべきでないタイプは、以下のような人です。

  • クレジットカード分割払いで失敗経験がある人
  • 家族に運転が苦手な人がいる
  • 長距離を運転する人
  • 車の改造をしたい人

いずれかに当てはまるのであれば、時間を無駄にしないためにも続きを読まれない方が良いかもしれません。

それでは、どんな人が残価設定型クレジットに向いていないのかを詳しくみていきましょう。

クレジットカード分割払いで失敗経験がある人

クレジットカードの分割払いで失敗したことのある人は、残価設定型クレジットはやめておくべきです。

残価設定型クレジットだけではなく普通のローンにもいえることですが、クレジットカードの分割払いやリボルビング払いを利用した際に、計画的にきちんと完済できないタイプの人はローンを組まない方が良いでしょう。

ローンを利用する際に、よくある話は以下のとおりです。

  • 予想していた金額より高くて驚いてしまう
  • 支払いが滞ったことがある
  • 支払い終了期間を把握しておらず、いつまでに支払うのかわからない

愛車のローンの残債を、買い替え予定の新車購入のために組むローンの元金に上乗せして返済を続けることを「借り換え」といいます。これを繰り返すことによって、自己破産に至るケースもあります。

残価設定型クレジットはそれなりにリスクのある支払い方法であるため、クレジットカード分割払いで失敗経験がある人は利用しない方が良いでしょう。

家族に運転が苦手な人がいる

家族に運転が苦手な人がいる場合も、残価設定型クレジットはやめておいた方が良いでしょう。

残価設定型クレジットは下取り額が保証されるというメリットはありますが、同時に問題もあります。

1章で前述した返済期間後の3つの選択肢のうち、1つめの「新しい車への買い替え」と2つめの「車両を返却する」を選択した場合、乗っていた車両を販売店に返却する必要があります。

返却の際は車を購入した店舗で、内外装に大きな損傷がないかなどのチェックを受けます。

通常の使用によるものであれば問題ありませんが、大きなキズや汚れがあれば下取り額が下がってしまいます。

残価を実際の下取り額が下回った場合、その差額をユーザーが負担しなければならないのです。

最も恐ろしいのは事故を起こしてしまった場合で、その時点で契約は終了で即時一括で返済する必要があります。

自分以外で事故のリスクがある人と車を共有する場合は、残価設定型クレジットを利用しない方が無難です。

長距離を運転する人

長距離を運転する人も、残価設定型クレジットは向きません。

残価設定型クレジットは、規定の走行距離を超えると差損分を支払わなければなりません。

日産を例にすると、契約時に「1,000km/月 コース」と「1,500kmコース」があり、支払期間によって異なる免責基準と清算可能上限が設定されています。

契約走行距離 清算 36回払い(3年) 48回払い(4年) 60回払い(5年)
1,000km/月コース 免責基準 36,000km 48,000km 60,000km
清算可能上限 54,000km 72,000km 90,000km
1,500km/月コース 免責基準 54,000km 72,000km 90,000km
清算可能上限 81,000km 108,000km 135,000km

※電気自動車のリーフは基準が異なります。

清算可能上限までは車両の返却が可能で、この免責基準を超えた場合は差損分を支払う必要があります。

そのため、ドライブが趣味で毎回遠くまで車を走らせる人や、毎日マイカーであちこち飛び回るような仕事の人はやめておいた方が良いでしょう。

車の改造をしたい人

車の改造をしたい人にも、残価設定型クレジットは向いていません。

残価設定型クレジットは、出始めのころは「リース型ローン」とも呼ばれていました。

実際、車両を返却することが最終支払い時の選択にあることから、リースに似ているとよくいわれています。

返却することが前提なので、改造していると差損の支払いや買い取りが発生してしまうリスクがあります。

それならば最初から一般的な自動車ローンを利用して、支払い額をおさえておいた方が良いということになります。

近年ではメーカーオプションでカスタムパーツが設定されていることもありますが、社外品を取り付けたり自分で改造したりすると減額の対象になるので注意が必要です。

愛車を自分の思い通りの仕様にしたいという人や、車のDIYが趣味という人は残価設定型クレジットを組まない方が良いでしょう。

ここまでは、残価設定型クレジットが向いていない人を述べてきましたが、中古車の残価設定型クレジットと新車の残価設定型クレジットの違いについても触れておきたいと思います。

中古車の残価設定型クレジットは新車とどう違う?

これまではほぼ新車の話が中心でしたが、最近では中古車の残価設定型クレジットが増えてきています。

中古車の残価設定型クレジットといっても、基本的には新車の残価設定型クレジットと同じですが違う部分もあります。

特に注意したいのは、「残価保証」ではなく「推定下取り額」である場合です。

残価保証は、大きなキズや汚れがなく推定走行距離を超過していない限りは、事前に取り決めた残価で買い取ってもらうことを保証してくれるものです。

しかし推定下取り額は文字通り「下取り額の推定」のことで、最終段階で改めて下取り額を査定するのです。

車の状態や走行距離などの規定を守っていても、市場価格の変動などにより査定時に価格が下がってしまうことがあります。

そして、その差額を余計に支払わないといけないといったリスクがあります。
※査定価格が上がっていればユーザーへ返金

そのため残価保証なのか推定下取り額なのかは、利用する前にきちんと確認しておくようにしましょう。

自分に合った購入パターンを利用しよう!

今回の記事では、残価設定型クレジットのメリット・デメリットとおすすめの人・おすすめではない人を紹介しました。

おいしいメリットがある一方でローンであり金利も高いので、きちんと把握したうえで利用するかを決めましょう。

残価設定型クレジットも会社やタイミングによりますが、金利の面では一般的な自動車ローンの方が割安になっているケースがほとんどです。

総支払金額、月々の支払い金額、自分のカーライフに合致しているか、事故を起こさず乗れる自信やその環境が整っているかなどを綿密に比較して利用するようにしてください。

店舗側も自分たちの利益だけではなく、ユーザーにとってメリットがあるから提示していることを理解しましょう。

残価設定型クレジットの仕組みを理解したうえで利用することで、お得なカーライフをサポートしてくれるはずです。

安心・安全の中古車を検索