remobii

きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

小さい車ならコレ!日本車から外車までおすすめ20車種を紹介

小さい 車

狭い路地や駐車場の多い日本では小さい車のほうが運転しやすく、便利な場合も少なくありません。

また運転が得意でないドライバーにも、小さな車のほうが扱いやすく感じるでしょう。

しかし、

「普通の軽自動車じゃつまらない」
「小さくてもよく走る車がいい」
「とにかく小さくてカッコいい車がほしい」

など同じ「小さい車」でも、人によってほしい車の条件は異なります。

そこで、あなたが本当に「ほしい!」と思える車が見つかるように、タイプ別におすすめの車種を紹介していきます。

この記事を通して、あなたが必要な小さい車がどれくらいの大きさなのか、どんな車種が良いのかがはっきりするでしょう。

また、車種ごとに新車価格や中古車相場も調査しているので、小さい車の相場も知ることができます。

車探しもスムーズに進められるので、ぜひ参考にしてください。

「小さい車」といっても種類はたくさん!

「小さい車」のイメージ

人によって「小さい車」には違いがあります。

理想の車を見つけるために、 カテゴリー分けできる特徴をまとめました。

今回はこのように分け、理想の小さい車を見つけていきましょう。

次の章で、上記のカテゴリーからそれぞれのおすすめの車種をご紹介します。

まず、二人乗りの小さい車についてみていきましょう。

とにかく小さくてコンパクト!2人乗りの車

ここからは「2人乗りの小さい車5選」です。

このラインナップで、それぞれの特徴と詳細をご紹介します。

ロードスター(マツダ)

マツダ ロードスター

画像引用:マツダ「グレード&スペック」

旧モデルが名車と呼ばれているためモデルチェンジに期待がされていたロードスター。

バランスが良いため面白みにかけるともいえますが、男女問わずおすすめの車種です。

1500ccとエンジンパワーを使い切ってなお良い操作感と、オープン時の開放感、先代のモデルよりマイルドな乗り心地が特徴です。

新車価格
(標準グレード)
2,494,800円〜
中古車価格 129.9万円~354万円
全長×全幅×全高(mm) 3,915×1,735×1,235
車両重量 990kg
乗車定員 2名
カタログ燃費(JC08モード) 17.2~18.8 km/L
実燃費 16.60 km/L

※実燃費:e燃費にて調査

iQ(トヨタ)

トヨタ iQ

トヨタのIQは世界的に注目されている「マイクロカー」のセグメントに分類される車です。

全長は短く、最小回転半径3.9mと世界最小レベルを実現してるため、とくにコンパクトな車を探している人におすすめします。

ヴィッツの全幅(1695mm)と同じぐらいワイドなので、前席同士で肩がくっつくような窮屈さはありません。

新車価格
(標準グレード)
1,650,000円〜
中古車価格 9.8万円~355万円
全長×全幅×全高 3,000×1,680×1,500(mm)
車両重量 950kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 21.2 km/L
実燃費 16.21km/L

※実燃費:e燃費にて調査

コペン(ダイハツ)

ダイハツ コペン

久々に登場の軽クラスオープンカーとして、当時話題になったダイハツのコペン。

熱心なファンも一定数いて、メンテナンスやカスタマイズして自分好みに仕上げている人も珍しくありません。

気に入った車をさらに手をかけて育てたい人におすすめの車種です。

先代似の可愛らしい印象と、スポーティな印象の2パターンに付け替えができるボディ構造を持つ個性的な車です。

しかしサスペンションが固いため、柔らかい乗り心地が好みの人にはおすすめできません。

新車価格
(標準グレード)
1,798,200円〜
中古車価格 100.9万円~237.6万円
全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,280
車両重量 870kg
乗車定員 2名
カタログ燃費(JC08モード) 25.2km/L
実燃費 16.97km/L

※実燃費:e燃費にて調査

S660(ホンダ)

ホンダ S660

S660(エスロクロクマル)は1996年に販売終了したビート以来、19年ぶりにホンダから発売された二人乗りのオープンカーです。

ターボ付きミッドシップエンジン、軽自動車で初の6速ミッション、7速パドルシフトといった装備がメリットです。

高速走行での走りよりも、車体の小ささや低い重心のために街中での標準的な速度帯でも十分楽しめるとの口コミが多いのが特徴です。

新車価格
(標準グレード)
1,980,000円〜
中古車価格 119.9万円~428.8万円
全長×全幅×全高 3,395×1,475×1,180(mm)
車両重量 850kg
乗車定員 2名
カタログ燃費(JC08モード) 24.2km/L
実燃費 19.04km/L

※実燃費:e燃費にて調査

カプチーノ(スズキ)

スズキ年表1990年「カプチーノ」

画像引用:スズキ「デジタルミュージアム|カプチーノ」

往年の軽スポーツカーとして有名なスズキのカプチーノ。

今もなお色あせない3通りに変更できるオープンスタイルと、本格的なスポーツカーとしての装備は唯一無二の存在です。

そのためライトユーザーからヘビーユーザーまで根強い人気を持っています。

ただ現在は販売を終了しているため、入手は中古車のみとなる点に注意しましょう。

新車価格
(標準グレード)
1,458,000円〜
中古車価格 26.5万円~450万円
全長×全幅×全高 3,295×1,395×1,185(mm)
車両重量 700kg
乗車定員 2名
カタログ燃費(JC08モード) 18.0km/L
実燃費 18.15km/L

※実燃費:e燃費にて調査

ここまでは、二人乗りで小さい車をご紹介しました。

次の章から、軽自動車の中でも車体サイズが小さい車についてご紹介します。

軽自動車の中でも車体サイズが小さい車

ここからは「軽自動車の中でも車体が小さい車5選」です。

このラインナップで、それぞれの特徴と詳細をご紹介します。

ミライース(ダイハツ)

ダイハツ ミライース

ダイハツのミライースは2017年5月のモデルチェンジによって80kgもの軽量化を実現した軽自動車です。

本体価格の安さに加え軽自動車の中でもトップクラスの燃費性能を誇るため、コストパフォーマンスを求める人におすすめです。

新車価格
(標準グレード)
874,800円〜
中古車価格 59.8万円~128万円
全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,500
車両重量 650kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 33.4km/L
実燃費 21.27km/L

※実燃費:e燃費にて調査

N-ONE(ホンダ)

ホンダ N-ONE

N-ONEは「軽自動車にプレミアムを」というテーマの元、制作されました。

大ヒットしたN-BOXに続くホンダの「N」シリーズの第3弾として、長く使っても飽きないデザインが特徴です。

新車価格
(標準グレード)
1,150,000円〜
中古車価格 24万円~179万円
全長×全幅×全高 3,395×1,475×1,610(mm)
車両重量 840kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 27.0km/L
実燃費 18.55km/L

※実燃費:e燃費にて調査

i(アイ)(三菱)

三菱 i(アイ)

三菱自動車のi(アイ)は、曲線を多く使った近未来的なデザインが個性的な軽自動車です。

同じ車体を使った電気自動車i-MiEV(アイミーヴ)もあります。

年式は少し古くなりつつある日本車ですが、人とは違った車に乗りたい人におすすめです。

新車価格
(標準グレード)
1,386,000円〜
中古車価格 4.8万円~89万円
全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,600
車両重量 900kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 18.4~18.6km/L
実燃費 13.72km/L

※実燃費:e燃費にて調査

アルト(スズキ)

スズキ アルト

軽自動車でおなじみのスズキのアルトは、先代からのフルモデルチェンジによってヘッドライトがくっきりした印象になりました。

燃費も良く、コスパの良い車を探している人におすすめです。

新車価格
(標準グレード)
847,800円〜
中古車価格 29.8万円~264.8万円
全長×全幅×全高 3,395×1,475×1,475(mm)
車両重量 610kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 27.4km/L
実燃費 24.74km/L

※実燃費:e燃費にて調査

アルトラパン(スズキ)

スズキ アルトラパン

スズキアルトラパンはとくに女性からの人気が高い車です。

お弁当箱をヒントに製作されたデザインは市街地でも可愛く見えます。

燃費もいいため、コストパフォーマンスでも優れた軽自動車といえるでしょう。

新車価格
(標準グレード)
1,077,840円〜
中古車価格 47.5万円~159.9万円
全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,525
車両重量 650kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 29.6km/L
実燃費 24.99km/L

※実燃費:e燃費にて調査

ここまでは、軽自動車の中でも車体サイズが小さい車についてご紹介しました。

次の章ではコンパクトカーの中でも車体サイズが小さい車【国産車編】についてご紹介します。

コンパクトカーの中でも車体サイズが小さい車【国産車編】

ここからは「国産コンパクトカーの中でも車体が小さい車5選」です。

このラインナップで、それぞれの特徴と詳細をご紹介します。

パッソ(トヨタ)/ブーン(ダイハツ)

トヨタ パッソ

ダイハツ ブーン

画像(上):トヨタ パッソ、(下):ダイハツ ブーン

ダイハツがOEM供給したブーンを2016年4月、トヨタ最小のコンパクトカーとして発売されたのがパッソです。

使い勝手の良さと手頃な価格で女性ユーザーを中心に人気の車です。

パッソとブーンはほぼ同じで、フロントグリル・リア・ホイールのロゴやエンブレムが違うのみ。

走行性能等にも違いはありません。

デメリットとしては、内外装で使われているプラスティック部分が安っぽく感じられる点が挙げられます。

価格設定が低めに抑えられているため仕方ないと割り切れるかどうかが判断のポイントになります。

パッソ ブーン
新車価格
(標準グレード)
1,150,200円〜
中古車価格 56万円~175.9万円 67.9万円~189万円
全長×全幅×全高 3,650×1,665×1,525(mm)
車両重量 910kg
乗車定員 5名
カタログ燃費(JC08モード) 28.0km
実燃費 18.03~18.23km/L

※実燃費:e燃費(パッソ)e燃費(ブーン)にて調査

スイフト(スズキ)

スズキ スイフト

スイフトは、世界累計販売台数600万台を達成している人気車種です。

スタイリッシュでありながら、乗る人を選ばないクセのないデザインがおすすめのポイントです。

機能的に作られた室内空間ですが、同クラスのマツダアクセラ(マツダ3)に比べてドライビングポジションで劣る点があります。

新車価格
(標準グレード)
1,343,520円〜
中古車価格 69.7万円~249万円
全長×全幅×全高(mm) 3,840×1,695×1,500
車両重量 840kg
乗車定員 5名
カタログ燃費(JC08モード) 24km/L
実燃費 19.68km/L

※実燃費:e燃費にて調査

アクア(トヨタ)

トヨタ アクア

トヨタ・アクアは小さいながらもスポーティーな外観と、スタイリッシュな内装が特徴の車です。

ハイブリッド車として有名なプリウスをベースに開発され、燃費性能の良いハッチバックとして使いやすいと人気です。

新車価格
(標準グレード)
1,690,000円〜
中古車価格 26.5万円~254.5万円
全長×全幅×全高(mm) 3,995×1,695×1,445
車両重量 1050kg
乗車定員 5名
カタログ燃費(JC08モード) 35.4km/L
実燃費 22.46km/L

※実燃費:e燃費にて調査

アクアについて、もっとくわしく知りたい人はこちらの記事も見てみてください。

[関連記事]トヨタ・アクアの選び方!新車の人気色&グレードや中古車の注意点のサムネイル
トヨタ・アクアの選び方!新車の人気色&グレードや中古車の注意点
コンパクトハイブリッドカーとして、国内外で高い評価のトヨタ・アクア。この記事ではアクアの特徴やグレードごとの違いを解説し、あなたに合ったアクアを見つけるための情報をまとめています。また中古車を探したい人のためにおすすめの探し方もお伝えします。

イグニス(スズキ)

スズキ イグニス

スズキのイグニスは、ライトクロスカントリーとして2016年2月に発売された車です。

雪道などの悪路でも対応できる4WDシステムを搭載しながら、最小回転半径4.7mと小回りが利くことからアクティブな趣味にも十分対応可能です。

また個性を感じる印象的な外装と、遊び心のある内装も特徴のひとつで、オリジナリティのある車に惹かれる人におすすめです。

ただし死角が多く荷室空間が通常258L(※)と少し手狭な点がデメリットといえます。
※258L…ゴルフバッグが1つ収納できる程度

とはいえ1人や2人でしか乗らない人であれば、後部座席を倒すことで415Lの収納が可能になり長さのある荷物も余裕を持って積むことができます。

新車価格
(標準グレード)
1,382,400円〜
中古車価格 59.9万円~188.4万円
全長×全幅×全高 3,700×1,660×1,595(mm)
車両重量 850kg
乗車定員 5名
カタログ燃費(JC08モード) 28.0~28.8km/L
実燃費 18.49km/L

※実燃費:e燃費にて調査

ソリオ(スズキ)

スズキ ソリオ

ミニバン・ワンボックスにカテゴリされるスズキのソリオはファミリー層に向けて作られた車です。

使いやすさを優先した広い室内空間は運転席からの視点も高く設定されています。

そのため、視野が広くとられ運転しやすいので女性にもおすすめの車種です。

ライバル車はトヨタ ルーミーやタンクなどトールタイプのミニバンです。

フロントグリルのデザインにクセがあるため、好みが分かれる部分があるでしょう。

新車価格
(標準グレード)
1,454,760円〜
中古車価格 69.7万円~218.7万円
全長×全幅×全高(mm) 3,710×1,625×1,745
車両重量 930kg
乗車定員 5名
カタログ燃費(JC08モード) 24.8km/L
実燃費 15km/L

※実燃費:e燃費にて調査

ここまでは、コンパクトカーの中でも車体サイズが小さい車【国産車編】についてご紹介しました。

次の章では同じく【輸入車編】についてご紹介します。

コンパクトカーの中でも車体サイズが小さい車【輸入車編】

ここからは「輸入コンパクトカーの中でも車体が小さい車5選」です。

このラインナップで、それぞれの特徴と詳細をご紹介します。

500(フィアット)

フィアット500

ルパン三世が乗っていたことでも知られるフィアット500。

クラシックな雰囲気のあるイタリア車のため華やかなボディカラーが似合い、とくに赤いボディーカラーが人気です。

内装もレトロでおしゃれなインテリアのようなデザイン・カラーは細部もこだわりたい女性におすすめ。

ただし、コンパクトであることを優先しているため、乗用車ではあるものの4人乗りである点には注意しましょう。

新車価格
(標準グレード)
2,150,000円〜
中古車価格 24.8万円~328万円
全長×全幅×全高(mm) 3,545×1,625×1,515
車両重量 1,010kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 21.8km/L
実燃費 14.77km/L

※実燃費:e燃費にて調査

トゥインゴ(ルノー)

ルノー トゥインゴのページトップ

画像引用:ルノー「トゥインゴ」

フランスの自動車メーカー、ルノーから販売されるトゥインゴ 。

おしゃれでポップな外観デザインに加え、室内はさらにポップな印象が強く「おもちゃ」のようなかわいさが魅力の車です。

先ほどの「フィアット・500」のほうが室内は上質感があるので、外観だけでなくインテリアも判断基準になるでしょう。

エンジンを後ろに積んだことにより小回りが利くようになり、きびきび走る感覚は運転を楽しめる車種といえます。

新車価格
(標準グレード)
1,890,000円〜
中古車価格 124.9万円~217.8万円
全長×全幅×全高 3,620×1,650×1,545(mm)
車両重量 1,010kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 21.7km/L
実燃費 14.53km/L

※実燃費:e燃費にて調査

ゴルフ VI(フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン ゴルフ

ゴルフは取り回しが良く、フォルクスワーゲン特有の静寂性が備わるバランスの良い車です。

インテリアもシンプルですので、性別や年齢を問わずおすすめできる車です。

新車価格
(標準グレード)
2,640,000円〜
中古車価格 29万円~275.8万円
全長×全幅×全高 4,210×1,790×1,485(mm)
車両重量 1,270kg
乗車定員 5名
カタログ燃費(JC08モード) 19km/L
実燃費 15.49km/L

※実燃費:e燃費にて調査

up!(フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン UP!

フォルクスワーゲンとして最もコンパクトな「up!」。

個性的なスタイルをしていますが静粛性や、ボディの剛性もあり室内は快適です。

エンジンパワーが小さいため、二人乗りと割り切れば荷物も詰める快適な車です。

新車価格
(標準グレード)
1,548,000円〜
中古車価格 19万円~245万円
全長×全幅×全高 3,545×1,650×1,495(mm)
車両重量 900kg
乗車定員 4名
カタログ燃費(JC08モード) 25.9km/L
実燃費 17.20km/L

※実燃費:e燃費にて調査

MINI(BMW MINI)

BMW ミニ(MINI)

唯一無二の個性的なデザインで、根強い人気の続くMINI(ミニ)シリーズ。

インテリアの高級感があり、乗った時のワクワク感が一番の魅力です。

5ドアのほうが3ドアと比べ、乗り降りなどで利便性が高いのが特徴です。

室内空間は、男性4人が乗るにはさすがに狭く感じられるので、注意が必要です。

新車価格
(標準グレード)
2,980,000円〜
中古車価格 5万円~428万円
全長×全幅×全高 4,000×1,725×1,445(mm)
車両重量 1,260kg
乗車定員 5名
カタログ燃費(JC08モード) 17.9km/L
実燃費 11.81km/L

※実燃費:e燃費にて調査

【まとめ】「どんな」小さい車がほしいのか明確に

ここまで「小さい車を探しているんだけど、探し方が分からない」という人に向けて、おすすめの車種をお伝えしてきました。

小さな車の中でも、好みを明確にすることがポイントです。

そこで次のように、カテゴリーを分けてご紹介しました。

特徴別におすすめの「小さい車」を紹介

  • 2人乗りの小さい車
  • 軽自動車の中でも車体サイズが小さい車
  • コンパクトカー(普通車)の中でも小さい車【国産車編】
  • コンパクトカー(普通車)の中でも小さい車【輸入車編】

この4つを決めることによって、どのカテゴリーを選べばいいのかがわかります。

前より車が見つかりやすくなったことと思います。

また、小さい車というよりも「運転しやすいこと」が重要だと気が付いた人はこちらの記事もおすすめです。

[関連記事]誰でも運転しやすい車とは!?失敗しない選び方とおすすめ車種を紹介のサムネイル
誰でも運転しやすい車とは!?失敗しない選び方とおすすめ車種を紹介
「車の運転は苦手!でも乗らざるをえない…」運転が苦手な人にとって、通勤時間の混んだ道を走ったり、スーパーのせまい駐車場での駐車は苦痛ですよね。今回のこの記事では、車選びで重要なポイントとおすすめの車種を紹介していきます。