きもちよく買おう、ここちよく乗ろう。

中古車の走行距離に目安はある?安心できる中古車の適切な見分け方

走行距離

中古車を選ぶときに見るべきポイントとして、ほとんどの方は『走行距離』を気にすることでしょう。

走行距離をチェックする際に、

「10万kmは超えても問題ないのかな?」

「走行距離が短いけど安すぎないかな?」

と疑問に感じ、購入しても大丈夫か判断するのが難しいと思います。

そして販売店に行ったはいいものの、よく判らずモヤモヤだけが残り、販売店を後にする経験をしている方もいます。

昔と比べの性能が上がってきているので、多少は走行距離数が多くても走ることに支障が少ないも増えています。

しかし問題のある中古車を購入してしまうと、修理費用が掛かったり最悪はを買い替えることになるかもしれません。

そのような後悔する中古車購入をしないためにも、『走行距離』はどのような視点でみるべきかポイントをお伝えします。

この機会に走行距離のベストな判断方法を身に付けて、いいの探し方ができるようになりましょう。

まずは年式と走行距離の関係から説明していきます。

車の走行距離は目安があるか?

中古車の「走行距離」ですが、実際どれくらいが基準になるかご存知ですか?

以前は、の適正な走行距離は「1年間の走行距離1万km=1年落ち」が一つの目安といわれていました。

今はの性能や生活スタイルなどの変化により、1年の走行距離は以下の傾あります。

週末利用がメイン 5,000~6,000km/年
通勤/通学でも利用 8,000~10,000km/年

そのため新車購入から5年経過していると、2.5万km~5万kmの走行距離が多い傾向があるため、ひとつの目安となります。

ただし年式や走行距離は一つの目安になりますが、中古車を購入する場合は絶対的な基準ではありません。

車によっては、走行距離は少ないけど乱暴に扱われて部品が傷んでいたり、積雪地帯など過酷な環境で使われていたりする可能性もあるからです。

お得な中古車選びをするには、年式や走行距離だけをみるのではなく車両状態のチェックも必要も大切であることを覚えておいてください。

年式と走行距離のベストな目安

では平均的な車に比べ「走行距離が多い車」「走行距離が少ない車」では、それぞれ具体的にはどんなリスクがあるのでしょうか。

  1. 3年落ち・10万kmの車
  2. 5年落ち・1万kmの車

この2つのパターンで解説していきます。

とくに掘り出し物に見える「走行距離が少ない車」にも、思わぬ出費がかさむ原因になるリスクが潜んでいます。

まちがった知識で失敗しないように注意してください。

3年落ち・10万kmの車=部品の消耗が激しい可能性あり

たとえば「年式3年落ち・走行距離10万km」の中古車は一般的な車の2倍以上も走っているため、かなりハードな使い方をされていたと予想されます。

自家用車を営業車として使っていたかもしれませんし、ドライブが趣味でお休みの日に長距離運転を繰り返していたかもしれません。

いずれにせよ、このような状態の車は部品が消耗しており、購入後に修理費用が高くつくといったリスクがあります。

余計な出費がでる可能性を抑えたいなら、年式の割に走行距離が多い車は避けるほうが無難です。

5年落ち・1万km=エンジンの調子が悪い可能性がある

走行距離の少ない車は一見するときれいな状態に見えるので、掘り出し物だと飛びつく人もいます。

しかしよく調べるとエンジンの調子が悪かったり、タイヤなどのゴム製品が劣化していたりする恐れがあるので十分に注意が必要です。

年式が5年落ちで走行距離1万kmといった中古車は、1年間の走行距離が2,000kmということです。

購入後、少し乗っただけであとはガレージに放置されていた、もしくは週末に少しだけ乗っていた車かもしれません。

車を良好な状態に保つには、定期的にエンジンをかけ、同時にメンテナンスを行うことが大切です。

年式に対して走行距離が極端に少ない車は、後から大がかりなメンテナンスが必要になることもあるかもしれません。

走行距離で中古車を選ぶときのポイントと注意点

年式と走行距離の関係がわかったら、次に気になるのは「どれくらいの走行距離の中古車を選べばいいのか」という点です。

それを判断するには、あなたが想定している「車の利用頻度がどの程度か」が深く関係しています。

一般的に「5年落ちで2.5万~5万km」が基準になると説明しましたが、じつはそれだけではお得な中古車選びをするには十分ではありません。

たとえば車の寿命は「10万km」が一つの基準とも言われていますが、現在の国産車は性能の向上により、もっと走ることが可能です。

その証拠にタクシーは20万~30万kmは当たり前で、40万km以上走っている車もあります。

さらに海外では、メンテナンスが不十分な状態の日本の中古車が20万km以上走っていたりします。

結果、考えているよりもずっと安い価格帯の車で走行距離が多くても、十分快適に乗れるのが国産車の強みです。

重要なのは「自分がどのくらい走るつもりか」

「どのくらいの走行距離の中古車を買えばいいのか?」という疑問の答えは、あなたの現在と将来のカーライフによって変わります。

たとえば「近所への買い物で使う程度。長距離ドライブをする予定もない」という場合は、走行距離が長めの車を選んでも、メンテナンスをこまめすれば問題ないです。

一方、「趣味のドライブでいろんなところに行きたい。車で旅行も行きたい」という場合は、車への痛みが多い過剰な走行距離数に注意しないいけません。

すると、次に気になるのが「車の寿命」です。

先ほど「10万kmが一つの基準」といいましたが、最近の車は30万km以上走ることも可能です。

これは、以前主流だったエンジン部品の一つ「タイミングベルト」が「タイミングチェーン」に変更されていることが多いからです。

タイミングベルトはゴム製のため、走行距離10万km程度で交換する必要が出てきます。

交換費用も約5万円とかなり高額なため、多くの人は「これを機会にいっそ乗り換えたほうがいい」と考えます。

これが一般的にいわれている車の寿命10年の正体です。

一方、最近の車が搭載しているタイミングチェーンは耐久性が高く、定期的に調整すれば30万km程度は走行できます。

自家用車を30万km乗る人は少ないですが、この数字を目安にあなたの車の利用頻度を考えてみましょう。

おのずと、どれくらいの走行距離の車を選べば良いのか見えてくるはずです。

近所への買い物くらいでしか使わない人が「走行距離が短くてきれいな車」を選ぶのは、高い買い物になる理由がおわかりいただけたと思います。

次は走行距離と同様に、購入時にチェックするべき「メンテナンス状況」についてお伝えします。

走行距離が長い中古車は「メンテナンス」のチェックが必須

お得な中古車の購入には年式や走行距離だけでなく「車両状態のメンテナンスチェック」も欠かせません。

車は長い距離を走れば走るほど、エンジンオイルやタイヤが摩耗していきます。

オイルを長期間交換しなかった場合、エンジンに負荷がかかり車の性能が低下するだけでなく、最悪エンジンが焼き付いてしまう恐れもあります。

また、タイヤ交換をせず乗り続ければ、ある日突然バーストして大事故につながる可能性もあります。

年式が古い車はもちろんですが、年式が新しい車でも走行距離が多い場合は、こまめにメンテナンスされていたか必ず調べましょう。

メンテナンスされていたかは重要なポイント!

メンテナンスされていた車を選ぶのは「安全な車を購入するため」という意味合いもありますが、余計な出費を抑えるためでもあります。

適切な走行距離の中古車であっても、メンテナンスの有無は必ず確認しましょう。

前のオーナーが全くメンテナンスをしないまま乗り続け、調子が悪くなったからと下取りに出している可能性もあるからです。

メンテナンスされていない車を購入してしまうと、エンジンオイルやタイミングベルト、タイヤなどの交換を自費で行うことになり、最初の想定よりもずっと高額な費用がかかってしまいます。

逆に走行距離が多少多い車でも、前オーナーが定期的にメンテナンスをしていたら、最低限の部品交換で済みます。

安全で余計な出費がない中古車を購入するには、走行距離・年式に加えて、定期的なメンテナンスを受けていたかを確認することが大切です。

【覚えておこう!】メーター改ざんはあり得るか?

最後に走行距離を偽る行為、「メーター改ざん」についてもふれておきます。

車にはこれまでの総走行距離を示すオドメーターがあります。

メーター改ざんとは、このオドメーターをリセットしたり表示されている数値を少なくする不正行為を指し、人によっては「メーター巻き戻し」ともいいます。

過去には改ざん行為をする悪質な販売店がありましたが、現在ではかなり淘汰され改ざんされた中古車を購入してしまうケースが少ないはずです。

その理由としては、メーター改ざんされているか購入者でも簡単に発見できるようになったからです。

改ざん車であるか確認方法は以下が挙げられます。

改ざんのチェック方法

  • 車検証の走行距離計表示値と旧走行距離計表示値を見る
  • タイミングベルトの交換ステッカーに記載される走行距離を見る
  • 協会を通じて走行メーター管理システムに照合依頼する

費用が掛かるものもありますが、購入者がチェックできる環境になったのが大きく影響しています。

もし購入してしまった場合は、自動車公正取引協議会消費生活センターに相談するといいでしょう。

万が一も考えて不安という方は、各ディーラーや知名度のある販売店での購入をおすすめします。

「点検記録簿」ありの中古車購入がおすすめ

定期なメンテナンスを受けていたかは重要です。

どのように調べるかはメンテナンスの経歴が記載された「点検記録簿」で知ることができます。

車によって点検記録簿が無い、または無くしたというオーナーさんもいますが、無いからといってメンテナンスがされていないというわけでありません。

またあるからといってメンテナンスがされていたとも限りません。

内容を見ても誰もが正しく判断できるものでもないので、購入前に販売店へ適切な頻度でメンテナンスを受けていたか確認することがおすすめです。

【点検記録簿は査定に有利!】

ちなみにこの点検記録簿があることで、売却時には査定額アップにもつながる。

購入前段階や中古車検索サイトでも有無を知ることができるので、購入判断のひとつにするのもいいでしょう。

ただし「点検記録簿あり」でも「点検記録簿なし」と掲載されることも多いので、サイトまたは販売店に事前確認するようにしてください。

「走行距離」以外も注視しながら車探しを!

中古車選びには、年式と走行距離のバランスが一つの基準になります。

また、お得な中古車を購入するなら、自分のクルマライフを考えた上で、適切な走行距離の車を選びましょう。

近場にしか行かない人なら走行距離が多少多い車でも問題ありませんが、ドライブが趣味で遠出を頻繁にする人は低走行距離の車の方が長年使えます。

普段から自分の行動範囲や車の扱いを意識しておけば、車を買うときにも必ず役立ちます。

さらに安全な中古車を選ぶには、定期的なメンテナンスが行われていたかはとても重要なポイントです。

以上の点を抑えて車選びをすれば、きっとあなたにぴったりのお買い得な車が見つかるはずです。

本記事を参考に、理想の一台を見つけていただければ幸いです。

安心・安全な中古車を検索