きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

軽自動車は新古車がねらい目!特徴と失敗しない選び方を伝授

軽自動車 新古車

近年の軽自動車はその性能のよさから、新車価格が「普通車と変わらない、もしくはそれ以上」となり驚く人も少なくありません。

しかし、扱いやすい手ごろなサイズと維持費の安さはやはり魅力。

そこでおすすめなのが軽自動車の「新古車」を購入するという選択肢です。

新古車とは「新車を一度登録(届出)しただけの未使用車」のこと。

一度登録しているため厳密には中古車ですが、じつはいくつものメリットがあります。

新古車のおもなメリット

  • 未使用で新車同様の品質
  • 10~15万円ほども安く買える
  • 税金面も安く抑えられる
  • 納車が早い

ただし、「新古車」ならどれもお得というわけではありません。

いざ買ってみたら新車よりも高くついてしまった!ということがあり得るため、注意が必要なのです。

この記事でわかること

まずは新古車の長所と短所を説明していくので、あなた自身に新古車が合っているのか考えながらご覧ください。

すぐにでも新古車で探せる軽自動車の車種を知りたいという人は「新古車の多い車種を解説」の章から読み進めても構いません。

また、後半では軽自動車の新古車をさがす方法や選ぶときの注意点を解説しています。

目当ての車種が決まったら、ぜひこちらも参考にしてみてください。

良質な中古・軽自動車をみる

新古車のメリット・デメリット

メリットとデメリットのイメージ

新古車の生まれる理由は各メーカーが常に意識している「登録台数」に関係があります。

登録台数が多ければそれだけ「売れている車」ということです。

そこで各メーカーはどんどん新車を作り登録して登録台数を伸ばし、その車種が売れているように見せています。

その結果、登録だけしてある新車(=新古車)が誕生して市場に流通しているのです。

新古車にはメリットもデメリットも存在します。表にまとめました。

メリット デメリット
1.新車並みの品質で価格は大幅ダウン 1.総数が少なく選択肢も限られる
2.車検費用を節約できる 2.メーカーオプションは選べない
3.販売店に在庫があるために納車が早い 3.新車の値引き価格が下回ることもある

くわしく解説していきます。

メリット1:新車並みの品質で価格は大幅ダウン

新古車の一番のメリットは、価格の安さと品質の良さです。

厳密にいえば、新古車は中古車ですから、新車に比べて価格が下げられて設定されています。

軽自動車だと10~15万円前後の差額が生じることもあります。

内外装ともに新車とほぼ変わらない高品質な車が格安で入手できるのはうれしい設定です。

走行距離はわずか数km、出荷時のままシートにビニールカバーがついていたりすることもあります。

メリット2:車検費用を節約できる

新古車は、費用の節約にもつながります。

通常、軽自動車を新規で登録するには

  • 自賠責保険
  • 自動車重量税
  • 自動車税

などの費用が掛かります。

ところが新古車の場合、これらはディーラーが登録するときに支払ってくれています。

そのため、あなたが新古車を購入するときに支払うのは「自動車取得税」だけなのです。

また、乗用タイプの中古軽自動車を購入したときには、どんなに長くても2年の車検しかつけることができません。

しかし新古車では3年近くの車検期間がついていることがほとんどです。

普通の中古車よりも車検が長いため費用だけでなく手間も省けるので金額以上のお得感があります。

[関連記事]購入費用が大きく変わる!?中古車の「車検」内容と選び方を徹底解説のサムネイル
購入費用が大きく変わる!?中古車の「車検」内容と選び方を徹底解説
中古車さがしで見る「車検あり」「車検二年付き」などの表示。これらはわかりにくい反面、中古車の価格に大きく関わる。この記事では購入後に思わぬ出費とならないよう車検に関わる表示を解説し、「車検あり・なし」別にかしこい中古車選びのポイントを解説。

メリット3:販売店に在庫があるため納車が早い

新古車を選ぶメリットの3つめは納車が早いことです。

新古車は新車としてすでに完成されていて、しかも登録まで終わっている車です。

そのため、在庫があればすぐに納車してもらえます。

最終注文書を提出してすぐに納車はまず不可能なので、新車で購入なら最低でも2~3週間は待たなければなりません。

中古車も場合によっては同様に納車まで時間がかかります。

契約後に必要な整備や修理をおこない、必要に応じて車検も通すためある程度の日数は必要になるでしょう。

以上の点から、早く新しい車に乗りたい人は新古車の購入も検討すると良いでしょう。

[関連記事]中古車の納車はいつになる?納車を急ぐ人にしってほしい遅れる原因と対処法のサムネイル
中古車の納車はいつになる?納車を急ぐ人にしってほしい遅れる原因と対処法
「中古車は納車が早い」というイメージが先行し、実際の日程に「想定より遅い!」と不満に感じてしまうことも。通常1~2週間ほどかかってしまうのが一般的。この記事では最短納車を実現するためにあなたができる準備や対処法をくわしく解説していきます。

デメリット1:総数が少なく選択肢も限られる

新古車購入のデメリットとして、総数が少なく選択肢が絞られるという点があります。

中古車検索サイトで、軽中古自動車中の新古車台数を調べました。

車種名 中古車台数 新古車台数
アルト
(スズキ)
4,393台 281台
ミライース
(ダイハツ)
4,528台 404台
コペン
(ダイハツ)
1,048台 1台
S660
(ホンダ)
409台 5台

※大手中古車検索サイト「カーセンサー」2019年11月
※修復歴なしで検索

アルトやミライースのようなベーシックな軽自動車でも、市場における新古車の割合は1割に届きません。

スポーツタイプで人気のコペンやS660は流通台数そのものがほとんどない状態でした。

人気のある車種やグレードならすぐに買い手がついてしまいます。

ほしい車があっても在庫がなければ購入することができない、ということです。

デメリット2:メーカーオプションは選べない

デメリットとして更に挙げられるのは、メーカーオプションをつけられないことです。

オプションには「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」の2種類あります。

メーカーオプションは自動車メーカーが新車の製造時に取り付けるオプション装備なので、工場出荷後のどんな車にも取り付けることができません。

メーカーオプションを購入後につけることはできないので、すでに装着されている新古車を根気強く探す必要があるでしょう。

デメリット3:新車の値引き価格のほうが下回ることもある

新古車を購入するよりも、新車で買うほうが安くなる場合があることも考えておく必要があるでしょう。

新古車はすでに新車価格から1~1.5割安めに価格設定されています。

そこからさらに値引きを引き出すのは、難しいのです。

一方で新車は交渉が可能です。

いろいろな車種を競合させて値引きを実現できたり、オプションの取り付けやサービス品を引き出したりすることができます。

総合的に考えたときに、新車で買った時のほうがより手厚い値引きやサービスを勝ち取れるということが起こりえるのです。

「新古車だから」と安易に飛びつくのではなく、同等のモデルの新車販売の状況も考慮しましょう。

この章では、新古車のメリットとデメリットについて解説してきました。

新車同然の車両を安く購入できる新古車は魅力的ですが、軽自動車のすべてのモデルが新古車として流通するわけではありません。

そこで次は、市場にはどんな車種が流通していてどの車種がねらい目なのかを次の章で解説していきます。

新古車が多く出回るおすすめ車種を紹介:ハスラーなど

新古車のイメージ

この章では、市場に流通している新古車の中で、比較的台数が豊富なものを紹介します。

さらにその中でおすすめな車種の相場やおすすめポイントを解説していきます。

まず、人気の高い新古車として10車種をピックアップしました。

※車種名のリンクから個別の解説部分へ移動できます

車種名
(メーカー)
台数
新古車価格相場 新車販売価格
ハスラー
(スズキ)
771台
133万円 112万円~178万円
N-BOX
(ホンダ)
892台
151万円 120万円~227万円
ムーヴキャンバス
(ダイハツ)
636台
140万円 127万円~171万円
スペーシア
(スズキ)
1,148台
151万円 129万円~161万円
タント
(ダイハツ)
350台
120万円 124万円~198万円
デイズルークス
(日産)
534台
141万円 134万円~209万円
eKワゴン
(三菱)
498台
98万円 90万円~170万円
ウェイク
(ダイハツ)
205台
152万円 139万円~190万円
ミライース
(ダイハツ)
450台
99万円 75万円~135万円
アルトラパン
(スズキ)
348台
112万円 110万円~170万円

※「カーセンサー」参照(「修復歴なし」で検索)

中古車検索サイトを調査すると、上位グレードのモデルほど新古車の流通が多いことがわかりました。

ハスラーは50万円近い差が生じていますし、N-BOXも70万円も安くなっていることがわかります。

デイズルークスやウェイク、スペーシア、最近モデルチェンジしたばかりのタントなどをみても、最上級モデルが格安で売られています。

新車同様の車をここまで安い価格で乗ることができるのは新古車ならではといえるでしょう。

それでは、人気の高い新古車のおすすめポイントを解説していきます。

良質な中古・軽自動車をみる

ハスラー(スズキ)

スズキ ハスラー

ハスラーは「遊べる軽」を楽しみたい人にはおすすめの車です。

これまでの軽自動車の既成概念を打ち壊すことに成功した車といえ、2014年に発売されて以来爆発的な人気を集めてきました。

独創的なフォルムと運転のしやすさは評価が高く、燃費も23.2~32㎞/Lと良い成績を残しています。

しかし、販売開始から5年で新車の販売が足踏み状態となり、在庫処分の意味もあって新古車が多数設定されるようになったのです。

上級モデルで2018年に追加されたモデル「ワンダラー」の新車価格は約173円ですが、新古車では同等モデルで平均152万円程度です。

上級モデルでもこの価格差があるため、ハスラーの新古車はかなり格安だといえます。

スズキのユーモアと軽自動車の走りを楽しむには良い一台でしょう。

新車価格
(標準グレード)
112万円~
新古車相場 89.8万円~252万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,665(mm)
4WD設定やターボ設定の有無 4WD有/ターボ有
カタログ燃費/実燃費 32.0km/L / 20.19km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費はe燃費を参照
※ハスラーの公式サイトはこちら

ムーヴキャンバス(ダイハツ)

ダイハツ ムーヴキャンバス

2016年に販売開始されたムーブキャンバスは、女性をターゲットにしたおしゃれな外観が人気の一台です。

中古車検索サイト「カーセンサー」に寄せられた口コミによると、ムーヴキャンバスの評価はデザイン4.7p、走行性4.3p、トータル4.5pと非常に良いものでした。

大げさなことや派手なものではなく、日々のちょっとした等身大の変化を楽しむ現代女性にフィットした見た目がムーヴキャンバスの人気につながっているのでしょう。

燃費も25㎞/Lとなっていて走行性能も良いものになっています。

上級モデルには、軽自動車で初めて搭載されたステアリング連動ヘッドライト(AFS)「Bi-Angle LED ヘッドランプ」が採用されています。

ただしボディがやや大きいため、運転するときには注意が必要です。

新車価格
(標準グレード)
127万円~
新古車相場 99万円~191万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,655(mm)
4WD設定やターボ設定の有無 4WD有/ターボ無
カタログ燃費/実燃費 28.6km/L / 17.16km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費はe燃費を参照
※ムーヴキャンバスの公式HPはこちら

スペーシア(スズキ)

スズキ スペーシア

2017年に2代目が発表されたスペーシア。

とくに男性をターゲットにしたスポーツタイプのスペーシアカスタムは高く評価されています。

また、後部座席のパワースライドドアやロールサンシェイドといった装備により、女性や子ども、高齢者の使いやすさにも配慮されているためファミリー層からの人気も高い車種です。

中古車検索サイト「カーセンサー」に寄せられた口コミだと、総合評価が4.7pとムーヴキャンバスを抜きます。

とくに「デザイン4.7p、居住性5.0p」の項目について高評価となっており、快適で乗りやすい車であることがわかります。

燃費も24km/L~30km/Lとお財布にも優しいつくりです。

また、さまざまな技術が搭載されています。

おもな安全装備

  • 衝突被害軽減ブレーキの機能
  • 後退時ブレーキサポートが軽自動車として初めて搭載
  • 後方誤発進抑制機能
  • リヤパーキングセンサー

男性ユーザーを意識していますが、乗りやすさと安全を求めるならファミリー層にもスペーシアはおすすめです。

注意点として、軽トールワゴンのため横風の影響を受けやすいことが挙げられます。

高速道路などでの移動が多く、走りを重視する人には向かない車といえます。

新車価格
(標準グレード)
129万円~
新古車相場 99.8万円~234万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,785(mm)
4WD設定やターボ設定の有無 4WD有/ターボ有
カタログ燃費/実燃費 28.2km/L / 19.39km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費はe燃費を参照
※スペーシアの公式サイトはこちら

タント(ダイハツ)

ダイハツ タント

ダイハツ「タント」はファミリー層をはじめ、走りを楽しみたい人におすすめの車です。

2019年7月に「DNGA」第一弾として、タント、タントカスタムがモデルチェンジしました。

そのためこれから先代モデルのタント、タントカスタムの新古車が多数市場に流通することが予想されます。

2019年11月の現時点で、先代タント(2013年~2019年6月)の新古車が350台市場に流通しています。

カーセンサー」に寄せられたユーザー評価も、総合評価点が4.4pですから、人気の高い乗りやすい車といえるでしょう。

タントはファミリーカーや街乗り用の車といったイメージがありますが、タントカスタムなどターボ仕様のグレードも設定されています。

ホットな走りをしたい人にもおすすめです。

ただし、グレードによってはハンドルやシートの高さを調整できないため注意が必要です。

運転しやすい姿勢を維持するためハンドルやシートの調整は重視すべきポイントなので、運転を楽しみたい人ほどグレードを慎重に選ぶべきでしょう。

新車価格
(標準グレード)
124万円~
新古車相場 99.8万円~199万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,755~1,775(mm)
4WD設定やターボ設定の有無 4WD有/ターボ有
カタログ燃費/実燃費 24.8km/L / 19.00km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費はe燃費を参照
※タントの公式サイトはこちら

デイズルークス(日産)

日産 デイズルークス

2014年に発表されたデイズルークスも、ファミリー層におすすめしたい車種のひとつです。

人気の理由は、スタイリッシュな外観と運転のしやすさ、そしてハイトールワゴンゆえの視界の良さです。

2019年11月現在、調査したところ新古車として500台近く市場で流通しているため選択肢も十分です。

スライドドアなので子どもが乗り降りしやすく、安全に開け閉めができるといったメリットがあります。

また、さまざまな先端技術も設定されています。

おもな安全装備

  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • 踏み間違い衝突防止アシストも設定

これまでのレーザーレーダー方式からソナーおよびカメラ方式に変更し、前進時に歩行者に対しても作動するよう性能を向上させることに軽自動車で初めて成功しました。

後進時も壁などの障害物に対して作動するよう機能を追加しました。

小さな子どものいる家庭や、安全面を優先に考える人にデイズルークスはおすすめです。

ただし、燃費は他車と比べて18~22㎞/Lとあまり良くないため、維持費を抑えたい人はよく検討する必要があります。

とはいえ、軽自動車なのでそもそもの諸費用が安いことを考えればそれほど悲観する必要もないでしょう。

新車価格
(標準グレード)
134万円~
新古車相場 89.9万円~183万円
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,775(mm)
4WD設定やターボ設定の有無 4WD有/ターボ有
カタログ燃費/実燃費 24.6km/L / 15.05km/L

※中古車相場はカーセンサーを参照
※実燃費はe燃費を参照
※デイズルークスの公式サイトはこちら

ここまで新古車として流通量の多いものと、そのおすすめポイントを解説してきました。

次の章では、失敗しない新古車の選び方について解説します。

失敗しない新古車の選び方【軽自動車編】

車選びのイメージ

新古車のメリット・デメリットやおすすめの車種を紹介しましたが、新古車さがしは慎重におこなわなければなりません。

なぜなら、「たまたま新古車に巡り会う」ということはほとんどないからです。

そこで次の順番でさがし方や選び方をご紹介します。

この章を読むことによって、どんなリスクや注意点があるかを知ることができるでしょう。

軽自動車の新古車をさがす方法3つ

まずは、新古車を見つける方法を3つ紹介していきます。

それぞれどんな特徴があるのか、新古車をさがすうえでの注意点も解説していきます。

【新古車のさがし方1】ディーラーやディーラー系中古車販売店

新古車はディーラーやディーラー系中古車販売店で購入することができます。

新古車のメリット・デメリット」の章で解説したとおり、メーカーは販売台数や出荷台数に注目していて、ディーラーにも販売台数目標などを設定して販売促進を促します。

ディーラーは、目標台数達成のためにモデルチェンジの時期や年度末に大量に自社買いし、登録して市場に流通させます。

そこがねらい目です。

自分の希望する車種やグレードが販売されている可能性が高いからです。

そこで、モデルチェンジの前後や年度末を見計らってディーラーやディーラー系中古車販売店に電話などで新古車の在庫状況について問い合わせてみるのは良い方法といえるでしょう。

【新古車のさがし方2】新古車販売専門店

新古車販売専門店でもさがすことができます。

たくさんある中古車屋のなかでも、新古車販売に特化した販売店が多数存在します。

なかには、メーカーや車種にこだわって販売に注力している販売店もあります。

価格はディーラー系中古車販売店と比べて若干安めかもしれません。

あるディーラー系販売店では93万円だった「ワゴンR FA」が、新古車専門店では79.9万円で販売されていました。

新古車販売店の店頭へ実際に見に行くのはもちろん、電話で在庫状況を確認もできます。

【新古車のさがし方3】中古車情報サイト

ネット上には、自動車販売店のホームページやサイトが無数にあります。

カーセンサーグーネットなどは代表的な中古車検索サイトです。

そこで、ネット情報を検索してさがすという方法も有益な方法のひとつです。

検索条件の「新古車」にチェックを入れて検索をかければ、新古車の情報を見つけることができます。

新古車を探すうえでの注意点

ネット上で新古車をさがすうえでの注意点は「新古車」ではなく「未使用車」と表記する店舗が多々あることです。

「未使用車」でも検索をかけるとよりたくさんの情報を得ることができるでしょう。

また、ネット上や中古車情報誌に載せられる新古車の台数は3割程度といわれています。

7割近くの車がすぐに売却されてしまうのです。

気に入った車種の在庫があれば早急に購入を検討することをおすすめします。

軽自動車の新古車を選ぶ4つの基準

新古車を選ぶ際にも明確な基準が必要です。

購入するときに考えておくと良いポイントは以下の4つです。

新古車を購入するときの4つのポイント

  1. どこまで妥協できるか
  2. どこは絶対に譲れないところなのか
  3. 走り心地や運転のしやすさなどを比較
  4. 新車で購入するとしたら絶対つけようと思っていたオプション(とくにディーラーオプション)がついているか

メリットとデメリットをふまえて比較することで判断材料にできます。

こうした点を考えながら希望の新古車を見つけていきましょう。

まとめ

中古車でありながら新車に限りなく近い新古車は確かにお買い得といえます。

ただ、新車より10~15%ほど安く売られているのは事実ですが、購入するかどうか決めるときには慎重に考慮して決めることが大切です。

また新古車は鮮度が命なので、気に入った車種が出たならすぐに購入に向けて行動すべきです。

軽自動車の新古車には、次のようなメリットがあります。

新古車のメリット

  • 新車並みの品質で価格は大幅にダウンしている
  • 車検費用の節約ができる
  • 販売店に在庫があるため、納車が早い

また、現在人気を博している軽自動車の新古車の状況についても解説しました。

良質な中古・軽自動車をみる