きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

中古車購入は頭金なしで大丈夫?迷った時に読みたい頭金やローンのメリット・デメリット

中古車 頭金

中古車とはいえ車の購入でローンを検討している人も多いもの。

そこでローンの支払いで気になるものとして「頭金」があります。

あなたも、「できれば頭金なしでローンを組めたらいいのに…」と考えている一人ではないでしょうか?

中には、「頭金が用意できないと購入できないのでは?」と不安に思っている人もいるかもしれませんね。

しかし実際には頭金なしでも購入は可能です。

そして頭金なしでも、支払う金額が影響をさほど受けないケースもあります。

中古車のローンについて、また頭金についてよく知らないままに判断してしまうと、ケースによって6万円以上も割高になってしまう可能性も。

そうならないために、この記事では頭金についてメリット・デメリット両側から解説していきます。

まずは「頭金」の仕組みについて改めて確認していきます。

先が早く知りたい人は上のリンクのうち気になるところから読み進めてもOKです。

そもそも「頭金」とは何か

そもそも「頭金」とは何か

中古車に限らず、大きな金額のものを購入する際には、ローンを組みます。

そのローンの仕組みの中で頭金とは、契約成立と同時に支払わなければいけない、ある程度まとまったお金のことです。

頭金は現金で用意します。

頭金を支払わないとローンを組めないと勘違いしている人もいますが、そんなことはありません。

じつは頭金なしでローンを組めるケースも多いです。

頭金の相場は、だいたい車両本体価格の2〜3割といわれています。

頭金の相場について

頭金はいくら払わなければ頭金にならないというわけではない。あくまで一般的に2~3割の傾向が多いだけで、お店や人によって1割のケースもあるし、3割以上支払う人もいる。

たとえば150万円の中古車を購入するとなると、その2~3割で計算すると頭金は30万〜45万円になります。

頭金の目安は車両価格の2~3割で、150万円の車を買う場合は30万円程度の頭金を用意しておくと良い。

30万円の頭金を支払ったとすると、残りの120万円はローンを組んで支払っていくことになります。

頭金なしでもローンを組めるケースが多いですが、頭金を支払ったほうがメリットは大きいです。

ではどのようないいことがあるのか、次の章で頭金を支払うメリットを紹介していきます。

頭金を払う4つのメリット

頭金を支払うメリットは、ざっくり挙げて以下の4つ。

順に見ていきましょう。

(1)審査で有利になる

中古車購入時に頭金を支払う大きなメリットとしては、ローンの審査に通りやすいことです。

借入金額が少なくなること、支払い能力があると評価されることがその理由です。

ローンの申込み時に受ける審査では、借入する金額が少ないほうがローンの審査は通りやすくなります。

頭金なしでローンを組むということは、その分全体の借入額は大きくなるということです。

銀行や信販会社側からすれば、大きな金額の貸し付けをすると、それだけ返済不能になった場合の損失が大きくなります。

つまり、貸付側としてはリスクが大きくなるほど審査を厳しくせざるを得ないということです。

また頭金を支払えるということは「返済意識が高い」と銀行や信販会社に伝わります。

すべてローンを組むフルローンだと、貸付側も完済できるかわかりません。

そのため銀行や信販会社も支払い能力があると評価して、ローンを組める可能性が高まるのです。

(2)返済総額を減らせる(利息が少なくて済む)

返済総額を減らせるというメリットもあります。

ローンを組むと、いくらかでも金利が発生します。

返済総額が大きいほど、利息が大きくなります。

例:車両本体価格150万円の中古車を購入する場合

頭金の有無で利息がどれくらい増減するのかを比べるため、

「頭金なしで150万円すべて借入」
「頭金30万円を支払い120万円を借入」

この2つのパターンで計算してみます。

条件はどちらも同じ

  • ボーナス返済なし
  • 60回払い
  • 金利8%

とします。

それぞれの条件をふまえ計算した結果が以下の表です。

結果として、頭金を30万円はじめに支払うことで約6.5万円も浮かせることができるとわかりました。

頭金なし 頭金30万円
借入総額 150万円 120万円
返済総額 約182.5万円 約146万円
利息分総額 約32.5万円 約26万円

上記の表を具体的に説明していきましょう。

頭金を支払うことで6万円以上利息を安くできる

頭金なしの場合、返済総額は1,824,900円になります。
※わかりやすくするため、表内ではおよその金額で表記しています

総額から150万円を差し引いた324,900円が利息です。

同様に、頭金を30万円支払う場合(借入120万円)、返済総額は1,459,920円。

利息として支払うのは総額から120万円を差し引いた259,920円です。

頭金30万円ありと頭金なしの利息分の差は、64,980円にもなります。

中古車の車両本体価格が大きくなれば、頭金ありとなしの差はさらに大きくなるでしょう。

(3)月々の返済額を抑えられる

月々の返済額も頭金ありのほうが少なくなります。

こちらも車両本体価格150万円の中古車を購入すると仮定し、

「頭金なしで150万円すべて借入」
「頭金30万円を支払い120万円を借入」

この2つのパターンで計算していきましょう。

条件も先ほどからと同じ

  • ボーナス返済なし
  • 60回払い
  • 金利8%

とします。

表にまとめるとわかりやすいので、下記をご覧ください。

頭金なし 頭金30万円
月々の返済額 30,415円 24,332円
年間の返済額 364,980円 291,984円

頭金なしで150万円そのまま借入する場合、月々の返済額は30,415円になります。

一方で頭金を30万円支払う場合、月々の返済額は24,332円です。

頭金30万円ありと頭金なしの場合、月々の返済額の差は6,083円。

1年間で72,996円にも膨らみます。
(計算:6,083円/月 × 12ヶ月 = 72,996円/年)

(4)返済期間を短縮できる

頭金を支払い、月々の返済額を30,000円程度に設定することで「頭金なし」の場合よりも短期間で完済することが可能です。

先ほどまでと同じ「車両本体価格150万円の中古車を購入する場合」を例に考えてみましょう。

頭金なしで150万円そのまま借入する場合、

  • ボーナス返済なし
  • 金利8%
  • 月々の返済額は30,415円

で60回払い、つまり5年で返済できます。

頭金30万円を支払って120万円のローンを組む場合、

  • ボーナス返済なし
  • 金利8%
  • 同じ程度の月々の返済額30,377円

この条件で支払うとします。

この場合は46回払い、つまり3年10か月で返済を終えることができるのです。

その差は14回、1年2か月も違います。

このように頭金を支払えば、短期間で返済できるのです。

ここまでで頭金を支払うメリット4つをお伝えしました。

しかし、メリットを知っていても手持ちに余裕がなく「それでも頭金なしで中古車を購入したい」という人のために、次は注意すべきポイントについて解説していきます。

頭金なしで中古車を購入する場合のポイント

中古車の購入金額が高額でない場合なら、頭金なしでローンを組んでもさほどデメリットは大きくない

先述したとおり、頭金をある程度納めたほうがメリットが多いです。

しかし頭金なしで中古車を購入しても、さほど問題ないケースもあります。

それは「中古車の購入金額(返済総額)が高額でない場合」です。

具体的に解説します。

その後、頭金なしでローンを組むことによるメリット・デメリットも紹介します。

中古車の購入金額(返済総額)が少額のケース

中古車の購入金額が少額なケースは、頭金なしのデメリットをさほど受けません。

少額の借入であれば返済不能に陥るリスクも低いと判断され、比較的ローンが組みやすいのです。

さらに月々の返済金額もそれほど大きな金額にはなりません。

少額なら返済総額の差は少なくて済む

たとえば、ボーナス返済なし、金利8%で50万円の車両本体価格の中古車を購入するとします。

この条件のとき、

  • 頭金なしで50万円のローンを組む
  • 頭金10万円入れて、40万円のローンを組む

上記の2通りでそれぞれローン契約をしたとします。

この場合、月々の返済総額は以下のようになります。

※スマホの場合は画面を横にするか横にスワイプして表をご覧ください(表の右側が隠れた状態で表示されています)

返済総額
36回払い 48回払い 60回払い
頭金なし
50万円ローン
564,048円 585,888円 608,280円
頭金10万円
40万円ローン
551,260円 568,720円 586,660円
返済総額の差額 12,788円 17,168円 21,620円

頭金なし・50万円を36回払いで返済していくと、返済総額は564,048円となります。

頭金10万円・40万円のローンを金利8%36回で返済していくと、返済総額は551,260円。

その差は12,788円です。

3年という期間で考えるなら、それほど大きな金額ではないでしょう。

しかし、デメリットとなるのは月々の返済額です。

ただし、月々の返済額は高くなってしまう

やはり頭金をいくらかでも払っておくほうが月々の返済額は楽になります。

月々の返済額は以下のようになります。

※スマホの場合は画面を横にするか横にスワイプして表をご覧ください(表の右側が隠れた状態で表示されています)

月々の返済額
36回払い 48回払い 60回払い
頭金なし
50万円ローン
15,668円 12,206円 10,138円
頭金10万円
40万円ローン
12,535円 9,765円 8,111円
月々の返済額の差額 3,133円 2,441円 2,027円

このように月々の返済額の差は、36回払いでも3,133円です。

毎月支払うものですので、この3,133円の差額は大きいです。

なにしろ年間で37,596円もの差になってしまいます。

月々の支払いを少しでも減らしたいなら、少額のローンでも頭金をいくらか用意したほうがいいでしょう。

もちろん金利8%で計算しましたが、それ以下の金利で借入できた場合はもっと差額は減ります。

安い金利のローンであれば、気にならないほどの差になるでしょう。

以上のようなことを踏まえ、頭金なしでも50万円以下の車両本体価格の中古車であれば、大きな影響はないといえます。

予算50万円で、中古車を探す場合の裏ワザや注意点を下記記事で解説しています。こちらも参考にしてみてください。

[関連記事]中古車を予算50万円でも購入できる!お得で良質なクルマの探し方のサムネイル
中古車を予算50万円でも購入できる!お得で良質なクルマの探し方
少ない予算、例えば50万円以下で「安心・安全」のお得な中古車を探していませんか?今回、50万円で可能な限り良質な中古車を購入するコツをご紹介していきます。

「頭金なし」の場合のメリット・デメリット

ここでは「頭金なし」でローンを組む場合のメリット・デメリットをまとめます。

「頭金なし」でのローンには、「現金がなくても車が買える/現金を手元に残しておける」というメリットがあります。

それではメリットからくわしく見ていきましょう。

「頭金なし」の場合のメリット

メリットとしては大きく次の3つがあります。

「頭金なし」のメリット

  1. 手元の現金が少なくても中古車を買える
  2. 手間が少なくて済む
  3. 手元に現金を残しておける

頭金なしでローンを組むメリットは、手元に現金がなくても中古車が購入できることです。

購入資金に余裕はないものの、生活や通勤にどうしても必要で車の購入を急いでいる、といった場合もあると思います。

そういった場合に頭金なしのローンでの中古車購入は非常に魅力的ですよね。

また、手元にお金を残しておけるメリットもあります。

車は購入したら、それで終わりではありません。

そこから日々のガソリン代、オイル交換などのメンテナンス費用、タイヤなど消耗部品の交換もあります。

車検という大きな出費もあるでしょう。

加えて、突然車に不具合が起きてしまうこともあります。

無理に手元の現金を頭金に充てても、突然のトラブルが起こってしまったときに対処できない恐れがあります。

中古車は、新車よりも故障のリスクが高いものです。

不測の事態に備え、手元にはお金をある程度残しておいたほうが安心といえるでしょう。

「頭金なし」の場合のデメリット

頭金なしのデメリットは、先述した「頭金ありのメリット」の逆です。

つまり、具体的には以下の4つが挙げられます。

「頭金なし」の場合のデメリット

  1. 審査が通りづらいこと
  2. 支払い総額が大きくなること
  3. 月々の返済額が大きくなること
  4. 返済期間が長くなること

その他に、2重ローンのリスクがあることも可能性としてあることを覚えておきましょう。

中古車の場合、返済期間をあまり長く設定すると支払い最中に車の大きな不具合ができて車を乗り換えざるを得ないリスクが高くなります。

もちろん修理して乗り続けることも考えられますが、故障箇所によっては修理代が高くなって乗り換えたほうが良い場合も出てくるでしょう。

そうなると現在のローンを支払いながら、次の車購入のためにまた新たなローンを組むことになりかねません。

こうした「2重ローン」を防ぐためにも頭金なしの場合は、返済総額を少なくして早めにローンを終えたほうがいいでしょう。

以上、ここまで頭金なしで中古車を購入する場合の注意点やメリット・デメリットを解説しました。

個人の状況により「頭金なし」でローンを組むこともあるでしょうが、お伝えした注意点についてよく検討しておきましょう。

次に頭金以外で中古車購入時、支払いまわりで知っておきたいことをお伝えします。

「頭金」以外で知っておくべきポイント

頭金だけではなく、中古車の支払いに関して気をつけたいことを紹介します。

以下のようなことに気をつける必要があるでしょう。

中古車の支払で注意すべきポイント

  • クレジットカードでキャッシングして中古車購入に当てること
  • 残価設定型ローン
  • 自社ローン
  • 忘れがちな諸費用
  • 低金利キャンペーンを狙う

順に見ていきましょう。

絶対に使ってはいけないクレジットカードのキャッシング

中古車の購入で、絶対やってはいけないのがクレジットカードのキャッシング機能を使うことです。

理由は金利が非常に高いためです。

クレジットカードのキャッシング機能は、手軽にATMで借入できて非常に便利な側面があります。

リボ払いになっていることが多く、クレジットカードによっては返済期限がなく、無理のない金額で返済を続けられます。

しかしクレジットカードのキャッシング機能は金利が高いです。

たとえば、多くの人が利用しているイオンクレジットカードのキャッシング、リボ払いの金利は7.8〜18.0%です。

イオンクレジットカードのイメージ

画像引用:イオンフィナンシャルサービス「イオンカードセレクト」

少額で借入する場合、ほとんどの人が金利18.0%になるでしょう。

18%の金利で、50万円借り入れ・月々の返済額10,000円の場合、返済になんと94ヶ月もかかってしまうのです。

返済総額は931,021円です。実に利息分だけで431,021円にもなるのです。

倍近くの利息を払うことになります。

クレジットカードをすでに持っていれば、新たな審査もなく手軽に現金を用意できるクレジットカードのキャッシング機能ですが、中古車の購入費用としてはおすすめしません。

「残価設定型ローン」は月々の負担が少ない

中古車の残価設定型ローン、残価設定クレジットという支払い方法は月々の負担が少ないです。

残価設定ローンは契約期間満了時に想定される価値を差し引いた金額を分割して支払うローンの方法

これは契約時に3〜5年後の残価を設定して、新車本体価格から残価を差し引いた金額を分割して支払っていくローンです。

残価を差し引いた金額だけ支払っていくので、月々の支払額が少なくて済みます。

ただし、契約期間が終わっても残価分があるので自分の所有物にはなりません。

契約期間が終わった後に、車を自分の所有にするには一括で残価分を支払うか、新たに残価分のローンを組み直します。

注意点としては、金利は車両本体価格全てにかかることです。

残価が残っている必要があるので、比較的新車登録から年数の経っていない中古車に乗ることが可能です。

そのため新しめの中古車に、月々の支払額を少なくして乗りたい人にはおすすめです。

しかし車が気に入って、さらに乗り続けようとすると残価分を支払う必要があります。

そうなると、結局は最初からローンを組むよりも総支払額が高くなってしまうことがあります。

同じ車に長く乗り続けるタイプの人には不向きな支払い方法といえるでしょう。

さらに残価設定型ローンの場合、月々の走行距離が設定されています。

1ヶ月あたり1,000kmに設定している会社が多いです。

この設定した距離を超えると、追加でお金を求められます。

長い距離を乗る方にはおすすめできません。

また、契約期間終了後に車のキズに対しても、追加でお金を支払う必要があります。

いつも他人の車を乗っている感覚で落ち着かないかもしれません。

車をキズつけてしまう不安のある方は、残価設定型ローンで購入しないほうがいいでしょう。

自社ローン

中古車販売店独自の自社ローンにも注意が必要です。

自社ローンで金利0%とうたっている中古車販売店もあります。

しかし金利0%な分、車両本体価格を高めに設定している場合が多いです。

さらに、自社ローンの場合は保証人を要求されます。

万が一、支払いが難しい場合にすぐに保証人に借金の返済を求める督促などが行われます。

勢いや金融機関のローンが通らなったからという理由で使用せず、本当に支払いが完済できるかも考えたうえで選択してください。

忘れがちな諸費用にも注意

中古車購入は車両本体価格の金額を支払えば、終わるわけではありません。

諸費用がかかります。

諸費用は10万円を超える場合もあります。

中古車購入の際にかかる諸費用には以下のようなものがあります。

法定費用

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険
  • リサイクル料金
  • 消費税

代行費用

  • 車両登録代行費
  • 車庫証明代行費
  • 納車費用
  • 洗車費/クリーニング費

たとえば、ホンダ・フィット13G・Fパッケージの未使用の中古車の場合。

車両本体価格1,278,800円に対して、車両本体消費税が111,200円、その他の諸費用は約180,000円だったとします。

諸費用の総額は291,200円になります。

これだけの金額を必要と考えて用意しておくべきなのです。

ただし、この諸費用を含めた支払いの総額をローンで支払う方法もあります。

中古車検索サイトで中古車を探す際は、諸費用も確認してください。

また購入の際は、諸費用込みでローンを組めるか尋ねてみましょう。

低金利キャンペーンを狙う

ローンを組む際には低金利キャンペーンを狙うのもおすすめです。

低金利キャンペーンでは金利2〜3%で中古車を購入できる場合もあります。

こうした低金利キャンペーンは、ディーラーや中古車販売店でときどき実施されています。

とくに年度末やボーナス月に行うことが多いです。

低金利キャンペーンを狙って購入すると、お得に購入できるでしょう。

ここまで中古車購入の際、頭金以外で覚えておきたい点を見てきました。

最後にこの記事をまとめます。

【まとめ】自分の経済状況を冷静に判断し予算を決めよう

この記事では、中古車購入の際の頭金に関して以下のような点をお伝えしました。

この記事のポイント

  • 頭金とは何か
  • 頭金を支払うメリット
  • 頭金なしで購入する場合の注意点
  • 頭金以外で中古車の支払いで覚えておきたい点

頭金とは、中古車の契約時に支払うある程度まとまったお金のことです。

相場は車両本体価格の2〜3割。

頭金を支払うメリットはローンの審査が通りやすくなったり、支払い総額が抑えられたりすることです。

もし頭金なしで購入するなら、少額なローンに抑えたほうがいいです。

少額であれば金利の影響をさほど受けませんし、支払い期間も短くすることもできるでしょう。

また中古車購入の際は、クレジットカードのキャッシングでお金を用意することはおすすめできません。

残価設定型ローンも走行距離を多く乗る人はやめておいたほうがいいでしょう。

中古車購入の支払いパターンはいくつかありますが、頭金を支払って購入するほうがメリットが多いです。

そして頭金を用意できない場合は、安い中古車を購入しましょう。

安い中古車を探すなら、こちらの記事で良質な中古車を見極めるポイントを解説しています。

こちらも参考にしてみてください。

[関連記事]安い中古車には理由がある!掘り出し物を見極めるポイント5つを解説のサムネイル
安い中古車には理由がある!掘り出し物を見極めるポイント5つを解説
中古車を選ぶ一番の理由はもちろん「安い」ということですよね。しかし、安すぎるものを選ぶと状態の悪いものを買ってしまう恐れもあります。本記事では前半に、安い中古車でチェックすべき上記のポイントについて解説し、車体の本体価格以外にかかる経費も紹介します。記事後半では、格安中古車選びのコツとボディタイプ別におすすめの車種について解説していきます。

中古車を検索